研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「システム・情報 > 機械工学 > 機能機械学・機械システム」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

實吉研究室

Saneyoshi laboratory

創造エネルギー専攻   兼担

バイオ研究基盤支援総合センター

研究内容
当研究室ではロボットの研究を行なっている。現在、世界のロボット研究は、一見輝かしい成果を見せているが、実は外界を見るセンサや駆動機構などの基本的なところで大きな壁に突き当たっている。実吉研究室では、物理学的な視点からこれらの問題に取組み、(1)立体画像認識(立体カメラ)、(2)静電力を利用した人工筋肉、(3)新たな発想に基づく脚歩行機構、の研究を進めている。これらの研究により、今の、おもちゃの領域を出ないロボットを超えて、本当に役立ち、人間社会に仲間入りできるロボットの実現を目指している。

實吉研究室

教員情報
  • 實吉 敬二 / サネヨシケイジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: アイソトープ棟302 号室
  • ポスト番号: I7-3
  • TEL: 045-924-5898
  • FAX: 045-924-5899
E-mail:
キーワード
  • ロボティクス
  • マイクロメカトロニクス
  • 立体画像認識
  • コンピュータビジョン
  • マイクロマシン
  • 放射線

新野研究室

Shinno laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   極限デバイス講座

精密工学研究所

研究内容
我が国の製造産業の国際競争力を強化する上で基本的に重要となると考えられるマザーマシン(機械をつくるための機械),ナノ加工,計測技術,ならびにナノ制御技術を確立するための研究課題に取り組んでいる.研究室では,実際にナノ加工を実現可能な革新的なマザーマシンおよびそれを構成する基本構成要素を開発すると共に,新たな計測原理に基づくナノ加工計測・制御技術,硬ぜい性材料の超微細加工技術などを対象に,ハードウエアとソフトウエアの両面から研究を進めている.

新野研究室

教員情報
  • 新野 秀憲 / シンノヒデノリ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-304 号室
  • ポスト番号: G2-19
  • TEL: 045-924-5469
  • FAX: 045-924-5469
E-mail:
キーワード
  • 超精密加工
  • 工作機械
  • 設計方法論
  • ナノ加工学

堀江研究室

Horie laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
機械システム、ロボットシステムに用いられる機械運動系の高速・高精度化、静特性、動特性の解析法、シミュレーション手法および総合法の確立,感性と論理の調和に基づく機械運動系の知的CADシステムの開発、さらに、マイクロモーションシステム(マイクロマシン、MEMS/MOEMS)の設計・製作論の確立とともに、その製作テクノロジーの研究・開発を行っています.学生の自主性を重んじており、1人1研究テーマで望み、週1回のゼミを行っています.社会に変革を起こす研究成果があがるように、何事にも智恵と勇気を持って事にあたれる人を歓迎します.

堀江研究室

教員情報
  • 堀江 三喜男 / ホリエミキオ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-214 号室
  • ポスト番号: R2-14
  • TEL: 045-924-5048
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • 機構学
  • 機械要素
  • 設計工学
  • MEMS
  • ロボティックス
  • メカトロニクス

吉田(和)研究室

Yoshida laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
高機能化制御システムの一つとして高出力マイクロマシンの実現を目指し,ミリメータサイズの流体駆動形マイクロマシンの研究をすすめている.電界印加で著しく粘度が増大する均一系ER流体などの機能性流体を応用し,マイクロ化により増大する機械加工誤差の影響を低減したマイクロバルブ,高出力化を図った圧電マイクロポンプ,および高機能マイクロアクチュエータなどの高機能要素の開発,統合・集積化,および管内作業マイクロマシンなどへの応用を横田教授と共同して試みている.

吉田(和)研究室

教員情報
  • 吉田 和弘 / ヨシダカズヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-218 号室
  • ポスト番号: R2-42
  • TEL: 045-924-5011
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • マイクロメカトロニクス
  • アクチュエータ
  • 機能性流体
  • 機能要素
  • マイクロバルブ
  • マイクロポンプ