研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「 > なし」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

藤居研究室

Fujii laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質循環評価分野

研究内容
皆さんの身の回りにある携帯電話,パソコン,デジタルオーディオプレーヤーをはじめとする電気製品には,様々な配線材料が使用されています.配線材料の性質として,高導電性と高強度の両方が要求されることがしばしばあります.一般に相反する両方の性質を最適化するには,材料組織をナノサイズで制御することが不可欠となります.研究室では,材料の様々な物性の基本となる組織をナノの視点で探っています.

藤居研究室

教員情報
  • 藤居 俊之 / フジイトシユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1502 号室
  • ポスト番号: J2-45
  • TEL: 045-924-5674
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 電子・情報材料
  • ナノ構造
  • 磁性材料
  • ナノ材料評価
  • 疲労

毛利研究室

Mouri laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

宇宙航空研究開発機構

研究内容
私たちが宇宙で自由に活動できるようにするためには、簡単で着心地がよく安全な新しい宇宙服の出現が必要です。高真空耐性、宇宙放射線耐性、温度調整、生命維持、可動性、高機能性、機密性、エネルギー高効率性、デブリ防護性などに新技術をどこまでインテグレートできるか、次世代宇宙服の開発検討を行うことで「宇宙と地球、そして、人と社会の生命を繋ぐ」ことを目指しています。

毛利研究室

教員情報
  • 毛利 衛 / モウリマモル
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J2-1605 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用

依田研究室

Yoda laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

宇宙航空研究開発機構

研究内容
宇宙環境の特徴の一つである微少重力を利用して、新たな機能・物性を有する材料の創製、高精度熱物性計測、地上では対流等の存在のため理解が困難な現象の解明、高品質材料の製造条件の解明・製造、微粒子プラズマ物理の解明等を目指しています。

依田研究室

教員情報
  • 依田 眞一 / ヨダシンイチ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-518 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用

細田・稲邑研究室

Hosoda & Inamura laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   高機能材料設計分野

精密工学研究所

研究内容
ライフ・グリーンをキーワードに,原子配列・結晶構造制御,多体相平衡設計,組織制御,複合材料設計などの原子・ナノ・マイクロレベルからマクロレベルまでの広いスケールでの材料設計手法と,各種電子顕微鏡を用いた組織解析を駆使して,新しい高機能・多機能材料を創造しています.対象材料は主に金属材料ですが,セラミックスやポリマーなど多種多様な材料も扱っています.現在では,特に,生体用形状記憶・超弾性材料,アクチュエータ材料,高温・エネルギー材料,磁性材料,チタン合金などを対象としています.

細田・稲邑研究室

教員情報
  • 細田 秀樹 / ホソダヒデキ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-916 号室
  • ポスト番号: R2-27
  • TEL: 045-924-5057
  • FAX: 045-924-5057
E-mail:
キーワード
  • 形状記憶合金
  • 超弾性合金
  • マルテンサイト変態
  • 結晶学
  • 電子顕微鏡
  • エネルギー材料

久堀研究室

Hisabori laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境微生物工学講座

資源化学研究所 資源循環研究施設

研究内容
植物に代表される光合成生物は、太陽光エネルギーを生物が利用できる化学エネルギーに変換しています。つまり、光合成生物が地球上のエネルギーの流れの底辺を支えているのです。太古の昔、水を分解し酸素発生を行う光合成微生物が出現したことで大気中の酸素濃度が上昇し、その結果、呼吸によるエネルギー代謝を行う生物が出現し、陸上生物の爆発的な繁栄につながりました。私たちは、光合成微生物を中心に光合成生物のエネルギー変換機構とその調節機構を理解し、これを有用物質生産などの応用研究に発展させることを目指しています。

久堀研究室

教員情報
  • 久堀 徹 / ヒサボリトオル
  • 職名: 教授
  • 居室: R1 A-209 号室
  • ポスト番号: R1-8
  • TEL: 045-924-5234
  • FAX: 045-924-5268
E-mail:
キーワード
  • ATP合成酵素
  • 生体エネルギー変換
  • レドックス制御
  • チオレドキシン
  • 光合成微生物
  • 有用物質生産

