研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「物質材料 > ナノ・マイクロ科学 > ナノ材料・ナノバイオサイエンス」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

吉本研究室

Yoshimoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
吉本研は、くらし・環境・エネルギーに役立つ新機能性材料の創製と応用に向けた「ものづくり」研究をしています。世界にない,「ワンダーマテリアル」創製をめざしています。自由・自主をモットーに,薄膜ナノテクノロジー(酸化物、半導体、超伝導)および、太陽電池・燃料電池・バイオデバイスに関連する化学的・物理的材料研究と評価を行っています。産学連携研究,異分野交流,国際会議発表も盛んです。●創造的研究のための能力,●発表・自己表現のための能力,●対人および自己管理のための能力,の開発に注力しています。

吉本研究室

教員情報
  • 吉本 護 / ヨシモトマモル
  • 職名: 教授
  • 居室: R3C-207 号室
  • ポスト番号: J2-46
  • TEL: 045-924-5388
  • FAX: 045-924-5365
E-mail:
キーワード
  • 機能材料
  • 結晶工学
  • レーザー
  • ナノテクノロジー
  • 無機合成
  • 薄膜

北本研究室

Kitamoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   代替機能物質分野

研究内容
磁性体のナノ微粒子,薄膜を使ったナノ構造体を,自己組織化やリソグラフィの技術を利用して作製しています.このようなナノ構造体の磁性や伝導性を調べ,エレクトロニクスやバイオ・医療分野への応用を検討しています.エレクトロニクス分野では磁気メモリ,バイオ・医療分野ではがん治療用磁性微粒子,バイオチップなどへの応用が期待されます.そのために,磁性だけでなく物理・化学・電気などさまざまな分野の知恵を結集した研究をすすめていきます.

北本研究室

教員情報
  • 北本 仁孝 / キタモトヨシタカ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-510 号室
  • ポスト番号: J2-40
  • TEL: 045-924-5424
  • FAX: 045-924-5433
E-mail:
キーワード
  • 磁気デバイス
  • スピントロニクス
  • ナノバイオ
  • 磁性ナノ粒子
  • 磁性薄膜
  • 磁気記録デバイス

和田(裕)研究室

Wada laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   自然環境特性分野

研究内容
「光」は今後の重要な研究分野の1つとして注目されています。和田研究室はこの「光」と「材料」(新材料、および、材料作製プロセス)の融合領域を研究しています。現在は、材料の分野において新機能や新しい応用が期待されている「ナノ粒子」に着目し、「光学ナノ粒子」の研究を中心に行っています。具体的には、希土類をドープした酸化物やケイ酸塩等の蛍光ナノ粒子を合成・評価し、そのアプリケーションとしてバイオテクノロジーやエレクトロニクスの分野において活用します。

和田(裕)研究室

教員情報
  • 和田 裕之 / ワダヒロユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J3-1618 号室
  • ポスト番号: J2-41
  • TEL: 045-924-5362
  • FAX: 045-924-5362
E-mail:
キーワード
  • ナノ材料創製
  • ナノ材料評価
  • ナノ表面界面
  • 光学材料・素子
  • 光物性
  • 医用・生体画像

藤居研究室

Fujii laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質循環評価分野

研究内容
皆さんの身の回りにある携帯電話,パソコン,デジタルオーディオプレーヤーをはじめとする電気製品には,様々な配線材料が使用されています.配線材料の性質として,高導電性と高強度の両方が要求されることがしばしばあります.一般に相反する両方の性質を最適化するには,材料組織をナノサイズで制御することが不可欠となります.研究室では,材料の様々な物性の基本となる組織をナノの視点で探っています.

藤居研究室

教員情報
  • 藤居 俊之 / フジイトシユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1502 号室
  • ポスト番号: J2-45
  • TEL: 045-924-5674
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 電子・情報材料
  • ナノ構造
  • 磁性材料
  • ナノ材料評価
  • 疲労

阿部研究室

Abe laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

理化学研究所

研究内容
これまでの高分子設計の考え方は、物質・材料の性能を最大化し、コストを最小化するという2つの目標を同時に達成することにありました。しかしながら、循環型の人間社会の形成が世界の課題となるにつれ、低コスト化と高性能化に加えて、環境負荷を低減するように高分子設計するという考え方が必要となっています。当グループでは、高性能化・高機能化と環境負荷低減化を目指した高分子材料の設計として、高分子材料の物性と生分解性を同時にコントロールできる方法論の構築に取り組んでいます。

阿部研究室
教員情報
  • 阿部 英喜 / アベヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • 低環境負荷物質
  • 生分解性物質
  • 高分子材料合成
  • 天然・生体高分子材料
  • ナノ材料創製
  • ナノ構造形成・制御

彌田研究室

Iyoda laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   表面機能分野

資源化学研究所 集積分子工学部門

研究内容
彌田(いよだ)研究室では、分子システムと無機系メゾスコピック材料が融合した分子材料化学の創製と機能の探索を研究しています。これまでは、個別に発展してきた物質群を分子レベルで融合し、様々な分子・物質・材料を分野横断的に自在に配置・集積・組織化することにより、新しい分子材料化学の開拓をすすめています。研究室内には、「分子回路工学」グループと「ナノ複合材料工学」グループを設置し、分子システムやメゾスコピック材料を高機能モジュールとして有機的にシステム化する新しい学問領域の確立を目指しています。

