研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「システム・情報 > 機械工学 > 流体工学」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

道岡研究室

Michioka laboratory

教員情報
  • 道岡 武信 / ミチオカタケノブ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G5-401 号室
  • ポスト番号: G5-15
  • TEL: 045-924-5505
  • FAX: 045-924-5516
E-mail:
キーワード
  • 環境流体力学
  • 環境モデル
  • 数値流体力学

肖研究室

Xiao laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   エネルギー利用プロセス分野

研究内容
近年、コンピューターの著しい発展に伴い、数値シミュレーションは科学研究の主力手段として注目されている。科学研究または工学応用において、従来の理論或いは実験による手法が対応できない難問に対しても、その威力が発揮している。本研究室では、数値シミュレーションの手法を用いて流体現象やエネルギー・環境問題などに関連する研究を行っている。多岐にわたる計算物理や計算科学分野において計算スキームの開発から、数値モデルの構築、計算機ハードウェアの活用、実際応用に至るまでの様々な課題は本研究室の研究対象となっている。ここで数値解析の基礎知識及び考え方を学び、数値シミュレーションの技法やノウハウを身につけることが将来に向けて自分の競争力になる。

肖研究室

教員情報
  • 肖 鋒 / シヤオフエン
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1302 号室
  • ポスト番号: J2-31
  • TEL: 045-924-5538
  • FAX: 045-924-5538
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 地球流体力学
  • 計算物理学
  • 圧縮・非圧縮流
  • 数理モデル
  • 環境モデル

青木研究室

Aoki laboratory

創造エネルギー専攻   講座外担当

学術国際情報センター

研究内容
日本で断トツの性能を持つ東京工業大学・学術国際情報センターのスパコンTSUBAMEを駆使し、エネルギー・環境・防災など幅広い分野で解決しなければならない重要な問題をコンピュータ・シミュレーションで解析します。これらは学際的な複合科学であり,さまざまな分野への適用性と深い洞察力が必要です。GPUコンピューティングの大規模計算における最先端の研究をおこなっており、CUDAなどの新しいプログラミング環境でシミュレーションを行っています。今までより数10倍~100倍も高速化できるようになると未知の領域が開けてきて、実にエキサイティングです。画像は波が浅瀬に侵入し、砕波する二相流シミュレーション。

青木研究室

教員情報
  • 青木 尊之 / アオキタカユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 学国情セ(国際)301 号室
  • ポスト番号: 大岡山I7-3
  • TEL: 03-5734-3667
  • FAX: 03-5734-3276
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 計算力学
  • GPU コンピューティング
  • 多相流シミュレーション
  • スーパーコンピューティング
  • 防災シミュレーション

矢部研究室

Yabe laboratory

メカノマイクロ工学専攻   準連携講座   機能創造講座   機械量子工学分野

産業技術総合研究所

研究内容
エネルギー・地球環境分野の技術シーズとなるマイクロ・ナノ機能広域発現技術
に関する研究、 および機械量子分子工学・ナノ加工・ナノ構造体創製技術に関する研究

矢部研究室
教員情報
  • 矢部 彰 / ヤベアキラ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G2-312 号室
  • ポスト番号: G2-24
  • TEL: 045-924-5475
  • FAX: 045-924-5172
E-mail:
キーワード
  • 熱・物質移動
  • 数値流体力学

川嶋研究室

Kawashima laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
圧縮性流体である空気圧を駆動源とするシステムは,精密位置決め,除振などにおいて広く用いられている.また軽量で柔らかさを有していることからロボットへの応用が期待されている.本研究室では実験と数値解析の融合によって,流体計測制御システムの高機能化をはかることを目的として研究を行っている.具体的には,医工連携を推進し,手術支援用ロボットシステムの開発,空気圧ゴム人工筋を用いたパワーアシストシステムの開発や空気圧サーボテーブルの精密位置決め制御などの研究を進めている.

川嶋研究室

教員情報
  • 川嶋 健嗣 / カワシマケンジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-420 号室
  • ポスト番号: R2-46
  • TEL: 045-924-5032
  • FAX: 045-924-5486
E-mail:
キーワード
  • 人間機械システム
  • ロボティックス
  • 精密機械システム
  • 流体計測
  • 流体制御
  • 空気圧縮器

只野研究室

Tadano laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
本研究室では,ヒトへの効果的作業支援やヒトと機械の高度なインタラクションの実現を目的として人間機械システムに関する研究を行っています.具体的なテーマとして,医工連携として進めている手術支援ロボットシステムや遠隔操作に関する研究などに取り組んでいます.また,柔軟な動作から人間親和性が高い空気圧アクチュエータおよびその制御に関する研究も進めています.これらのハードウェアとソフトウェア双方に創意工夫を施すことでシステムの高機能化を目指しています.

只野研究室

教員情報
  • 只野 耕太郎 / タダノコウタロウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-420 号室
  • ポスト番号: R2-46
  • TEL: 045-924-5032
  • FAX: 045-924-5486
E-mail:
キーワード
  • 人間機械システム
  • ロボティックス
  • 医療機器
  • 空気圧システム
  • メカトロニクス