研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「物質材料」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

吉本研究室

Yoshimoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
吉本研は、くらし・環境・エネルギーに役立つ新機能性材料の創製と応用に向けた「ものづくり」研究をしています。世界にない,「ワンダーマテリアル」創製をめざしています。自由・自主をモットーに,薄膜ナノテクノロジー(酸化物、半導体、超伝導)および、太陽電池・燃料電池・バイオデバイスに関連する化学的・物理的材料研究と評価を行っています。産学連携研究,異分野交流,国際会議発表も盛んです。●創造的研究のための能力,●発表・自己表現のための能力,●対人および自己管理のための能力,の開発に注力しています。

吉本研究室

教員情報
  • 吉本 護 / ヨシモトマモル
  • 職名: 教授
  • 居室: R3C-207 号室
  • ポスト番号: J2-46
  • TEL: 045-924-5388
  • FAX: 045-924-5365
E-mail:
キーワード
  • 機能材料
  • 結晶工学
  • レーザー
  • ナノテクノロジー
  • 無機合成
  • 薄膜

柘植研究室

Tsuge laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
持続可能な社会を実現するための科学技術の一つとして、再生可能な植物資源(糖、植物油)や二酸化炭素から生分解性高分子(バイオポリエステル)を微生物生産し、それらを高性能材料にするための基礎研究を進めています。とくに、バイオテクノロジーを駆使して、バイオポリエステルの生合成、関連酵素遺伝子の取得と解析、高生産微生物の分子育種、そして、生体高分子の構造解析と機能開発、生分解性高分子の材料設計という研究に関して、高分子科学と生物科学の両面から研究を進めています。

柘植研究室

教員情報
  • 柘植 丈治 / ツゲタケハル
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • バイオマスプラスチック
  • 生分解性プラスチック
  • ポリヒドロキシアルカン酸
  • バイオ生産プロセス
  • 環境再生材料設計
  • 微生物代謝

北本研究室

Kitamoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   代替機能物質分野

研究内容
磁性体のナノ微粒子,薄膜を使ったナノ構造体を,自己組織化やリソグラフィの技術を利用して作製しています.このようなナノ構造体の磁性や伝導性を調べ,エレクトロニクスやバイオ・医療分野への応用を検討しています.エレクトロニクス分野では磁気メモリ,バイオ・医療分野ではがん治療用磁性微粒子,バイオチップなどへの応用が期待されます.そのために,磁性だけでなく物理・化学・電気などさまざまな分野の知恵を結集した研究をすすめていきます.

北本研究室

教員情報
  • 北本 仁孝 / キタモトヨシタカ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-510 号室
  • ポスト番号: J2-40
  • TEL: 045-924-5424
  • FAX: 045-924-5433
E-mail:
キーワード
  • 磁気デバイス
  • スピントロニクス
  • ナノバイオ
  • 磁性ナノ粒子
  • 磁性薄膜
  • 磁気記録デバイス

和田(裕)研究室

Wada laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   自然環境特性分野

研究内容
「光」は今後の重要な研究分野の1つとして注目されています。和田研究室はこの「光」と「材料」(新材料、および、材料作製プロセス)の融合領域を研究しています。現在は、材料の分野において新機能や新しい応用が期待されている「ナノ粒子」に着目し、「光学ナノ粒子」の研究を中心に行っています。具体的には、希土類をドープした酸化物やケイ酸塩等の蛍光ナノ粒子を合成・評価し、そのアプリケーションとしてバイオテクノロジーやエレクトロニクスの分野において活用します。

和田(裕)研究室

教員情報
  • 和田 裕之 / ワダヒロユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J3-1618 号室
  • ポスト番号: J2-41
  • TEL: 045-924-5362
  • FAX: 045-924-5362
E-mail:
キーワード
  • ナノ材料創製
  • ナノ材料評価
  • ナノ表面界面
  • 光学材料・素子
  • 光物性
  • 医用・生体画像

舟窪研究室

Funakubo laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質フロンティア分野

研究内容
マルチ機能(強誘電体、強磁性、半導性、発光特性)材料の開発や誘電体・強誘電体薄膜の作製、さらには強誘電体メモリやナノ構造作製方法の研究を行なっている。

舟窪研究室

教員情報
  • 舟窪 浩 / フナクボヒロシ
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1508 号室
  • ポスト番号: J2-43
  • TEL: 045-924-5446
  • FAX: 045-924-5446
E-mail:
キーワード
  • 層状・層間化合物
  • 機能性セラミックス

藤居研究室

Fujii laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質循環評価分野

研究内容
皆さんの身の回りにある携帯電話,パソコン,デジタルオーディオプレーヤーをはじめとする電気製品には,様々な配線材料が使用されています.配線材料の性質として,高導電性と高強度の両方が要求されることがしばしばあります.一般に相反する両方の性質を最適化するには,材料組織をナノサイズで制御することが不可欠となります.研究室では,材料の様々な物性の基本となる組織をナノの視点で探っています.

藤居研究室

教員情報
  • 藤居 俊之 / フジイトシユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1502 号室
  • ポスト番号: J2-45
  • TEL: 045-924-5674
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 電子・情報材料
  • ナノ構造
  • 磁性材料
  • ナノ材料評価
  • 疲労

近藤研究室

Kondo laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   極限物質科学分野

産業技術総合研究所

研究内容
3E(Economy、 Energy、 Environment)のトリレンマは21世紀の人類最大の課題といえます。太陽光発電は二酸化炭素を排出せず設置制約が少ないことから、将来主要なエネルギー源の一つになる可能性を秘めています。当研究室ではコストと性能のバランスの点で将来有望な薄膜シリコン系材料を中心に基礎からディバイス応用に至まで広範囲にわたって新しい技術を開発しています。

近藤研究室

教員情報
  • 近藤 道雄 / コンドウミチオ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-518 号室
  • ポスト番号: J2-50
  • TEL: 045-924-5448
  • FAX: 045-924-5448
E-mail:
キーワード
  • ナノ構造物性
  • 反応性プラズマ
  • 電機エネルギー
  • 太陽電池
  • 薄膜シリコン

阿部研究室

Abe laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

理化学研究所

研究内容
これまでの高分子設計の考え方は、物質・材料の性能を最大化し、コストを最小化するという2つの目標を同時に達成することにありました。しかしながら、循環型の人間社会の形成が世界の課題となるにつれ、低コスト化と高性能化に加えて、環境負荷を低減するように高分子設計するという考え方が必要となっています。当グループでは、高性能化・高機能化と環境負荷低減化を目指した高分子材料の設計として、高分子材料の物性と生分解性を同時にコントロールできる方法論の構築に取り組んでいます。

阿部研究室
教員情報
  • 阿部 英喜 / アベヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • 低環境負荷物質
  • 生分解性物質
  • 高分子材料合成
  • 天然・生体高分子材料
  • ナノ材料創製
  • ナノ構造形成・制御

原(亨)研究室

Hara laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   超機能薄膜分野

応用セラミックス研究所

研究内容
持続可能な社会の実現には可能な限り環境に不可を与えずに、化学資源とエネルギーを生産することが必要不可欠です。わたしたちは、これを実現するあたらしい触媒、材料を創生するグループです。これまで、わたしたちは基礎化成品やバイオフューエルの生産を革新する触媒、太陽エネルギー変換を実現するための新材料・デバイス、そして従来の概念を越えた機能性材の開発に成功してきました。しかし、持続可能な社会の実現まで、私たちの挑戦が止むことはありません。

原(亨)研究室

教員情報
  • 原 亨和 / ハラミチカズ
  • 職名: 教授
  • 居室: R3-407 号室
  • ポスト番号: R3-33
  • TEL: 045-924-5311
  • FAX: 045-924-5381
E-mail:
キーワード
  • 触媒
  • 太陽エネルギー変換
  • グリーンケミストリー
  • バイオエタノール・バイオディーゼル
  • 太陽電池
  • 材料創生

松本(祐)研究室

Matsumoto laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   超機能薄膜分野

応用セラミックス研究所

研究内容
薄膜/表面・界面研究は、材料の持つ機能を最大限に引き出すための幅広い知識と基盤技術を提供する重要な研究分野です。当研究室では、(1)有機・創薬の分野ですでに市民権を得ているコンビケムの技術を取り入れた最新のレーザー分子線エピタキシーと、(2)走査型トンネル顕微鏡(STM)や放射光光電子分光、UHV-レーザー顕微鏡など高度な表面科学的手法を駆使して、セラミックス表面・界面を精密制御した低次元物性に基づく、新電子・光物性、および触媒作用などの化学機能の発現を目指しています。

松本(祐)研究室

教員情報
  • 松本 祐司 / マツモトユウジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-205 号室
  • ポスト番号: R3-2
  • TEL: 045-924-5314
  • FAX: 045-924-5314
E-mail:
キーワード
  • 表面・界面界面物性
  • 薄膜
  • エピタキシャル成長
  • 酸化物エレクトロニクス
  • コンビナトリアル材料工学
  • 光触媒