藤井研究室

Fujii laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   電子分光化学講座

統合研究院

研究内容
20世紀は精密化の時代で、物理化学においても、複雑な現実の系にあるとわからない分子単体の性質を解明するために、極低温冷却や気相超音速分子線、レーザー分光を駆使して孤立分子の性質を追求してきました。また、理論化学/計算化学の進歩も理想的な孤立分子の性質を調べる上では大変強力な方法になりました。ここまで孤立分子の性質が分かってきた現在、孤立分子の性質や素過程の理解を進めつつ、複雑な現実の系の理解に挑戦するべきだと考えて研究を行っています。これに必要とされる新たな方法論の開拓も積極的に進めています。

藤井研究室

教員情報
  • 藤井 正明 / フジイマサアキ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-312 号室
  • ポスト番号: R1-15
  • TEL: 045-924-5250
  • FAX: 045-924-5250
E-mail:
研究分野
大分類 分科 細目
化学 基礎化学 物理化学
キーワード
  • 超音速ジェット
  • クラスター
  • 分子分光
  • ピコ秒時間分解分光
  • 超解像顕微鏡
  • 超高感度分析

酒井研究室

Sakai laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   電子分光化学講座

資源化学研究所 分光化学部門

研究内容
私たちは、2台以上のレーザーを同時に用いる様々なレーザー分光法を開発し、分子レベルでの構造と反応素過程を解明しています。このような測定法や方法論の開拓を主体とする化学(物理化学)は、化学に新分野を拓く可能性がある上、化学関連分野に対しても大きな発展性を有しています。今、私たちが最も力を入れて推進しているのが、2波長レーザー分光法と顕微鏡光学を融合して可能となる、物理限界を突破した高分解能光学顕微鏡・ナノ顕微分光への発展です。これにより、赤外線吸収のナノスケールマッピングの実現を目指しています。

酒井研究室

教員情報
  • 酒井 誠 / サカイマコト
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-310 号室
  • ポスト番号: R1-16
  • TEL: 045-924-5251
  • FAX: 045-924-5250
E-mail:
キーワード
  • 分子分光
  • 分子動力学
  • 分子構造
  • 電子・エネルギー移動
  • 顕微分光
  • 超高速分光

伊藤(満)研究室

Ito laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   超環境物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
我々のグループは、酸化物が織りなす多彩な物性の根元を調べています。我々は磁性、誘電性、イオン伝導性、電子伝導性、光学特性等、酸化物が示す性質を縦横無尽に俯瞰しながら研究テーマを捜し出し、セラミックスの性質を統一的かつ普遍的に理解するのに必要な新物質を合成し、自分でその性質を調べることに特徴があります。最近では、酸化物リチウムイオン伝導性のイオンの挙動、一次元磁性体の量子的性質、毒性元素を含まない新規圧電体の開発、同位体置換による強誘電性の制御、強誘電性の起源に関する研究、およびプローブ顕微鏡による磁性と誘電性の制御、等の研究に従事しています。

伊藤(満)研究室

教員情報
  • 伊藤 満 / イトウミツル
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-703 号室
  • ポスト番号: J2-19
  • TEL: 045-924-5354
  • FAX: 045-924-5354
E-mail:
キーワード
  • 結晶構造・組織制御
  • 電子物性
  • 機能性セラミックス
  • 誘電体
  • 磁性体
  • 磁性大勇で

細野研究室

Hosono laboratory

材料物理科学専攻   準協力講座   物質フロンティア講座

フロンティア研究機構

研究内容
本研究室は透明酸化物を舞台とする新しい電子機能材料を創りだすことに集中しています。「透明な電子回路」をつくる透明な酸化物半導体、有機ELディスプレイを駆動する高性能トランジスタと新しい透明半導体と透明金属の探索が一つの柱です。もう一つは、ありふれた元素を使い、ナノ構造を工夫することで、希少な元素を使わずに、有用な機能を実現を狙う「ユビキタス元素戦略」です。セメントを透明金属や超電導体に変身させたのは、その代表的な成果です。研究の考え方とその詳細は、次の新書をご覧ください。細野秀雄、神谷利夫「透明金属が拓く驚異の世界」(不可能に挑むナノテクの挑戦)サイエンスアイ新書(ソフトバンク、2006)。