彌田研究室

教員情報
  • 彌田 智一 / イヨダトモカズ
  • 職名: 教授
  • 居室: S2-210-2 号室
  • ポスト番号: S2-3
  • TEL: 045-924-5233
  • FAX: 045-924-5277
E-mail:
キーワード
  • 分子機能材料
  • ナノ構造形成・制御
  • 分子回路工学
  • 高分子機能材料
  • 分子素子
  • 材料電気化学

大坂研究室

Osaka laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   電子移動分野

研究内容
生命現象(呼吸、老化、免疫作用など)および自然環境現象(オゾン層破壊、 酸性雨、燃焼、自然浄化作用など)をあやつる不思議な物質“酸素・活性酸素”の基礎科学技術の創生(生成、反応制御、検出)および空気・水資源を利用する新産業創出のための応用開発研究(燃料(バイオ、空気)電池、洗浄・殺菌システム、水処理、医療・環境センサ、医療用酸素濃縮器など)に、電気化学、電気分析化学、電極触媒、エネルギー科学、材料科学、ナノサイエンス・テクノロジーの観点からチャレンジしています。実用化を目指した基礎研究、特許取得、企業との共同研究、国際共同研究を積極的に推進しています。研究室メンバー:博士研究員6名、博士課程5名、修士課程6名、卒研生1名、会社研究生1名(女性6名、外国人11名)。Be ambitious for creation !

大坂研究室

教員情報
  • 大坂 武男 / オオサカタケオ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-810 号室
  • ポスト番号: G1-5
  • TEL: 045-924-5404
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 電気化学
  • 電気分析化学
  • 酵素・活性酵素
  • 燃料電池
  • 医療・環境センサー
  • 水の洗浄・殺菌

北村研究室

Kitamura laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   電子移動分野

研究内容
電気化学は,電池やめっき,環境や臨床計測に利用される各種のセンサーなど,私たちの生活に深く関わる様々な場面で活躍している技術の根幹をなす学問分野です.いずれのアプリケーションでも,電極(電子伝導体)と電解質(イオン伝導体)の界面で起こる物理化学現象,たとえば電荷移動反応や電気二重層の充放電といった基本的な現象を利用しています.当研究室では,そうした界面現象をナノレベルで理解するとともに,さらなる機能性を付与した新しい材料やデバイスの開発を行うことを目標に研究を展開しています.現在の主な研究テーマは燃料電池反応解析,電気化学反応を利用した無機薄膜合成,有機金属錯体の電気化学特性評価などです.

北村研究室

教員情報
  • 北村 房男 / キタムラフサオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-812 号室
  • ポスト番号: G1-6
  • TEL: 045-924-5405
  • FAX: 045-924-5405
E-mail:
キーワード
  • 分子分光
  • 電気化学
  • 電子・エネルギー移動
  • 表面・界面
  • 機能触媒
  • ナノ多機能材料

原(正)研究室

Hara laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   エネルギー物質分野

研究内容
本研究室では、新規機能性物質の合成~もの作り(試料形成)~ナノスケールに至る構造と物性の評価、という一連のプロセスを通じて「最先端の科学技術」と「国際社会に貢献出来る力」の習得を目指しています。またグローバルCOEによる学生支援、理化学研究所などの研究機関や民間企業との強い連携による基礎から応用に至る幅広い研究実施体制と、海外研修も含めた国内外をリ アルタイムネットワークでつなぐ国際的なバイリンガル体制から、自分も社会も豊かにする「研究力」「国際力」「生活力」を学習出来る研究教育環境を提供します。

原(正)研究室

教員情報
  • 原 正彦 / ハラマサヒコ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-1008 号室
  • ポスト番号: G1-7
  • TEL: 045-924-5437
  • FAX: 045-924-5437
E-mail:
キーワード
  • 有機薄膜
  • 自己組織化
  • 走査プローブ顕微鏡
  • 表面・界面
  • 1分子科学一般
  • 非平衡・非線形

若井研究室

Wakai laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   材料構造設計講座

応用セラミックス研究所

研究内容
セラミックスは、硬い、化学的に安定、高温で使用できる、という特長があり、多様なシステムの要素技術として、未来産業の基盤です。一方、脆いという問題があり、安全・安心なシステムの実現には、脆性の克服と信頼性の確保が最大の課題です。超塑性の発見は硬いセラミックスを自由自在に変形する成形加工技術を可能にしました。私たちは超塑性加工による高強度・高靭性部材の新創製技術を目指す基盤研究をしています。 また、シミュレーションで、ミクロレベルの焼結プロセスを解析して、不均質性制御による信頼性向上を目指しています。