笹川研究室

Sasagawa laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   物質機能相関分野

応用セラミックス研究所

研究内容
セラミックスの超機能(例えば銅酸化物の高温超伝導)を、理解すること、操ること、創成することを目指している。当研究室の誇る武器の第一は、精密組成制御した試料や高品質大型単結晶の合成技術で、国内外との共同研究を幅広く推進している。武器の第二は、物性をミクロに支配する電子や格子振動の状態を、角度分解光電子分光法や非弾性X線散乱法などの先端量子計測により直接観察する技術である。そして、第一原理計算に基づくナノシミュレーションが第三の武器で、実験結果の理解や新物質・新物性の探索・設計に活用している。

笹川研究室

教員情報
  • 笹川 崇男 / ササガワタカオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J1-503 号室
  • ポスト番号: R3-37
  • TEL: 045-924-5366
  • FAX: 045-924-5366
E-mail:
キーワード
  • 強相関係
  • 極低温・強磁場・超高圧下物性
  • 先端量子計測
  • 高温超伝導
  • 単結晶工学
  • 第一原理計算

細田・稲邑研究室

Hosoda & Inamura laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   高機能材料設計分野

精密工学研究所

研究内容
ライフ・グリーンをキーワードに,原子配列・結晶構造制御,多体相平衡設計,組織制御,複合材料設計などの原子・ナノ・マイクロレベルからマクロレベルまでの広いスケールでの材料設計手法と,各種電子顕微鏡を用いた組織解析を駆使して,新しい高機能・多機能材料を創造しています.対象材料は主に金属材料ですが,セラミックスやポリマーなど多種多様な材料も扱っています.現在では,特に,生体用形状記憶・超弾性材料,アクチュエータ材料,高温・エネルギー材料,磁性材料,チタン合金などを対象としています.

細田・稲邑研究室

教員情報
  • 細田 秀樹 / ホソダヒデキ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-916 号室
  • ポスト番号: R2-27
  • TEL: 045-924-5057
  • FAX: 045-924-5057
E-mail:
キーワード
  • 形状記憶合金
  • 超弾性合金
  • マルテンサイト変態
  • 結晶学
  • 電子顕微鏡
  • エネルギー材料

彌田研究室

Iyoda laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   表面機能分野

資源化学研究所 集積分子工学部門

研究内容
彌田(いよだ)研究室では、分子システムと無機系メゾスコピック材料が融合した分子材料化学の創製と機能の探索を研究しています。これまでは、個別に発展してきた物質群を分子レベルで融合し、様々な分子・物質・材料を分野横断的に自在に配置・集積・組織化することにより、新しい分子材料化学の開拓をすすめています。研究室内には、「分子回路工学」グループと「ナノ複合材料工学」グループを設置し、分子システムやメゾスコピック材料を高機能モジュールとして有機的にシステム化する新しい学問領域の確立を目指しています。

彌田研究室

教員情報
  • 彌田 智一 / イヨダトモカズ
  • 職名: 教授
  • 居室: S2-210-2 号室
  • ポスト番号: S2-3
  • TEL: 045-924-5233
  • FAX: 045-924-5277
E-mail:
キーワード
  • 分子機能材料
  • ナノ構造形成・制御
  • 分子回路工学
  • 高分子機能材料
  • 分子素子
  • 材料電気化学

冨田研究室

Tomita laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   物質組織変換分野

研究内容
当研究室では、有機化学、有機金属化学を基盤として、新しい概念につながり得る重合手法の開拓や新しい高分子材料の創製などに関する研究を展開しております。例えば、メタラサイクル構造をもつ主鎖型反応性高分子の合成と新しいタイプの反応性高分子としての応用、アレン誘導体のリビング重合の開発と理想的なリビング重合としての応用、遷移金属触媒による多成分系重縮合法の開拓などについて現在精力的に研究を進めております。

冨田研究室

教員情報
  • 冨田 育義 / トミタイクヨシ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-614 号室
  • ポスト番号: G1-9
  • TEL: 045-924-5413
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 高分子合成
  • 有機合成化学
  • 有機金属化学
  • 反応性高分子
  • リビング重合
  • 機能性高分子

菅野研究室

Kanno laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   分子変換プロセス分野

研究内容
固体化学と電気化学をベースに新規な無機物質を合成し、電池・燃料電池へ展開する研究を行っている。超高圧、パルスレーザー、ソフト化学などの手法を駆使して合成し、放射光・中性子で構造を調べ、イオン導電・電池特性との対応を明らかにして新物質の開拓をめざす。未来の電池・燃料電池に向けた新材料探索、電極表面を原子レベルで制御した理想界面を構築して反応を調べる研究、夢の電池として期待されている全固体セラミックス電池開発、新規Li・H導電体の開拓など、物質開拓から応機構解明、未来の電気化学デバイス開発まで、基礎から応用に至る幅広い研究領域を展開している。

菅野研究室

教員情報
  • 菅野 了次 / カンノリョウジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-1014 号室
  • ポスト番号: G1-1
  • TEL: 045-924-5401
  • FAX: 045-924-5401
E-mail:
キーワード
  • 無機合成
  • 電気化学
  • 無機固体化学
  • 電池
  • リチウム電池
  • 燃料電池

大坂研究室

Osaka laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   電子移動分野

研究内容
生命現象(呼吸、老化、免疫作用など)および自然環境現象(オゾン層破壊、 酸性雨、燃焼、自然浄化作用など)をあやつる不思議な物質“酸素・活性酸素”の基礎科学技術の創生(生成、反応制御、検出)および空気・水資源を利用する新産業創出のための応用開発研究(燃料(バイオ、空気)電池、洗浄・殺菌システム、水処理、医療・環境センサ、医療用酸素濃縮器など)に、電気化学、電気分析化学、電極触媒、エネルギー科学、材料科学、ナノサイエンス・テクノロジーの観点からチャレンジしています。実用化を目指した基礎研究、特許取得、企業との共同研究、国際共同研究を積極的に推進しています。研究室メンバー:博士研究員6名、博士課程5名、修士課程6名、卒研生1名、会社研究生1名(女性6名、外国人11名)。Be ambitious for creation !

大坂研究室

教員情報
  • 大坂 武男 / オオサカタケオ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-810 号室
  • ポスト番号: G1-5
  • TEL: 045-924-5404
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 電気化学
  • 電気分析化学
  • 酵素・活性酵素
  • 燃料電池
  • 医療・環境センサー
  • 水の洗浄・殺菌

北村研究室

Kitamura laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   電子移動分野

研究内容
電気化学は,電池やめっき,環境や臨床計測に利用される各種のセンサーなど,私たちの生活に深く関わる様々な場面で活躍している技術の根幹をなす学問分野です.いずれのアプリケーションでも,電極(電子伝導体)と電解質(イオン伝導体)の界面で起こる物理化学現象,たとえば電荷移動反応や電気二重層の充放電といった基本的な現象を利用しています.当研究室では,そうした界面現象をナノレベルで理解するとともに,さらなる機能性を付与した新しい材料やデバイスの開発を行うことを目標に研究を展開しています.現在の主な研究テーマは燃料電池反応解析,電気化学反応を利用した無機薄膜合成,有機金属錯体の電気化学特性評価などです.

北村研究室

教員情報
  • 北村 房男 / キタムラフサオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-812 号室
  • ポスト番号: G1-6
  • TEL: 045-924-5405
  • FAX: 045-924-5405
E-mail:
キーワード
  • 分子分光
  • 電気化学
  • 電子・エネルギー移動
  • 表面・界面
  • 機能触媒
  • ナノ多機能材料

原(正)研究室

Hara laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   エネルギー物質分野

研究内容
本研究室では、新規機能性物質の合成~もの作り(試料形成)~ナノスケールに至る構造と物性の評価、という一連のプロセスを通じて「最先端の科学技術」と「国際社会に貢献出来る力」の習得を目指しています。またグローバルCOEによる学生支援、理化学研究所などの研究機関や民間企業との強い連携による基礎から応用に至る幅広い研究実施体制と、海外研修も含めた国内外をリ アルタイムネットワークでつなぐ国際的なバイリンガル体制から、自分も社会も豊かにする「研究力」「国際力」「生活力」を学習出来る研究教育環境を提供します。

原(正)研究室

教員情報
  • 原 正彦 / ハラマサヒコ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-1008 号室
  • ポスト番号: G1-7
  • TEL: 045-924-5437
  • FAX: 045-924-5437
E-mail:
キーワード
  • 有機薄膜
  • 自己組織化
  • 走査プローブ顕微鏡
  • 表面・界面
  • 1分子科学一般
  • 非平衡・非線形

