研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「環境・エネルギー > 総合工学 > 航空宇宙工学」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

小田原研究室

Odawara laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質フロンティア分野

研究内容
安心で調和性に富んだ人間社会を維持するために重要な「エネルギー」と「宇宙」を大きな柱として、核、地熱、太陽などのエネルギーや地球外資源も含めた宇宙利用に関わる材料・システム研究開発に、微視的な結合・形態・空間の複合効果として現れる機能を主な着目点としてアプローチしています。「自ら考え、自ら動き、自ら律し、自ら道を開く」を指針として、「自覚と自己啓発」の意識で明日を模索できる人材育成を目指しています。現在の主な取組みは、「次世代宇宙服」の要素技術、日米協働プログラムとしての「その場資源有効利用技術」、などについてです。

小田原研究室

教員情報
  • 小田原 修 / オダワラオサム
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1605 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用
  • 自然エネルギー
  • 材料合成プロセス
  • 燃焼合成

毛利研究室

Mouri laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

宇宙航空研究開発機構

研究内容
私たちが宇宙で自由に活動できるようにするためには、簡単で着心地がよく安全な新しい宇宙服の出現が必要です。高真空耐性、宇宙放射線耐性、温度調整、生命維持、可動性、高機能性、機密性、エネルギー高効率性、デブリ防護性などに新技術をどこまでインテグレートできるか、次世代宇宙服の開発検討を行うことで「宇宙と地球、そして、人と社会の生命を繋ぐ」ことを目指しています。

毛利研究室

教員情報
  • 毛利 衛 / モウリマモル
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J2-1605 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用

依田研究室

Yoda laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

宇宙航空研究開発機構

研究内容
宇宙環境の特徴の一つである微少重力を利用して、新たな機能・物性を有する材料の創製、高精度熱物性計測、地上では対流等の存在のため理解が困難な現象の解明、高品質材料の製造条件の解明・製造、微粒子プラズマ物理の解明等を目指しています。

依田研究室

教員情報
  • 依田 眞一 / ヨダシンイチ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-518 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用

古谷研究室

Furuya laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   ニューフロンティア講座   知的適応システム分野

機械宇宙システム専攻   兼担

研究内容
太陽発電システム,展開アンテナシステム,ソーラーセイル衛星などの構造物システムに関連して,宇宙環境下における新しい構造概念の創造,構造概念の実験的・理論的検証,構造特性の理論的解明,構造形状ならびに振動の制御などの研究を行っています。また,これらの研究分野を総合的に取り扱った,自律的な振動制御システム,形態と制御系の同時最適化などの問題も,宇宙動力学,最適設計工学,形態学,応用数理工学,コンピューター・サイエンスなど,多面的なアプローチにより取り扱っています。

古谷研究室

教員情報
  • 古谷 寛 / フルヤヒロシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-912 号室
  • ポスト番号: G3-6
  • TEL: 045-924-5608
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 宇宙構造物工学
  • 膜構造・超軽量構造
  • 展開構造物
  • 構造設計・最適化・シミュレーション
  • 適応構造システム
  • 航空宇宙システム工学

佐藤(千)研究室

Sato laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
わが研究室では機械工学と化学の境界領域を探求し、使用者のニーズに立脚した新構造や新材料の開発・評価を行っています。具体的には,CFRPをはじめとする複合材料や,接着剤などに用いられる高分子材料を取り上げ,その力学的特性に関して重点的な研究を行い,これらの材料が実際の構造に適用された場合の力学的問題を固体力学と材料力学の観点から検討しています.対象は航空機構造や自動車構造ですから,飛行機好きや自動車好きの学生さんを歓迎します.

佐藤(千)研究室

教員情報
  • 佐藤 千明 / サトウチアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-516 号室
  • ポスト番号: G2-20
  • TEL: 045-924-5062
  • FAX: 045-924-5062
E-mail:
キーワード
  • 材料設計・プロセス・物性・評価
  • 連続体力学
  • 構造力学
  • 接着
  • 複合材料
  • 実験力学