若井研究室

教員情報
  • 若井 史博 / ワカイフミヒロ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-612 号室
  • ポスト番号: R3-23
  • TEL: 045-924-5361
  • FAX: 045-924-5390
E-mail:
キーワード
  • 超塑性
  • 構造用セラミック
  • 力学物性
  • ナノ材料創製
  • 焼結体
  • 多孔体

脇研究室

Waki laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワーエネルギー変換分野

研究内容
地球環境問題を解決するためには,クリーンな太陽エネルギーやバイオマスエネルギーを有効利用できる新しいエネルギー変換システムを開発する必要がある。本研究室では燃料電池,太陽電池,電気化学キャパシタの開発を中心テーマとして未知の高機能材料の創出を目指しており、特に材料の構造制御や表面物性の研究に力を注いでいる。これらの研究プロセスを通して学生達に基礎的な知識と論理的な思考、創造力を養ってもらう。

脇研究室

教員情報
  • 脇 慶子 / ワキケイコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-410 号室
  • ポスト番号: G3-41
  • TEL: 045-924-5614
  • FAX: 045-924-5614
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池
  • キャパシタ
  • 構造制御
  • 太陽電池
  • 触媒
  • ナノ構造

栁田研究室

Yanagida laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
ナノバイオテクノロジーとMEMS/NEMSテクノロジーを融合させた学際研究として、細胞やタンパク質、DNAなど生体分子の機能解析デバイスであるバイオチップの構築や、生体分子を用いた新規分子デバイスの構築などを行なうことにより、医療や環境など様々な分野への応用展開研究の開拓を目指している。

栁田研究室
教員情報
  • 栁田 保子 / ヤナギダヤスコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-308 号室
  • ポスト番号: R2-23
  • TEL: 045-924-5039
  • FAX: 045-924-5039
E-mail:
キーワード
  • ナノ構造形成・制御
  • マイクロ化学システム
  • ナノ材料
  • ナノ材料
  • バイオテクノロジー

林(智)研究室

Hayashi Laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   エネルギー物質分野

研究内容
社会の高齢化に伴い、DNAチップ・免疫センサーなどのバイオセンサー、人工骨・人工血管など生体組織・分子と接して動作するデバイスの重要性が急速に高まっています。これらのデバイスの性能向上のためには生体組織・分子と人工物表面の相互作用を分子レベルで正確に理解する事が重要ですが、解析のための手法は限られています。我々は表面科学の技術を中心に、独自の手法でこの課題にチャレンジします。研究室では表面の化学的処理、表面分析手法の開発、コンピュータシミュレーションなどの技術を習得出来ます。

林(智)研究室

教員情報
  • 林 智広 / ハヤシトモヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-1010 号室
  • ポスト番号: G1-10
  • TEL: 045-924-5400
  • FAX: 045-924-5437
E-mail:
キーワード
  • 表面・界面科学
  • 走査型プローブ顕微鏡
  • 表面分析
  • 表面修飾
  • バイオインターフェース
  • コンピュータシミュレーション

福島研究室

Fukushima laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   錯体電子化学講座

資源化学研究所

研究内容
当研究室では、「優れた物性を有する分子」と「精密集積化のための手法」の開発を通じ、分子性材料、いわゆる「ソフトマテリアル」の革新的機能を開拓します。光吸収・発光性、電導性、磁性などに富むπ電子系分子群をモチーフに、立体・電子構造、適切な元素・官能基の導入などを戦略的に考え、機能創出に向け合目的的に分子を設計します。これらの新規分子を、「自発的組織化」や「ナノサイズの足場」などを利用して、ナノからマクロスケールで構造規制された材料へと集積化し、例えば、高度な物質・エネルギー変換を可能にするシステムの構築を目指します。

福島研究室

教員情報
  • 福島 孝典 / フクシマタカノリ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-912 号室
  • ポスト番号: R1-1
  • TEL: 045-924-5220
  • FAX: 045-924-5976
E-mail:
キーワード
  • π電子機能化学
  • エネルギー変換化学
  • 有機エレクトロニクス
  • ソフトマテリアル
  • ナノカーボン
  • 分子自己集合

瀧ノ上研究室

Takinoue laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   複雑システム解析講座   自律分散制御分野

研究内容
DNAなどの生体分子・ソフトマターでできた自律的な情報システム・運動システムの構築や数理解析を通して「生命とは何か?」を探求します。生命は我々の宇宙の中で最も複雑なシステムの一つで、自律性・高次機能の創発・知性など、非生命の物質にはない興味深い豊かな現象を見せます。しかし、いずれも分子・イオン・電子などからできており、材料的に本質的な違いはありません。「生命と物質の境界は何か?」、当研究室ではこの疑問に物理科学・分子ナノテク・マイクロ工学を駆使して挑戦します。

瀧ノ上研究室

教員情報
  • 瀧ノ上 正浩 / タキノウエマサヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-1024 号室
  • ポスト番号: G3-53
  • TEL: 045-924-5680
  • FAX: 045-924-5680
E-mail:
キーワード
  • 生命物理学
  • 非線形非平衡科学
  • マイクロ流体工学
  • 自律的分子システム
  • 人工細胞モデル
  • 分子ロボティクス