尾笹研究室

Ozasa laboratory

物質電子化学専攻   連携講座   物質エネルギー変換講座   量子電子化学分野

理化学研究所

研究内容
東京工業大学での講義では「半導体電子物性」の無機半導体部分を担当している。半導体の基礎的な知識の導入から最新の応用デバイスまでを化学系の聴講生向けにわかりやすく体系立てて講義する。
理化学研究所の専任研究員が本務であり、半導体ナノ構造の研究や微生物の機能化、バイオセンサーへの応用などを研究している。
最近の研究テーマは「マイクロ流路内のミドリムシの機能化」「バイオベースのニューロコンピューティング」「微生物の走性を用いたバイオ環境センサーの開発」などである。

尾笹研究室

教員情報
  • 尾笹 一成 / オザサカズナリ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • ミドリムシ
  • マイクロ流路
  • ソフトコンピューティング
  • 薄膜材料
  • ナノ構造物性
  • 半導体

松下研究室

Matsushita laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   固体物性化学講座

応用セラミックス研究所

研究内容
本研究室では、溶液化学を駆使した材料プロセスの開拓とその応用を研究しています。一例を挙げると、水溶液を100℃以下の低温の基板上に吹き付けるだけで磁性膜が作製可能なフェライトめっき法があります。本方法で携帯電話等において問題となる電磁波干渉が解決できます。また、フェライト微粒子をポリマーに内包させたバイオ磁性ビーズでは、それらとDNAや抗体と直接結合させると、市販のものと比べて直径が一桁以上小さいにも拘わらず、磁化量が大きくなり、DNA解析の高速化やハイパーサーミアの高効率化などが図れます。

松下研究室

教員情報
  • 松下 伸広 / マツシタノブヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-511 号室
  • ポスト番号: R3-32
  • TEL: 045-924-5310
  • FAX: 045-924-5310
E-mail:
キーワード
  • 電機・電子材料(磁性体、誘電体、半導体)
  • 薄膜・微粒子
  • ソフト溶液プロセス
  • ナノバイオ磁気工学
  • 高周波磁気応用

尾中研究室

Onaka laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   材料構造機能講座   複合物性分野

研究内容
材料物性に関する実験的・理論的研究を多面的に展開している.
○ 変形・破壊の速度論と構造材料の高強度化:単結晶や双結晶から結晶粒寸法が1ミクロン以下の超微細粒材料まで,幅広い材料が対象
○ マイクロメカニックスによる材料設計:材料組織と材料の力学物性のあいだの関係についての考察,それによって得られる知見の材料設計への応用
○ 材料組織における形の物理:合金中の微細な析出物における球から立方体への形状変化など,材料組織にあらわれる様々な形状とその遷移に関する議論

尾中研究室

教員情報
  • 尾中 晋 / オナカススム
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1505 号室
  • ポスト番号: J2-63
  • TEL: 045-924-5564
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 強度
  • クリープ
  • 分散強化
  • マイクロメカニックス
  • 組織形態

加藤研究室

Kato laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   材料構造機能講座   メゾスコピック分野

研究内容
「材料科学の基礎を学んで応用を知る」ことを研究室の主眼とし,尾中研(材料物理科学専攻),藤居研(物質科学創造専攻)と研究室連合を形成して,大きな1つの研究室として活動してます.そのため,材料の力学的性質と相変態の種々の側面について,理論から実験まで,幅広い最先端の研究を行える体制が整ってます.不思議で魅力ある材料科学の「未踏領域」(HPを参照してください)の解明に向けて,教員・学生一同が挑戦を続けています.学生の研究成果が論文賞などの受賞に繋がった例も数多くあります.

加藤研究室

教員情報
  • 加藤 雅治 / カトウマサハル
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1407 号室
  • ポスト番号: J2-60
  • TEL: 045-924-5633
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 力学物性
  • ナノ物性
  • 表面・界面・粒界物性
  • 強度・靭性・疲労
  • 格子欠陥

梶原研究室

Kajihara laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   材料構造機能講座   構造機能特性分野

研究内容
持続可能な社会の実現を目指し,環境に調和する新しい導電性材料や超伝導材料の開発を目的として,材料組織学,平衡熱力学,拡散理論等の材料学に立脚した基礎研究を行っています。その結果,これらの機能性材料の製造工程や長期使用環境における組織形成過程の速度論特徴を明らかにしています。これらの成果に基づき,耐久性に優れる高性能な電子機器の実現に不可欠な高機能導電性材料を開発しています。ステディー(steady)な川の流れがダイナミック(dynamic)な大滝を生み出すように,堅実な基礎研究は飛躍的な材料開発に結びつきます。

梶原研究室

教員情報
  • 梶原 正憲 / カジハラマサノリ
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1409 号室
  • ポスト番号: J2-59
  • TEL: 045-924-5635
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 電子・情報材料
  • 超伝導
  • 核酸・相変態・状態図
  • 計算材料物性
  • 表面・界面・流会物性
  • 接合

木村研究室

Kimura laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   材料構造機能講座   構造機能特性分野

研究内容
材料科学が地球環境保全に貢献できることを考え、「地球に優しく材料の機能をデザインする」というキャッチフレーズを掲げて、みんなで楽しく研究に励んでいます。信頼性と耐用温度の向上を狙う新たな「耐熱合金」、廃熱をクリーンな電気エネルギーに変換できる「熱電発電材料」、高温材料の接合界面における相互拡散による特性劣化を防ぐ「拡散障壁層」、材料設計に不可欠な地図である「状態図」などが研究対象です。材料の飛躍的な性能向上を目指すだけでなく、環境負荷を小さくできる新しい作製プロセスの開発にも挑戦します。

木村研究室

教員情報
  • 木村 好里 / キムラヨシサト
  • 職名: 准教授
  • 居室: J3-1516 号室
  • ポスト番号: J3-19
  • TEL: 045-924-5157
  • FAX: 045-924-5157
E-mail:
キーワード
  • 拡散・相変態・状態図
  • 格子欠陥
  • 熱・エネルギー材料
  • 高温材料
  • 粉末冶金
  • 熱処理

熊井研究室

Kumai laboratory

研究内容
従来,アルミニウムを初めとする軽金属材料や複合材料を中心に凝固組織制御,疲労と破壊,組織と力学的性質に関する研究を行ってきたが,特に最近は電磁力や摩擦攪拌を利用した同種ならびに異種金属接合,接合界面の構造解析,接合メカニズムの解明に関する研究に力を注いでいる.また高品位アルミニウムリサイクルの実現を図るため,高速双ロールキャスト法の急冷効果を利用したリサイクル材中の不純物の無害化や組織微細化による材料の高靭性化に取り組んでいる.いずれの研究も他大学・高専,企業,関連学協会等,所属や専門分野が異なる研究者とチームを組んで遂行しており,教員のみならず各々の学生も各自の得意分野を活かしながら互いに協力して共通の問題に取り組み,学術的分野のみならず技術・工学的分野においても新たな貢献ができるよう努めている.

(2013.04.01より東京工業大学大学院理工学研究科材料工学専攻に異動,材料物理科学専攻を兼担)

熊井研究室

教員情報
  • 熊井 真次 / クマイシンジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-620 号室
  • ポスト番号: G3-20
  • TEL: 045-924-5622
  • FAX: 045-924-5173
E-mail:
キーワード
  • 接合
  • 融体・凝固
  • 強度・靭性・疲労
  • 組織制御
  • リサイクル
  • 材料循環プロセス

林(克)研究室

Hayashi laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   低負荷物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
安全で豊富な元素によって構成される「セキュアマテリアル」によって、どのような機能性や利用法を打ち出せるかを探っています。ありふれた元素がむしろ得意とする機能性を発掘し、同時に製造から廃棄までの利便性や安全性に優れた特徴を活用します。例えば、我々は、12CaO・7Al2O3セラミックスが、強力な還元剤である水素化物イオン(H-)をその籠状格子中に取り込み、軽金属酸化物では初めての電子導電体に転化できること等を見出してきました。機能発現の理解だけでなく、それらの応用展開も睨んで、放射光構造解析や、電子・ラジカルイオン放出源開発など、幅広い手法で研究に臨んでいます。

(2014.04.01より九州大学大学院工学研究院 応用化学部門(機能)に異動,材料物理科学専攻を講座外で兼担)

林(克)研究室

教員情報
  • 林 克郎 / ハヤシカツロウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3(C)-205 号室
  • ポスト番号: R3-34
  • TEL: 045-924-5337
  • FAX: 045-924-5350
E-mail:
キーワード
  • 機能性セラミックス
  • 電気化学
  • 薄膜
  • 力学・電子・電磁・光・熱物性
  • セメント
  • 真空

伊藤(満)研究室

Ito laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   超環境物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
我々のグループは、酸化物が織りなす多彩な物性の根元を調べています。我々は磁性、誘電性、イオン伝導性、電子伝導性、光学特性等、酸化物が示す性質を縦横無尽に俯瞰しながら研究テーマを捜し出し、セラミックスの性質を統一的かつ普遍的に理解するのに必要な新物質を合成し、自分でその性質を調べることに特徴があります。最近では、酸化物リチウムイオン伝導性のイオンの挙動、一次元磁性体の量子的性質、毒性元素を含まない新規圧電体の開発、同位体置換による強誘電性の制御、強誘電性の起源に関する研究、およびプローブ顕微鏡による磁性と誘電性の制御、等の研究に従事しています。