細野研究室

教員情報
  • 細野 秀雄 / ホソノヒデオ
  • 職名: 教授
  • 居室: S2-502 号室
  • ポスト番号: R3-1
  • TEL: 045-924-5009
  • FAX: 045-924-5359
E-mail:
キーワード
  • 機能性セラミックス
  • 電子・情報材料
  • 新機能材料
  • 透明半導体
  • 化学機能材料

山田(哲)研究室

Yamada laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境材料工学講座

応用セラミックス研究所

研究内容
山田研究室では、鋼構造建築を主な研究対象として、(1)構成要素の現実的な履歴挙動に基づいた鋼構造多層骨組の弾塑性応答解析・鋼構造構成要素の動的破壊実験・地盤条件を考慮した地震入力の評価といった、入力地震動から構成材料・全体システムとしての耐震性能評価、(2)補修性の向上による長寿命化や、部材・材料のリユース・リサイクルによる環境負荷削減等の研究を幅広く行っています。

山田(哲)研究室

教員情報
  • 山田 哲 / ヤマダサトシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-704 号室
  • ポスト番号: J2-21
  • TEL: 045-924-5330
  • FAX: 045-924-5334
E-mail:
キーワード
  • 鋼構造
  • 地震防災
  • 構造材料
  • 耐震構造
  • 免震構造
  • 制震構造

篠原研究室

Shinohara laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境構造工学講座

応用セラミックス研究所

研究内容
コンクリートは高度成長期より社会資本の担い手として,これまでに約100億m3が製造されており,環境にも多くの問題点をもたらしています。したがって今後の鉄筋コンクリート造建物の耐震設計は,安全性能に関連する最大耐力の把握だけでなく,使用性能や修復性能に関連するひび割れ幅を抑制し,建物の高寿命化を図ることも重要となります。当研究室では鉄筋コンクリート構造物の耐震性・耐久性に大きな影響を及ぼすひび割れ挙動とその制御方法に関する基礎的な研究を行っています。

篠原研究室

教員情報
  • 篠原 保二 / シノハラヤスジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G5-604 号室
  • ポスト番号: G5-5
  • TEL: 045-924-5326
  • FAX: 045-924-5526
E-mail:
キーワード
  • 構造材料
  • コンクリート構造
  • 構造解析
  • 構造設計
  • 地震防災
  • 基礎構造

道岡研究室

Michioka laboratory

教員情報
  • 道岡 武信 / ミチオカタケノブ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G5-401 号室
  • ポスト番号: G5-15
  • TEL: 045-924-5505
  • FAX: 045-924-5516
E-mail:
キーワード
  • 環境流体力学
  • 環境モデル
  • 数値流体力学

奥山研究室

Okuyama laboratory

研究内容
奥山研究室の専門分野は「建築意匠,建築設計」です。建築デザインに関する研究と設計を並行して行っています。研究のテーマは「現代の建築家の建築論(住宅論,都市論,設計論)」を中心に「都市の立面」「空間のかたち」など,現代建築の意匠論的テーマを幅広く扱っています。また現代の建築環境を取り巻くさまざまなメディアを通した「建築のイメージに関する研究」も行っています。設計活動に関しては住宅設計が中心ですが,実施を前提とした設計競技にも大学院生を中心としたチームで積極的に参加しています。

奥山研究室

教員情報
  • 奥山 信一 / オクヤマシンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: 緑ヶ丘3-201A 号室
  • ポスト番号: G5-13
  • TEL: 03-5734-3488、045-924-5650
  • FAX: 03-5734-2815、045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 建築意匠
  • 建築設計
  • 建築論
  • 住宅論

篠野研究室

Sasano laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   人間環境評価講座   快適性評価分野

