研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「物質材料 > 材料化学 > 高分子・繊維材料」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

柘植研究室

Tsuge laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
持続可能な社会を実現するための科学技術の一つとして、再生可能な植物資源(糖、植物油)や二酸化炭素から生分解性高分子(バイオポリエステル)を微生物生産し、それらを高性能材料にするための基礎研究を進めています。とくに、バイオテクノロジーを駆使して、バイオポリエステルの生合成、関連酵素遺伝子の取得と解析、高生産微生物の分子育種、そして、生体高分子の構造解析と機能開発、生分解性高分子の材料設計という研究に関して、高分子科学と生物科学の両面から研究を進めています。

柘植研究室

教員情報
  • 柘植 丈治 / ツゲタケハル
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • バイオマスプラスチック
  • 生分解性プラスチック
  • ポリヒドロキシアルカン酸
  • バイオ生産プロセス
  • 環境再生材料設計
  • 微生物代謝

阿部研究室

Abe laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

理化学研究所

研究内容
これまでの高分子設計の考え方は、物質・材料の性能を最大化し、コストを最小化するという2つの目標を同時に達成することにありました。しかしながら、循環型の人間社会の形成が世界の課題となるにつれ、低コスト化と高性能化に加えて、環境負荷を低減するように高分子設計するという考え方が必要となっています。当グループでは、高性能化・高機能化と環境負荷低減化を目指した高分子材料の設計として、高分子材料の物性と生分解性を同時にコントロールできる方法論の構築に取り組んでいます。

阿部研究室
教員情報
  • 阿部 英喜 / アベヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • 低環境負荷物質
  • 生分解性物質
  • 高分子材料合成
  • 天然・生体高分子材料
  • ナノ材料創製
  • ナノ構造形成・制御

冨田研究室

Tomita laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   物質組織変換分野

研究内容
当研究室では、有機化学、有機金属化学を基盤として、新しい概念につながり得る重合手法の開拓や新しい高分子材料の創製などに関する研究を展開しております。例えば、メタラサイクル構造をもつ主鎖型反応性高分子の合成と新しいタイプの反応性高分子としての応用、アレン誘導体のリビング重合の開発と理想的なリビング重合としての応用、遷移金属触媒による多成分系重縮合法の開拓などについて現在精力的に研究を進めております。

冨田研究室

教員情報
  • 冨田 育義 / トミタイクヨシ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-614 号室
  • ポスト番号: G1-9
  • TEL: 045-924-5413
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 高分子合成
  • 有機合成化学
  • 有機金属化学
  • 反応性高分子
  • リビング重合
  • 機能性高分子

佐藤(千)研究室

Sato laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
わが研究室では機械工学と化学の境界領域を探求し、使用者のニーズに立脚した新構造や新材料の開発・評価を行っています。具体的には,CFRPをはじめとする複合材料や,接着剤などに用いられる高分子材料を取り上げ,その力学的特性に関して重点的な研究を行い,これらの材料が実際の構造に適用された場合の力学的問題を固体力学と材料力学の観点から検討しています.対象は航空機構造や自動車構造ですから,飛行機好きや自動車好きの学生さんを歓迎します.

佐藤(千)研究室

教員情報
  • 佐藤 千明 / サトウチアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-516 号室
  • ポスト番号: G2-20
  • TEL: 045-924-5062
  • FAX: 045-924-5062
E-mail:
キーワード
  • 材料設計・プロセス・物性・評価
  • 連続体力学
  • 構造力学
  • 接着
  • 複合材料
  • 実験力学

稲木研究室

Inagi laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   反応ダイナミックス分野

研究内容
当研究室では高分子化学と電気化学の新しい境界領域を開拓しています。グリーンケミストリーの一翼を担う有機電解合成(有機化合物の電気化学的分子変換)の発展系である高分子の電解合成、電解反応を精力的に研究しています。電極反応を高度に操ることで、分子レベルから薄膜、バルクに至るまで有機・高分子材料の機能化が可能となります。例えば電極触媒(メディエーター)、傾斜表面・パターニング、エレクトロクロミック特性や導電性の発現など実用的な機能設計に注力しています。

稲木研究室

教員情報
  • 稲木 信介 / イナギシンスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-910 号室
  • ポスト番号: G1-2
  • TEL: 045-924-5407
  • FAX: 045-924-5407
E-mail:
キーワード
  • 有機電気化学
  • グリーンケミストリー
  • 機能性高分子
  • 導電性高分子
  • 電極触媒
  • 電解合成

松川研究室

Matsukawa laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   電子化学LCA分野

研究内容
無機高分子や有機無機ハイブリッドは、従来の有機高分子や有機材料に見られない特性を有しており、機能材料として我々の生活に不可欠なものになっています。特に、ハイブリッド材料は、次世代の電子デバイスやオプトエレクトロニクスへの適用において大きな期待が持たれています。当研究室では、無機系ナノマテリアルを駆使した有機無機ハイブリッドを創製し、屈折率や発光を制御した光学材料、有機トランジスタやダイオードに応用可能な電子材料の開発を精力的に行っています。また、金属ナノ粒子と多孔体との複合化で、触媒機能を持ったカラムリアクターの開発研究も進めています。

松川研究室
教員情報
  • 松川 公洋 / マツカワキミヒロ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 有機無機ハイブリッド
  • ケイ素系高分子
  • ナノ材料
  • フォトポリマー
  • 光学材料
  • 発光材料