伊藤(満)研究室

教員情報
  • 伊藤 満 / イトウミツル
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-703 号室
  • ポスト番号: J2-19
  • TEL: 045-924-5354
  • FAX: 045-924-5354
E-mail:
キーワード
  • 結晶構造・組織制御
  • 電子物性
  • 機能性セラミックス
  • 誘電体
  • 磁性体
  • 磁性大勇で

谷山研究室

Taniyama laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   超環境物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
薄膜、細線、ドット等に代表されるナノ構造磁性体に現れる新規物理現象の解明やナノ構造磁性体と半導体、強誘電体との原子スケール接合により創出される新規機能の探求、またそのスピントロニクスデバイスへの応用に関する研究を推進しています。具体的には、磁性体から非磁性体へのスピン注入とスピン偏極制御可能なスピン源の創製、磁性体/半導体ヘテロ構造における光スピン励起と時間分解計測による界面スピン伝導の解明、磁性体ドット/強誘電体ヘテロ構造を利用した電圧印加型磁気ビット操作技術の開発等の研究を進めています。

谷山研究室

教員情報
  • 谷山 智康 / タニヤマトモヤス
  • 職名: 准教授
  • 居室: J3-717 号室
  • ポスト番号: J2-20
  • TEL: 045-924-5632
  • FAX: 045-924-5632
E-mail:
キーワード
  • 磁性
  • 磁性体
  • 電子・磁気物性
  • スピンエレクトロニクス

佐々木研究室

Sasaki laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   精密構造解析講座

応用セラミックス研究所

研究内容
固体材料の電子的な性質(機能や物性)と結晶構造との関係を知ることは、エレクトロニクスを始めとする多くの分野で重要です。 研究室では、セラミックスなど機能性材料での放射光X線解析、混合原子価化合物での電荷秩序や価数揺動状態の解析、磁性材料での磁気構造解析や発現機構解明、XAFSと局所構造解析、高圧下X線熱散漫散乱研究、電子状態シミュレーション、熱電廃熱回収システムの開発など、原子や電子レベルでの基礎研究から社会に役立つ応用研究まで幅広い分野で研究を行っています。

佐々木研究室

教員情報
  • 佐々木 聡 / ササキサトシ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-508 号室
  • ポスト番号: R3-11
  • TEL: 045-924-5308
  • FAX: 045-924-5339
E-mail:
キーワード
  • X線・粒子線
  • 結晶科学
  • 磁性
  • 高温超伝導
  • 強相関系
  • 結晶構造

川路研究室

Kawaji laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   固体物性化学講座

応用セラミックス研究所

研究内容
新規な機能性物質を探査・開発するためには、物質の微視的構造に基づく物性の理解や機能性発現機能の解明が必要です。本研究室では物質の機能性発現機構に関わる構造と物性の相関を明らかにするために、特に相転移現象に着目して研究を行っています.世界最高精度の断熱型熱量計による精密熱容量(比熱)測定をはじめとした 熱膨張率、誘電率、磁化率測定などの物性測定、種々の分光学的測定、結晶構造解析、計算機シミュレーションなどを組み合わせて、相転移で起っている現象の詳細を明らかにすることを目指しています。

川路研究室

教員情報
  • 川路 均 / カワジヒトシ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-701 号室
  • ポスト番号: R3-8
  • TEL: 045-924-5313
  • FAX: 045-924-5339
E-mail:
キーワード
  • 熱測定・熱分析
  • 相転移
  • ナノ細孔物質
  • 誘電体
  • マルチフェロイックス
  • 超伝導体

細野研究室

Hosono laboratory

材料物理科学専攻   準協力講座   物質フロンティア講座

フロンティア研究機構

研究内容
本研究室は透明酸化物を舞台とする新しい電子機能材料を創りだすことに集中しています。「透明な電子回路」をつくる透明な酸化物半導体、有機ELディスプレイを駆動する高性能トランジスタと新しい透明半導体と透明金属の探索が一つの柱です。もう一つは、ありふれた元素を使い、ナノ構造を工夫することで、希少な元素を使わずに、有用な機能を実現を狙う「ユビキタス元素戦略」です。セメントを透明金属や超電導体に変身させたのは、その代表的な成果です。研究の考え方とその詳細は、次の新書をご覧ください。細野秀雄、神谷利夫「透明金属が拓く驚異の世界」(不可能に挑むナノテクの挑戦)サイエンスアイ新書(ソフトバンク、2006)。

細野研究室

教員情報
  • 細野 秀雄 / ホソノヒデオ
  • 職名: 教授
  • 居室: S2-502 号室
  • ポスト番号: R3-1
  • TEL: 045-924-5009
  • FAX: 045-924-5359
E-mail:
キーワード
  • 機能性セラミックス
  • 電子・情報材料
  • 新機能材料
  • 透明半導体
  • 化学機能材料

神谷研究室

Kamiya laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   物質機能相関分野

応用セラミックス研究所

研究内容
現在の情報社会を支えているのはシリコンや窒化ガリウムなどの半導体を利用した光・電子デバイスですが、同時に、これら材料・デバイスの限界も現れてきました。私たちは、酸化物が既存の半導体を超える能力をもつと信じ、新しい材料、デバイスの開発を行っています。これまでに、アモルファスシリコンや有機半導体よりも10倍以上高い性能を持つトランジスタや、高輝度電子線源などを開発しています。

神谷研究室

教員情報
  • 神谷 利夫 / カミヤトシオ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-615 号室
  • ポスト番号: R3-4
  • TEL: 045-924-5357
  • FAX: 045-924-5350
E-mail:
キーワード
  • 半導体デバイス
  • 新材料開発
  • 計算材料学
  • 構造解析
  • トランジスタ・発光素子・太陽電池
  • 薄膜成長

阿藤研究室

Ato laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   相乗機能物質講座

応用セラミックス研究所

研究内容
従来の常識から発想を転換して、材料自らが壊れることで生命を守る機能を持った新しい構造材料の開発を目指しています。そのための切り口として、“壊れ方”を新しい機能として捉え、温度や圧力によって引き起こされる相転移や化学反応を利用して、壊れ方をデザインします。高速衝突によって発生する衝撃波が引き起こす、構造相転移や化学反応を、ナノスケール以下の微視的な観点から研究し、これらの基礎的なデータを蓄積することにより、まったく新しい安全な構造材料の開発を指向します。

阿藤研究室

教員情報
  • 阿藤 敏行 / アトウトシユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-310 号室
  • ポスト番号: R3-35
  • TEL: 045-924-5393
  • FAX: 045-924-5393
E-mail:
キーワード
  • 固体化学
  • 超高圧
  • 衝撃圧縮
  • 構造相転移
  • 層状・層間化合物
  • 化学反応

曽根研究室

Sone laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   材料機能評価講座

精密工学研究所

研究内容
本研究室では、次世代の半導体配線技術や微小電子機械システム(MEMS)創製技術の課題に答えるべく、(1)超臨界流体反応場やイオンビームを用いるとともに、ナノ結晶や金属ガラスの概念を利用した新規なナノマテリアル創製技術及び制御技術を開発し、(2)その新規技術から得られるナノマテリアルをFIB、SEM、TEM及び薄膜X線構造解析を用いて組織解析し、同時に、(3)本研究室で開発した世界初のマイクロサイズレベルでの材料試験装置を用いてその機械的性質を評価するといった包括的かつ革新的な研究を行っています。

曽根研究室

教員情報
  • 曽根 正人 / ソネマサト
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-920 号室
  • ポスト番号: R2-35
  • TEL: 045-924-5043
  • FAX: 045-924-5044
E-mail:
キーワード
  • デバイス
  • 表面処理技術
  • めっき技術
  • 配線技術
  • 超臨界流体
  • 反応装置

若井研究室

Wakai laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   材料構造設計講座

応用セラミックス研究所

研究内容
セラミックスは、硬い、化学的に安定、高温で使用できる、という特長があり、多様なシステムの要素技術として、未来産業の基盤です。一方、脆いという問題があり、安全・安心なシステムの実現には、脆性の克服と信頼性の確保が最大の課題です。超塑性の発見は硬いセラミックスを自由自在に変形する成形加工技術を可能にしました。私たちは超塑性加工による高強度・高靭性部材の新創製技術を目指す基盤研究をしています。 また、シミュレーションで、ミクロレベルの焼結プロセスを解析して、不均質性制御による信頼性向上を目指しています。

若井研究室

教員情報
  • 若井 史博 / ワカイフミヒロ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-612 号室
  • ポスト番号: R3-23
  • TEL: 045-924-5361
  • FAX: 045-924-5390
E-mail:
キーワード
  • 超塑性
  • 構造用セラミック
  • 力学物性
  • ナノ材料創製
  • 焼結体
  • 多孔体

赤津研究室

Akatsu laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   材料構造設計講座

応用セラミックス研究所

研究内容
赤津研究室ではセラミックスの変形や破壊に関する研究を展開している.セラミックスの高温での化学安定性は他の材料を凌駕しており,力学的性質に優れることから,資源・環境・エネルギー問題を解決するキーマテリアルの1つである.「セキュアマテリアル」の概念を基に,脆性克服のための材料設計,エンセラコーティング,複合機能化のための材料設計,新しい力学特性評価法の開発,などを主なテーマとしている.所属学生の出身学科は物理学,化学,材料工学,機械工学など幅広く,研究を通した学生の総合的なスキルアップに努めている.