研究内容
研究室として現在力をいれている研究分野は東アナトリアの歴史的建築遺構に関する研究です。ただし、研究室に所属している学生の研究テーマは上記の研究分野に限らず、毎週の研究室でのゼミを通して、各人の興味のある都市史や建築史の分野から選んでいます。研究テーマを決める上で、研究室では建築史に限らず多様な分野の文献を購読し、問題点の発見と研究の方法等についてゼミで議論しています。また、研究分野によっては、博士課程からの学生も積極的に受け入れています。

篠野研究室

教員情報
  • 篠野 志郎 / ササノシロウ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-702 号室
  • ポスト番号: G3-9
  • TEL: 045-924-5604
  • FAX: 045-924-5651
E-mail:
キーワード
  • 西洋建築史
  • 都市史
  • 文化財

屋井研究室

Yai laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   人間都市計画講座   計画理論分野

研究内容
国土・都市計画および環境交通工学を専門とし,計画体系のありかたから市民参画プロセスの研究,航空交通システムから自転車の交通まで,地域や人々の生活・移動環境を改善するための幅広い研究とその実践とを行っている。研究方向で分類すれば,①国土や都市のモビリティと質の向上のための研究,②交通を取り巻く環境改善と安全向上の研究,③これら実現のための計画論や政策論の研究に分かれる。最近では,市民参画プロセスの実践と理論化,ドライビングシミュレータの開発と道路走行環境の解析,自転車走行空間の研究などがある。

屋井研究室

教員情報
  • 屋井 鉄雄 / ヤイテツオ
  • 職名: 教授
  • 居室: J3-1907 号室
  • ポスト番号: J3-26
  • TEL: 045-924-5615
  • FAX: 045-924-5675
E-mail:
キーワード
  • 交通計画
  • 土木計画額
  • 地域都市計画
  • 交通工学
  • 交通現象分析

室町研究室

Muromachi laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   人間都市計画講座   計画理論分野

研究内容
都市計画・交通計画・環境計画の3つをキーワードとして、ヒトの行動に対する理解を深めながら、都市環境・交通環境の改善に寄与すべく研究を行っています。好奇心と熱意にあふれた学生さんを募集しています。

室町研究室

教員情報
  • 室町 泰徳 / ムロマチヤスノリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-1002 号室
  • ポスト番号: G3-5
  • TEL: 045-924-5606
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 都市計画
  • 交通計画
  • 気候変動

翠川研究室

Midorikawa laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   人間都市計画講座   環境管理分野

研究内容
わが国は地震国であり,過去に多数の大きな地震災害を受けてきました.大地震の発生を防ぐことはできませんが,適切な地震防災対策を立てておくことにより,大きな地震災害の発生を防ぐことは可能です.当研究室では,事前準備,事前対策,直後対応,復興対応に関わる地震防災研究を進めていますが,その中でも特に事前準備に関わる地震被害想定の研究を積極的に進めています.適切な防災対策を立てる上で,大地震が発生した場合にどのような被害がどの場所にどの程度の規模で発生するのかをあらかじめ予測しておくことが必要となるからです.

翠川研究室

教員情報
  • 翠川 三郎 / ミドリカワサブロウ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-802 号室
  • ポスト番号: G3-3
  • TEL: 045-924-5602
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 地震工学
  • 地震防災
  • ハザードマップ

大野研究室

Ono laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   ニューフロンティア講座   特殊環境設計分野

研究内容
環境心理学の観点から都市・建築と人間の心理・行動との関わりを究明してし、科学的な根拠に基づいた生活環境のデザインを目指して研究しています。

大野研究室

教員情報
  • 大野 隆造 / オオノリュウゾウ
  • 職名: 教授
  • 居室: J3-2011 号室
  • ポスト番号: J3-28
  • TEL: 045-924-5613
  • FAX: 045-924-5492
E-mail:
キーワード
  • 環境知覚
  • 環境認知
  • 環境評価
  • 環境美学
  • 環境デザイン
  • 防災

元結研究室

Motoyui laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   ニューフロンティア講座   特殊環境設計分野