赤津研究室

教員情報
  • 赤津 隆 / アカツタカシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-311 号室
  • ポスト番号: R3-24
  • TEL: 045-924-5336
  • FAX: 045-924-5336
E-mail:
キーワード
  • 構造用セラミックス
  • カーボン材料
  • FRC
  • 破壊
  • 強度
  • 靭性

日比野研究室

Hibino laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   量子表面講座   量子材料分野

NTT物性科学基礎研究所

研究内容
当研究室では、次世代エレクトロニクスデバイスの創生に寄与することを目指し、表面ナノ構造の自己形成(物理的、化学的作用によって、構造物が自発的に形成されること)を精密に制御する手法の開拓と、新たなエレクトロニクス材料の探索に取り組んでいます。特に、自己形成制御に向け、低エネルギー電子顕微鏡を用いてナノ構造の形成過程をその場で観察し、その結果から自己形成機構を明らかにしてきています。また、新材料探索においては、1層のグラファイトであるグラフェンに注目し、作製法の確立と物性解明に取り組んでいます。

日比野研究室
教員情報
  • 日比野 浩樹 / ヒビノヒロキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J1-309 号室
  • ポスト番号: G3-27
  • TEL: 045-924-5579
  • FAX: 045-924-5579
E-mail:
キーワード
  • 表面・界面
  • 薄膜
  • ナノ構造形成・制御
  • 電子顕微鏡
  • 半導体
  • 結晶成長

蟹澤研究室

Kanisawa laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   量子表面講座   量子材料分野

NTT物性科学基礎研究所

研究内容
情報産業において量子効果応用の必要性が指摘される今日では、素子を構成する物質の表面・界面に関する知見がこれまで以上に重要になっています。特に,半導体量子現象のナノ領域の知見を獲得する研究が不可欠です。当研究室では、分子線エピタキシャル成長(MBE)装置と低温走査トンネル顕微鏡(LT-STM)を接続したユニークな実験装置を用い、化合物半導体の清浄表面において、量子構造中の低次元電子が見せる多様な振る舞いを調べています。

蟹澤研究室
教員情報
  • 蟹澤 聖 / カニサワキヨシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J1-309 号室
  • ポスト番号: G3-27
  • TEL: 045-924-5579
  • FAX: 045-924-5579
E-mail:
キーワード
  • 半導体
  • 表面・界面
  • 操作プローブ顕微鏡
  • 薄膜
  • ナノ構造物性
  • メゾスコッピク物理

脇研究室

Waki laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワーエネルギー変換分野

研究内容
地球環境問題を解決するためには,クリーンな太陽エネルギーやバイオマスエネルギーを有効利用できる新しいエネルギー変換システムを開発する必要がある。本研究室では燃料電池,太陽電池,電気化学キャパシタの開発を中心テーマとして未知の高機能材料の創出を目指しており、特に材料の構造制御や表面物性の研究に力を注いでいる。これらの研究プロセスを通して学生達に基礎的な知識と論理的な思考、創造力を養ってもらう。

脇研究室

教員情報
  • 脇 慶子 / ワキケイコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-410 号室
  • ポスト番号: G3-41
  • TEL: 045-924-5614
  • FAX: 045-924-5614
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池
  • キャパシタ
  • 構造制御
  • 太陽電池
  • 触媒
  • ナノ構造

宍戸研究室

Shishido laboratory

化学環境学専攻   協力講座   高分子プロセス講座

資源化学研究所

研究内容
?高分子周期構造体の創製?
 新しい高機能・高性能高分子光機能材料の創出を目指して,分子設計・合成・物性評価からデバイスの作製・評価まで,基礎と応用の両面にわたり幅広く研究を行っています。特に,協同的な分子配向変化により大きな屈折率変化を効率よく誘起できる液晶に着目し,光応答性を有するさまざまな液晶高分子周期構造体の開発を行っています。多光束干渉露光,高分子微粒子合成や光重合の手法を利用して,ホログラム材料やフォトニック結晶などの応用を見据えた高分子周期構造体を作製します。詳しくは研究室HPをご覧ください。

宍戸研究室

教員情報
  • 宍戸 厚 / シシドアツシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-810 号室
  • ポスト番号: R1-12
  • TEL: 045-924-5242
  • FAX: 045-924-5275
E-mail:
キーワード
  • 高分子
  • 液晶
  • 高分子材料合成
  • 光化学

山口(猛)研究室

Yamaguchi laboratory

化学環境学専攻   協力講座   化学環境プロセス設計講座

資源化学研究所

研究内容
燃料電池からバイオマテリアルまで、材料機能のシステム設計及び開発を行います。地球環境問題の解決、医療・医薬技術の進展には新しい機能材料が必要不可欠です。これらの分野では、単純でなく精緻で複雑な機能を示す材料機能が要求されます。高機能な化学システムは、最先端の分子物性とそれを統合する画期的なアイデアから生まれます。分子レベルの材料合成からプロセスまでを俯瞰的に考慮し、社会・地球に真に必要な科学技術を構築します。燃料電池、バイオマテリアルの創製を行い、持続発展可能な地球環境保全技術へと展開します。

山口(猛)研究室

教員情報
  • 山口 猛央 / ヤマグチタケオ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-612 号室
  • ポスト番号: R1-17
  • TEL: 045-924-5254
  • FAX: 045-924-5253
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池材料
  • 燃料電池システム
  • 生体関連高分子化学
  • 生体認識・機能化学
  • 薄膜・微粒子形成操作
  • 高分子物性

穐田研究室

Akita laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境材料化学講座

資源化学研究所

研究内容
スマートマテリアルとは材料自身が知的機能を有し、劣化を診断して自己修復・劣化抑制などの機能を発揮する材料であり、これに向けて「金属錯体系に基づいた環境変化検知および情報伝達システムの開発」を中心研究目標として設定し、下記の研究テーマについて有機金属化学・錯体化学・有機化学を基盤にして研究を行っています。
1. 環境応答型金属錯体系の開発
2. 遷移金属-炭素同素体の有機金属化学(情報伝達素子の開発)
3. 光エネルギー捕捉ユニットを含む多核金属錯体の合成研究
4. 新しい多核金属錯体の化学

穐田研究室

教員情報
  • 穐田 宗隆 / アキタムネタカ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-220 号室
  • ポスト番号: R1-27
  • TEL: 045-924-5230
  • FAX: 045-924-5230
E-mail:
キーワード
  • 有機金属化学
  • 有機金属触媒
  • クラスター
  • 有機電子材料・素子

伊藤(治)研究室

Ito laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   機能量子場分野

研究内容
原子光学の進歩によって、物質の基本構成単位である原子の運動を光を用いて制御できるようになってきました。しかし従来の伝搬光を用いた手法では回折効果によって制御精度が使用する光の波長程度と低いものになってしまい、ナノ微小構造物作製などへの応用は困難でした。本研究室では、ナノオーダーの高い制御精度を達成するために、光近接場と呼ばれるナノ寸法の局在光を駆使して、原子を制御・操作する研究に取り組んでいます。

伊藤(治)研究室

教員情報
  • 伊藤 治彦 / イトウハルヒコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-1111 号室
  • ポスト番号: G2-23
  • TEL: 045-924-5459
  • FAX: 045-924-5588
E-mail:
キーワード
  • 原子光学
  • ナノ制御
  • 光エレクトロニクス
  • ナノプローブ

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 半那 純一 / ハンナジユンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-205 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5176
  • FAX: 045-924-5175
E-mail:
キーワード
  • 液晶
  • 有機半導体
  • 結晶成長
  • 電機・電子材料(半導体)
  • イメージング材料
  • 半導体薄膜物性

横田研究室

Yokota laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
メカトロニクスにおいてアクチュエータは欠かせないが,電磁アクチュエータ以外にいろいろな用途に新たな原理に基づくアクチュエータが望まれている.本研究室ではとくに機能性流体を用いた新しい原理アクチュエータ、センサの開発,そのマイクロマシン、マイクロロボットへの応用,また新たなモーションコントロールシステムを構築するため,流体駆動メカニズムの高機能化,知能化,自立化の研究を行っている.また例年、山(鹿沢)、海での懇親ゼミを泊まり込みでおこなっている.

横田研究室

教員情報
  • 横田 眞一 / ヨコタシンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-220 号室
  • ポスト番号: R2-41
  • TEL: 045-924-5034
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • アクチュエータ
  • 機能性流体
  • マイクロ
  • メカトロニクス
  • 液圧
  • ロボット

堀江研究室

Horie laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
機械システム、ロボットシステムに用いられる機械運動系の高速・高精度化、静特性、動特性の解析法、シミュレーション手法および総合法の確立,感性と論理の調和に基づく機械運動系の知的CADシステムの開発、さらに、マイクロモーションシステム(マイクロマシン、MEMS/MOEMS)の設計・製作論の確立とともに、その製作テクノロジーの研究・開発を行っています.学生の自主性を重んじており、1人1研究テーマで望み、週1回のゼミを行っています.社会に変革を起こす研究成果があがるように、何事にも智恵と勇気を持って事にあたれる人を歓迎します.

堀江研究室

教員情報
  • 堀江 三喜男 / ホリエミキオ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-214 号室
  • ポスト番号: R2-14
  • TEL: 045-924-5048
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • 機構学
  • 機械要素
  • 設計工学
  • MEMS
  • ロボティックス
  • メカトロニクス

初澤研究室

Hatsuzawa laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
マイクロマシン製作技術を用いたバイオ関連チップ,バイオテクノロジーを用いたナノメカニズムの製作方法など,精密機械工学とバイオの融合領域で研究を進めています.前者の例としては,単一細胞破砕用バイオチップ,細胞位置決め・操作用デバイス,微粒子高速生成チップなどが挙げられます.後者では,特に遺伝情報生体高分子であるDNA(デオキシリボ核酸)を素材として,ナノ周期構造やリング構造などの創製に取り組んでいます.これら一連の研究は,生命科学・医療用のセンサ,解析デバイス,アクチュエータとしての応用を目的としています.

初澤研究室

教員情報
  • 初澤 毅 / ハツザワタケシ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-318 号室
  • ポスト番号: R2-6
  • TEL: 045-924-5037
  • FAX: 045-924-5037
E-mail:
キーワード
  • MEMS/NEMS応用
  • バイオチップ
  • ナノマシン
  • DNAナノメカニズム
  • 医用マイクロデバイス
  • マイクロメカトロニクス

佐藤(千)研究室

Sato laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
わが研究室では機械工学と化学の境界領域を探求し、使用者のニーズに立脚した新構造や新材料の開発・評価を行っています。具体的には,CFRPをはじめとする複合材料や,接着剤などに用いられる高分子材料を取り上げ,その力学的特性に関して重点的な研究を行い,これらの材料が実際の構造に適用された場合の力学的問題を固体力学と材料力学の観点から検討しています.対象は航空機構造や自動車構造ですから,飛行機好きや自動車好きの学生さんを歓迎します.

佐藤(千)研究室

教員情報
  • 佐藤 千明 / サトウチアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-516 号室
  • ポスト番号: G2-20
  • TEL: 045-924-5062
  • FAX: 045-924-5062
E-mail:
キーワード
  • 材料設計・プロセス・物性・評価
  • 連続体力学
  • 構造力学
  • 接着
  • 複合材料
  • 実験力学

栁田研究室

Yanagida laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
ナノバイオテクノロジーとMEMS/NEMSテクノロジーを融合させた学際研究として、細胞やタンパク質、DNAなど生体分子の機能解析デバイスであるバイオチップの構築や、生体分子を用いた新規分子デバイスの構築などを行なうことにより、医療や環境など様々な分野への応用展開研究の開拓を目指している。

栁田研究室
教員情報
  • 栁田 保子 / ヤナギダヤスコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-308 号室
  • ポスト番号: R2-23
  • TEL: 045-924-5039
  • FAX: 045-924-5039
E-mail:
キーワード
  • ナノ構造形成・制御
  • マイクロ化学システム
  • ナノ材料
  • ナノ材料
  • バイオテクノロジー

秦研究室

Hata laboratory

研究内容
MEMS (Microelectromechanical system)や,精密部材に適した新しい材料を,迅速に開発する手段として,組合せによる多数のサンプル製作と,その評価を特徴とするコンビナトリアル手法に着目し,コンビナトリアルアークプラズマ蒸着(CAPD)を開発している.このCAPDを利用して,加熱すると水あめ状に軟化する新しいアモルファス合金薄膜である薄膜金属ガラスを中心とした新材料創成と,その立体的微細加工法,マイクロアクチュエータやMEMSセンサ,マイクロ金型などへの応用を研究している.

秦研究室

教員情報
  • 秦 誠一 / ハタセイイチ
  • 職名: 准教授
  • 居室: S1棟 414-1 号室
  • ポスト番号: S1-1
  • TEL: 045-924-5745
  • FAX: 045-924-5746
E-mail:
キーワード
  • マイクロメカトロニクス
  • MEMS
  • ナノ・マイクロ加工
  • 成形加工
  • 新機能材料
  • コンビナトリアル材料探索

黒澤研究室

Kurosawa laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   新機能情報システム講座   情報融合システム分野

研究内容
エレクトロニクスと機械を結ぶデバイスとして,アクチュエータとセンサ,そしてこれらを統合した電子機械システム,関連する制御システムの研究など,電気と機械,情報の融合領域の研究を行う.現在の研究テーマは,弾性表面波素子を用いた小型リニアモータの研究,ΔΣ変調信号を用いた高速・高精度な1ビット信号処理の研究,水熱法合成法によるPZT薄膜を用いたアクチュエータやセンサの研究である.いずれのテーマにおいても独創的な手法に基づいており,これらの技術を世の中に広められるよう研究を進めている.

黒澤研究室

教員情報
  • 黒澤 実 / クロサワミノル
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-614 号室
  • ポスト番号: G2-32
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 振動
  • メカトリニクス
  • マイクロマシン
  • MEMS
  • エネルギー変換

長井研究室

Nagai Laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   表面機能分野

研究内容
長井研究室では、環境・エネルギー問題に関わる光化学,光科学、特に光エネルギー変換材料の研究を行っています。有機半導体p-n接合を応用した可視光応答型光触媒、極低密度エアロゲル(透明低密度材料)やこれらを用いた環境浄化、水処理といった応用をはじめ、そのための分子集積化手法の開発を行います。高分子化学,光化学,電気化学,表面化学,レーザープラズマ物理等の基礎学術に立脚した応用展開を、彌田研究室との一体運営の中で進め、新しい学問領域の確立を目指しています。

長井研究室

教員情報
  • 長井 圭治 / ナガイケイジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1A-307 号室
  • ポスト番号: R1-26
  • TEL: 045-924-5266
  • FAX: 045-924-5277
E-mail:
キーワード
  • エネルギー変換材料
  • 可視光応答有機光触媒
  • エアロゲル
  • 低密度材料
  • 水処理
  • レーザープラズマ

石橋研究室

Ishibashi laboratory

研究内容
これまでの半導体微細加工技術の進展により、数十ナノメートル程度の構造の作製が可能となりました。このスケールは電子の特徴的な長さである平均自由行程や波長と同程度であるため、電子の量子的な性質が顕著に表れるようになります。本研究室では、ナノ構造における電子の量子的な性質を制御した新しいナノデバイスの原理となる物理現象を探索し、そのデバイスとしての機能性を実証する研究を行っています。特に、現在の技術では作製が困難なサブ10nm級ナノ構造をもつカーボンナノチューブや半導体ナノワイア等をBuilding Blockとし、電子を微小な領域に閉じこめた量子ドットや超伝導材料を組み合わせ、将来のナノエレクトロニクスに資する新機能デバイスの開発に取り組んでいます。

石橋研究室
教員情報
  • 石橋 幸治 / イシバシコウジ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G2-30
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 固体電子工学
  • ナノ構造作製プロセス
  • ナノデバイス工学

真島研究室

Majima laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   電子活性物質講座

応用セラミックス研究所

研究内容
ビーカーに浸すだけでナノスケールの構造を精密に制御し単電子デバイスや分子デバイスを構築する、ボトムアップエレクトロニクスが注目されています。真島 研究室では、走査型プローブ顕微鏡を用いて、例えば分子分解能走査型トンネル顕微鏡により1つのナノ粒子あるいは分子を直接観察することにより、それらの 電子機能を明らかにしています。これらの知見を活かし、自己組織化や無電解金メッキ法により作製したナノギャップ電極を用いて、ボトムアップエレクトロニ クスへと展開していきます。

真島研究室

教員情報
  • 真島 豊 / マジマユタカ
  • 職名: 教授
  • 居室: R3-410 号室
  • ポスト番号: R3-5
  • TEL: 045-924-5309
  • FAX: 045-924-5376
E-mail:
キーワード
  • ボトムアップエレクトロニクス
  • 分子デバイス
  • 走査型プローブ顕微鏡
  • 自己組織化
  • 単電子トランジスタ
  • 有機トランジスタ

山元研究室

Yamamoto laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境調和分子設計講座   無機機能化学分野