研究内容
元結研究室では、建築構造、特にドームに代表される大空間構造を研究対象としています。大空間構造によく用いられる曲面構造は力学的合理性を有しているのと同時に、形態的ダイナミックさも有している構造のひとつです。これをモチーフとして、その崩壊挙動についてコンピュータシミュレーションにより、崩壊要因やプロセスなどを明らかにしようとしています。また、最近は空間構造内部に着目し、実際に著しい地震被害が見られる天井の実験的および解析的研究を行っており、学会のみならず多方面に極めて重要な情報を発信しています。

元結研究室

教員情報
  • 元結 正次郎 / モトユイショウジロウ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-1104 号室
  • ポスト番号: G3-8
  • TEL: 045-924-5610
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 構造解析
  • 構造設計
  • 鋼構造
  • 建築工法

山田(常)研究室

Yamada laboratory

人間環境システム専攻   連携講座   人間環境評価講座   災害文化分野

総務省消防庁 消防大学校 消防研究センター 研究企画部

研究内容

山田(常)研究室
教員情報
  • 山田 常圭 / ヤマダトキヨシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-1110 号室
  • ポスト番号: G3-15
  • TEL: 045-924-5613
  • FAX: 045-924-5492
E-mail:
キーワード
  • 火災工学
  • 建築防火
  • 煙制御
  • 非難安全

坂田研究室

Sakata laboratory

人間環境システム専攻   協力講座   景観工学講座

環境理工学創造専攻   協力講座   環境安全工学講座

建築物理研究センター

研究内容
本研究室では、コンクリート系構造および木質構造の力学的挙動を知り、合理的な設計を可能にするための研究を行っています。最近では地球環境問題を意識しながら、これらの研究を進めています。これまで、多くの学生と接してきて強く感じていることは、“若いことはすばらしい!”ということです。若さの持つすばらしさは沢山ありますが、中でも最も強く感じるのは、本人の努力次第では、数ヶ月間で目を見張る程成長するということです。本研究室の出身者が全国で活躍してくれる。そんな研究室を学生とつくっていきたいと思っています。

坂田研究室

教員情報
  • 坂田 弘安 / サカタヒロヤス
  • 職名: 教授
  • 居室: R3-606 号室
  • ポスト番号: R3-18
  • TEL: 045-924-5395
  • FAX: 045-924-5396
E-mail:
キーワード
  • コンクリート系構造
  • 木質構造
  • 損傷制御

福田研究室

Fukuda laboratory

人間環境システム専攻   兼担

理工学研究科(工学系) 土木工学専攻

研究内容
交通基盤整備や規制政策の効果分析に供する目的で、交通行動データの統計解析、需要予測モデル高度化等について研究しています。交通政策プロセスや制度に関する研究なども新たに行う予定です。

福田研究室

教員情報
  • 福田 大輔 / フクダダイスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 緑ヶ丘5-204 号室
  • ポスト番号: M1-11
  • TEL: 03-5734-2577
  • FAX: 03-5734-3578
E-mail:
キーワード
  • 交通計画
  • 土木計画
  • 交通政策
  • 行動分析

宮本(文)研究室

Miyamoto laboratory

人間環境システム専攻   兼担

教育環境創造研究センター(建築学専攻 地域施設計画学講座)

研究内容
専門は、建築計画学と環境心理学です。研究では、主に学校施設(小、中、高等学校、大学)や地域施設(児童施設、集会施設、図書館等)を対象に、計画や設計で実務に役立つ成果を目指しています。科学的なデータ収集、記述、表現、分析にこだわり、統計学、心理学、認知科学等を参考に、物理環境情報(図形・配置・構成等)や心理的情報(言葉・行動等)について質的研究方法のアプローチを取り入れた独自の方法を模索しています。設計や建物が好きな人、心理学、教育、数学等に興味がある人、新しい研究に挑戦したい人を歓迎します。

宮本(文)研究室

教員情報
  • 宮本 文人 / ミヤモトフミヒト
  • 職名: 教授
  • 居室: 緑ヶ丘4-103 号室
  • ポスト番号: M1-46
  • TEL: 03-5734-2384
  • FAX: 03-5734-2999
E-mail:
キーワード
  • 計画論
  • 設計論
  • 学校建築計画
  • 地域施設計画
  • 環境心理学