資源化学研究所

研究内容
金属タンパク質に代表されるような有機-金属ハイブリッドナノ材料は、組成・構造に無数の組み合わせが可能で、金属の物性と有機骨格の設計自由度を活かした多重機能の発現が期待されます。多くの元素を元に精密ナノ構造体を自在に組み上げる一般的手法の確立は、未知の次世代ナノ材料の誕生につながる重要なナノテク戦略の要として位置付けられています。精密無機機能化学を基盤として新しい領域の拓くための新概念の創出を目指し、あわせて、環境、 生体機能、エネルギー科学などに波及する革新的な機能を持つ未来ナノ材料の創製に挑戦しています。

山元研究室

教員情報
  • 山元 公寿 / ヤマモトキミヒサ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-712 号室
  • ポスト番号: R1-21
  • TEL: 045-924-5260
  • FAX: 045-924-5260
E-mail:
キーワード
  • 無機-有機ハイブリッドマテリアル
  • デンドリマー
  • ナノサイエンス
  • 超分子化学
  • 環境触媒
  • エレクトロニクスデバイス

林(智)研究室

Hayashi Laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   エネルギー物質分野

研究内容
社会の高齢化に伴い、DNAチップ・免疫センサーなどのバイオセンサー、人工骨・人工血管など生体組織・分子と接して動作するデバイスの重要性が急速に高まっています。これらのデバイスの性能向上のためには生体組織・分子と人工物表面の相互作用を分子レベルで正確に理解する事が重要ですが、解析のための手法は限られています。我々は表面科学の技術を中心に、独自の手法でこの課題にチャレンジします。研究室では表面の化学的処理、表面分析手法の開発、コンピュータシミュレーションなどの技術を習得出来ます。

林(智)研究室

教員情報
  • 林 智広 / ハヤシトモヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-1010 号室
  • ポスト番号: G1-10
  • TEL: 045-924-5400
  • FAX: 045-924-5437
E-mail:
キーワード
  • 表面・界面科学
  • 走査型プローブ顕微鏡
  • 表面分析
  • 表面修飾
  • バイオインターフェース
  • コンピュータシミュレーション

福島研究室

Fukushima laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   錯体電子化学講座

資源化学研究所

研究内容
当研究室では、「優れた物性を有する分子」と「精密集積化のための手法」の開発を通じ、分子性材料、いわゆる「ソフトマテリアル」の革新的機能を開拓します。光吸収・発光性、電導性、磁性などに富むπ電子系分子群をモチーフに、立体・電子構造、適切な元素・官能基の導入などを戦略的に考え、機能創出に向け合目的的に分子を設計します。これらの新規分子を、「自発的組織化」や「ナノサイズの足場」などを利用して、ナノからマクロスケールで構造規制された材料へと集積化し、例えば、高度な物質・エネルギー変換を可能にするシステムの構築を目指します。

福島研究室

教員情報
  • 福島 孝典 / フクシマタカノリ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-912 号室
  • ポスト番号: R1-1
  • TEL: 045-924-5220
  • FAX: 045-924-5976
E-mail:
キーワード
  • π電子機能化学
  • エネルギー変換化学
  • 有機エレクトロニクス
  • ソフトマテリアル
  • ナノカーボン
  • 分子自己集合

瀧ノ上研究室

Takinoue laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   複雑システム解析講座   自律分散制御分野

研究内容
DNAなどの生体分子・ソフトマターでできた自律的な情報システム・運動システムの構築や数理解析を通して「生命とは何か?」を探求します。生命は我々の宇宙の中で最も複雑なシステムの一つで、自律性・高次機能の創発・知性など、非生命の物質にはない興味深い豊かな現象を見せます。しかし、いずれも分子・イオン・電子などからできており、材料的に本質的な違いはありません。「生命と物質の境界は何か?」、当研究室ではこの疑問に物理科学・分子ナノテク・マイクロ工学を駆使して挑戦します。

瀧ノ上研究室

教員情報
  • 瀧ノ上 正浩 / タキノウエマサヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-1024 号室
  • ポスト番号: G3-53
  • TEL: 045-924-5680
  • FAX: 045-924-5680
E-mail:
キーワード
  • 生命物理学
  • 非線形非平衡科学
  • マイクロ流体工学
  • 自律的分子システム
  • 人工細胞モデル
  • 分子ロボティクス

佐藤(縁)研究室

Sato laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   量子電子化学分野

産業技術総合研究所

研究内容
生体膜は、信号伝達物質や物質の認識など、様々な生体反応や情報のやりとりをしています。固体表面や界面に、物質の濃縮機能、認識機能、分子吸着能の制御など、様々な機能を発現することができると、生体膜を模倣した極めて高感度で選択性の高いセンシング表面をつくることができます。研究室では、膜を作製するための基板材料の開発や、膜構成分子の合成と配列によるナノ構造制御、その構造を原子・分子レベルで観察する手法の開発を行っています。これらの成果を生体実試料の測定に応用するためのセンシングデバイスの開発も進めています。

佐藤(縁)研究室
教員情報
  • 佐藤 縁 / サトウユカリ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 生物電気化学
  • 自己組織化単分子層
  • レクチン
  • 分子認識
  • ソフト界面

平山(雅)研究室

Hirayama laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   分子変換プロセス分野

研究内容
私たちの生活を支えている蓄電デバイスの飛躍的な特性向上を目指して、構成材料であるエネルギー貯蔵・変換物質の反応機構解明と新規物質の探索を行っています。特に「電気化学界面における構造制御と機能開拓」を基本コンセプトとして,原子・ナノレベルでの界面構造の制御・反応解析から蓄電デバイス反応の本質を追求し、界面を戦略的に利用する新しい材料開発指針を提案しています。基礎研究で得られた知見はリチウム電池、燃料電池用実用材料の高機能化へ展開しています。一連の研究を通じて,無機固体合成、構造・物性評価、反応解析の手法を学べる研究室です。

平山(雅)研究室

教員情報
  • 平山 雅章 / ヒラヤママサアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-1019 号室
  • ポスト番号: G1-1
  • TEL: 045-924-5570
  • FAX: 045-924-5409
E-mail:
キーワード
  • リチウムイオン電池
  • 無機固体合成
  • エネルギー変換材料
  • 電気化学界面
  • ナノ界面制御
  • 固体イオニクス

東 研究室

Azuma laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   極限プロセス分野

応用セラミックス研究所

研究内容
遷移金属酸化物は磁性、強誘電性、超伝導性などの様々な有用な機能を示します。我々はダイヤモンド合成に使われる高圧合成法や、単結晶基板をテンプレートとした薄膜法、水熱合成法などの手段を駆使して、加熱によって縮む負の熱膨張材料、環境に有害な鉛を排した圧電体、強磁性と強誘電性が共存する材料などの、新しい機能性酸化物を開拓しています。これらの性質は、結晶構造と深く結びついています。温度や圧力の変化によって機能が発現する際の、わずかな結晶構造変化を放射光X線や中性子線を用いて検知し、機能の発現メカニズムを解明します。こうして得られた情報からさらに新しい材料を設計、合成するというサイクルで研究を展開しています。非常に基礎的な低次元磁性体から、応用をにらんで企業と協力しての非鉛圧電体開発に至るまで、幅広い視点で材料の探索を行っています。

東 研究室

教員情報
  • 東 正樹 / アズママサキ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-904 号室
  • ポスト番号: R3-9
  • TEL: 045-924-5315
  • FAX: 045-924-5318
E-mail:
キーワード
  • 遷移金属酸化物
  • 強相関電子系
  • 磁性体
  • 強誘電・圧電体
  • 高圧合成
  • エピタキシャル薄膜

細田・稲邑研究室(2)

Hosoda & Inamura laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   高機能材料設計分野

精密工学研究所   基幹講座

研究内容
ライフ・グリーンをキーワードに,原子配列・結晶構造制御,多体相平衡設計,組織制御,複合材料設計などの原子・ナノ・マイクロレベルからマクロレベルまでの広いスケールでの材料設計手法と,各種電子顕微鏡を用いた組織解析を駆使して,新しい高機能・多機能材料を創造しています.対象材料は主に金属材料ですが,セラミックスやポリマーなど多種多様な材料も扱っています.現在では,特に,生体用形状記憶・超弾性材料,アクチュエータ材料,高温・エネルギー材料,磁性材料,チタン合金などを対象としています.