河村研究室

Kawamura laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座   超高密度エネルギー分野

研究内容
当研究室では”高エネルギー密度プラズマ”をキーワードとして、理論・シミュレーション技術を核とした”非平衡プラズマ原子過程”と”プラズマの粒子的/流体的ダイナミクス”の関係解明に力を入れて研究を行っております。当研究室では、学生一名につき一テーマを担当し、おのおの独立に研究を進めています。積極的に研究テーマに取り組み、一つ一つ着実に理解を積み重ねて研究を推進していこうとする根気のある方で、プラズマシミュレーションに興味のある方は、一度、当研究室に見学に来てください。

河村研究室

教員情報
  • 河村 徹 / カワムラトオル
  • 職名: 講師
  • 居室: G3-311 号室
  • ポスト番号: G3-40
  • TEL: 045-924-5865
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
キーワード
  • プラズマ基礎
  • プラズマ物理
  • プラズマ原子過程
  • 原子スペクトル
  • プラズマシミュレーション

青木研究室

Aoki laboratory

創造エネルギー専攻   講座外担当

学術国際情報センター

研究内容
日本で断トツの性能を持つ東京工業大学・学術国際情報センターのスパコンTSUBAMEを駆使し、エネルギー・環境・防災など幅広い分野で解決しなければならない重要な問題をコンピュータ・シミュレーションで解析します。これらは学際的な複合科学であり,さまざまな分野への適用性と深い洞察力が必要です。GPUコンピューティングの大規模計算における最先端の研究をおこなっており、CUDAなどの新しいプログラミング環境でシミュレーションを行っています。今までより数10倍~100倍も高速化できるようになると未知の領域が開けてきて、実にエキサイティングです。画像は波が浅瀬に侵入し、砕波する二相流シミュレーション。

青木研究室

教員情報
  • 青木 尊之 / アオキタカユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 学国情セ(国際)301 号室
  • ポスト番号: 大岡山I7-3
  • TEL: 03-5734-3667
  • FAX: 03-5734-3276
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 計算力学
  • GPU コンピューティング
  • 多相流シミュレーション
  • スーパーコンピューティング
  • 防災シミュレーション

竹内研究室

Takeuchi laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境分子変換講座

資源化学研究所

研究内容
従来にない構造を有する高分子を合成すること、およびその分子量や立体構造を精密に制御することは、学術的にも実用上もきわめて重要であり、そのためには高分子合成のための新反応の開発が強く望まれます。パラジウム、コバルト等の後期遷移金属錯体触媒は、多様な基質を温和な条件下で選択性よく変換することから有機合成反応に広く用いられています。当研究室では、後期遷移金属錯体触媒を用いる新たな高分子合成反応の開発に成功しています。それによって、従来は合成が困難だった多数の新高分子化合物をうみだしています。

竹内研究室

教員情報
  • 竹内 大介 / タケウチダイスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-716 号室
  • ポスト番号: R1-4
  • TEL: 045-924-5231
  • FAX: 045-924-5224
E-mail:
キーワード
  • 高分子合成
  • 重合
  • 重合触媒
  • 有機金属触媒
  • 分子認識
  • 超分子

筒井研究室

Tsutsui laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   ナノ機能デバイス分野

研究内容
半導体デバイス、とりわけシリコン大規模集積回路は素子の微細化と集積規模の拡大によって極めて大きなそして急速な進歩を遂げてきた。その高度な技術的蓄積は将来に渡り我々の社会を支える基盤である。しかし、素子の寸法がナノメートルの領域に到達しつつある時代にはいり、従来型の微細化に頼るのみでは大きな発展は難しくなってきた。本研究室では、新しい材料技術、デバイス技術、プロセス技術でこの課題を切り開くブレークスルーの提案、ひいては技術のパラダイムシフトの誘導をめざして研究を進めている。研究テーマとしては、先の長いロングレンジの独自の研究から、近い将来の明確なターゲットを産学連携で推進するものまで、同時にとり組んでいる。

筒井研究室

教員情報
  • 筒井 一生 / ツツイカズオ
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1103 号室
  • ポスト番号: J2-69
  • TEL: 045-924-5462
  • FAX: 045-924-5462
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス・集積回路
  • 電子・電気材料(半導体)