細田・稲邑研究室(2)

教員情報
  • 稲邑 朋也 / イナムラトモナリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-914 号室
  • ポスト番号: R2-27
  • TEL: 045-924-5058
  • FAX: 045-924-5058
E-mail:
キーワード
  • 形状記憶合金
  • 超弾性合金
  • マルテンサイト変態
  • 結晶学
  • 電子顕微鏡
  • エネルギー材料

稲木研究室

Inagi laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   反応ダイナミックス分野

研究内容
当研究室では高分子化学と電気化学の新しい境界領域を開拓しています。グリーンケミストリーの一翼を担う有機電解合成(有機化合物の電気化学的分子変換)の発展系である高分子の電解合成、電解反応を精力的に研究しています。電極反応を高度に操ることで、分子レベルから薄膜、バルクに至るまで有機・高分子材料の機能化が可能となります。例えば電極触媒(メディエーター)、傾斜表面・パターニング、エレクトロクロミック特性や導電性の発現など実用的な機能設計に注力しています。

稲木研究室

教員情報
  • 稲木 信介 / イナギシンスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-910 号室
  • ポスト番号: G1-2
  • TEL: 045-924-5407
  • FAX: 045-924-5407
E-mail:
キーワード
  • 有機電気化学
  • グリーンケミストリー
  • 機能性高分子
  • 導電性高分子
  • 電極触媒
  • 電解合成

加藤(之)研究室

Kato Laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境エネルギー工学講座

研究内容
エネルギーの高効率変換・利用技術の開発を通して、地球環境と人類への貢献を目指しています。とくに熱エネルギーの有効利用に注目し、化学反応を活用した技術開発に取り組んでいます。再生可能、原子力、産業排熱エネルギーなどを対象に、ケミカルヒートポンプ、炭素循環型エネルギーシステム、水素透過膜を用いた高効率水素製造システムなどを研究開発しています。

加藤(之)研究室

教員情報
  • 加藤 之貴 / カトウユキタカ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北1-302 号室
  • ポスト番号: N1-22
  • TEL: 03-5734-2967
  • FAX: 03-5734-2967
E-mail:
キーワード
  • エネルギー変換
  • エネルギー貯蔵
  • ケミカルヒートポンプ
  • 炭素循環型エネルギーシステム
  • 水素エネルギー
  • 原子力エネルギーシステム

平松研究室

Hiramatsu laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   電子活性物質講座

応用セラミックス研究所

研究内容
平松研究室では、超伝導体や半導体をはじめとする様々な機能性材料の探索を目的として、高品質なエピタキシャル薄膜を作製し、得られた高品質試料の光・電子・磁気的物性評価およびデバイス化を行っています。これまで、さまざまな新材料の世界初のエピタキシャル薄膜成長や、発光ダイオード・ジョセフソン接合・超伝導量子干渉素子(SQUID)などの機能デバイスを実現してきました。

平松研究室

教員情報
  • 平松 秀典 / ヒラマツヒデノリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3D-102 号室
  • ポスト番号: R3-3
  • TEL: 045-924-5855
  • FAX: 045-924-5855
E-mail:
キーワード
  • エピタキシャル薄膜成長
  • 光・電子・磁気的物性
  • 超伝導体
  • 半導体
  • 発光デバイス
  • ジョセフソン接合

中辻研究室

Nakatsuji laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   量子表面講座   表面物質分野

研究内容
固体表面においては、基板と蒸着する物質の様々な組み合わせにより、バルクとは異なる物性を示す、"表面新物質"ともいうべき多様な超構造を作り出すことができます。当研究室は平山研究室と協力し、金属あるいは半導体単結晶表面に1次元原子鎖や単原子層薄膜といったナノ構造を構築し、それらが示す低次元系特有の電子物性の解明に取り組んでいます。これには電子状態と原子構造の両方を理解することが必要で、角度分解光電子分光と走査トンネル顕微鏡を用いて研究を進めています。

中辻研究室

教員情報
  • 中辻 寛 / ナカツジカン
  • 職名: 准教授
  • 居室: J1-411 号室
  • ポスト番号: J1-3
  • TEL: 045-924-5619
  • FAX: 045-924-5685
E-mail:
キーワード
  • 表面物性
  • 表面・界面
  • ナノ構造
  • 角度分解光電子分光
  • 走査トンネル顕微鏡
  • 放射光

山口・田巻研究室

Yamaguchi Tamaki laboratory

化学環境学専攻   協力講座   化学環境プロセス設計講座

資源化学研究所

研究内容
燃料電池からバイオマテリアルまで、材料機能のシステム設計及び開発を行います。地球環境問題の解決、医療・医薬技術の進展には新しい機能材料が必要不可欠です。これらの分野では、単純でなく精緻で複雑な機能を示す材料機能が要求されます。高機能な化学システムは、最先端の分子物性とそれを統合する画期的なアイデアから生まれます。分子レベルの材料合成からプロセスまでを俯瞰的に考慮し、社会・地球に真に必要な科学技術を構築します。燃料電池、バイオマテリアルの創製を行い、持続発展可能な地球環境保全技術へと展開します。

山口・田巻研究室

教員情報
  • 田巻 孝敬 / タマキタカノリ
  • 職名: 講師
  • 居室: R1-610 号室
  • ポスト番号: R1-17
  • TEL: 045-924-5253
  • FAX: 045-924-5253
E-mail:
キーワード
  • エネルギー材料工学
  • 生体材料工学
  • 生物電気化学
  • 燃料電池
  • 機能材料システム
  • 化学工学

山本(浩)研究室

Yamamoto laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   電子化学LCA分野

研究内容
当研究室では新しい原理や手法を用いた次世代の有機エレクトロニクスを目指して研究を進めています。
主な研究内容は、
(1)有機超伝導トランジスタの開発
(2)モット転移トランジスタの高性能化
(3)超分子ナノワイヤーの結晶作製
です。単結晶材料の持つ周期性やバンド構造と、有機材料の柔らかさや低次元性を利用して、これまでにないエレクトロニクス材料の提案を行っていきます。

山本(浩)研究室

教員情報
  • 山本 浩史 / ヤマモトヒロシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 有機エレクトロニクス
  • 超分子化学
  • 強相関電子
  • 電界効果トランジスタ
  • 分子ナノデバイス
  • 超伝導

松川研究室

Matsukawa laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   電子化学LCA分野

研究内容
無機高分子や有機無機ハイブリッドは、従来の有機高分子や有機材料に見られない特性を有しており、機能材料として我々の生活に不可欠なものになっています。特に、ハイブリッド材料は、次世代の電子デバイスやオプトエレクトロニクスへの適用において大きな期待が持たれています。当研究室では、無機系ナノマテリアルを駆使した有機無機ハイブリッドを創製し、屈折率や発光を制御した光学材料、有機トランジスタやダイオードに応用可能な電子材料の開発を精力的に行っています。また、金属ナノ粒子と多孔体との複合化で、触媒機能を持ったカラムリアクターの開発研究も進めています。

松川研究室
教員情報
  • 松川 公洋 / マツカワキミヒロ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 有機無機ハイブリッド
  • ケイ素系高分子
  • ナノ材料
  • フォトポリマー
  • 光学材料
  • 発光材料

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 飯野 裕明 / イイノヒロアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J1-207 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5181
  • FAX: 045-924-5181
E-mail:
キーワード
  • 有機半導体
  • イメージングデバイス
  • 液晶
  • 薄膜トランジスタ
  • 印刷エレクトロニクス
  • 自己組織化

若林研究室

Wakabayashi laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   知的システムデバイス分野

研究内容
シリコンMOSFET技術を基礎に、アプリケーションを意識した低電力・高性能な知的システムデバイスの先行研究を行います。

若林研究室
教員情報
  • 若林 整 / ワカバヤシヒトシ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-1003 号室
  • ポスト番号: G2-22
  • TEL: 045-924-5594
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス
  • 集積回路
  • ナノデバイス
  • MOSFET
  • LSI

町田克之研究室

Katsuyuki Machida Laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   創造情報デバイス分野

研究内容
当研究室は、異種機能集積化技術の研究を行います。異種機能集積化技術とは、異種機能素子であるMEMSやセンサなどのデバイスとLSIなど、あらゆる階層、あらゆる特徴のあるデバイスとを融合することにより新機能のデバイスを実現することです。プロセス、回路、シミュレーション、実装と集積化に必要な新たな研究課題にチャレンジしています。

町田克之研究室
教員情報
  • 町田 克之 / マチダカツユキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: S2-406 号室
  • ポスト番号: S2-14
  • TEL: 045-924-5022
  • FAX: 045-924-5010
E-mail:
キーワード
  • MEMS
  • CMOS-MEMS
  • 統合設計技術
  • 異種機能集積化技術
  • MEMSセンサ
  • CMOSLSI

角嶋研究室

Kakushima laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   集積機能デバイス分野

研究内容
半導体と絶縁膜や金属の原子レベルの界面制御技術を用いて、材料のもつ本質的な性能を引き出す研究を行います。デバイス試作から解析、シミュレーションまで一貫して研究を行います。

角嶋研究室

教員情報
  • 角嶋 邦之 / カクシマクニユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: S2-708 号室
  • ポスト番号: S2-20
  • TEL: 045-924-5847
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス
  • 微細プロセス技術
  • メモリ

金研究室

Kim Laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   セキュアマイクロデバイス講座

研究内容

金研究室
教員情報
  • 金 俊完 / キムジュウンワン
  • 職名: 准教授
  • 居室: J3-1115 号室
  • ポスト番号: J3-12
  • TEL: 045-924-5035
  • FAX: 045-924-5097
E-mail:
キーワード
  • 機能性流体
  • 電界共役流体
  • マイクロポンプ
  • マイクロアクチュエータ