大見研究室

Omi laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   知的システムデバイス分野

研究内容
極微細化・高集積化が加速するCMOS-LSI の、超高速化・低消費電力化に有望であるSOI-MOSFET の高精度・高信頼性プロセスを確立する。

大見研究室

教員情報
  • 大見 俊一郎 / オオミシュンイチロウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1204 号室
  • ポスト番号: J2-72
  • TEL: 045-924-5481
  • FAX: 045-924-5481
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス・集積回路
  • 微細プロセス技術

伊藤(治)研究室

Ito laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   機能量子場分野

研究内容
原子光学の進歩によって、物質の基本構成単位である原子の運動を光を用いて制御できるようになってきました。しかし従来の伝搬光を用いた手法では回折効果によって制御精度が使用する光の波長程度と低いものになってしまい、ナノ微小構造物作製などへの応用は困難でした。本研究室では、ナノオーダーの高い制御精度を達成するために、光近接場と呼ばれるナノ寸法の局在光を駆使して、原子を制御・操作する研究に取り組んでいます。

伊藤(治)研究室

教員情報
  • 伊藤 治彦 / イトウハルヒコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-1111 号室
  • ポスト番号: G2-23
  • TEL: 045-924-5459
  • FAX: 045-924-5588
E-mail:
キーワード
  • 原子光学
  • ナノ制御
  • 光エレクトロニクス
  • ナノプローブ

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 半那 純一 / ハンナジユンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-205 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5176
  • FAX: 045-924-5175
E-mail:
キーワード
  • 液晶
  • 有機半導体
  • 結晶成長
  • 電機・電子材料(半導体)
  • イメージング材料
  • 半導体薄膜物性

小俣研究室

Omata laboratory

メカノマイクロ工学専攻   基幹講座   機能創造講座

研究内容
ロボットに対する期待とニーズが高まっており,人間に代わるような高度技能を持つロボット,人間の手が届かない所で作業ができるロボット,人間を支援するロボットなどが求められている.本研究室ではこれらを念頭に,器用な物体操作や大把持力の出力が可能な独自の高性能高機能ロボットハンドの研究開発を行っている.また医工連携を推進し,腹腔内組立式という新しい概念を提案し,腹腔鏡下手術で利用可能な縫合器や術者の手のようなロボットハンドの研究開発を推進している.さらに,これらから発展した研究も行っている.

小俣研究室

教員情報
  • 小俣 透 / オマタトオル
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-904 号室
  • ポスト番号: G5-27
  • TEL: 045-924-5467
  • FAX: 045-924-5442
E-mail:
キーワード
  • ロボティックス
  • 医用ロボット
  • メカトロニクス
  • 知能ロボット
  • 運動制御

北條研究室

Hojo laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   極限デバイス講座

精密工学研究所

研究内容
機械システムの低騒音・低振動化や高効率化に関連した研究を行っている.主な対象は歯車装置であって,動力源と負荷の特性を整合させる役割がある.原動機が小形,高速化し,従来にも増して必須の要素となっているが,振動騒音の問題が逆に顕在化する.このため,振動・騒音の計測と診断ならびに音源の可視化,音の放射の推定法に関連した研究を行っている.主として実験を中心にして,高能率潤滑油供給法のための流れの可視化に関する研究も行っている.本研究室は松村研究室と共同で運営している.

北條研究室

教員情報
  • 北條 春夫 / ホウジョウハルオ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-414 号室
  • ポスト番号: R2-33
  • TEL: 045-924-5078
  • FAX: 045-924-5079
E-mail:
キーワード
  • 機械要素
  • 故障診断
  • 振動解析・試験
  • 音響情報・制御
  • 音響エネルギー
  • 動的設計

香川研究室

Kagawa laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
機械システムの高度な制御のためには制御理論の確立,システムを構成するアクチュエータやセンサの研究,さらには適切なシステム設計および特性解析が非常に重要である.本研究室では機械システムのアクチュエータとして頻繁に用いられる空気圧システムや,ガスの製造,製鉄などのプロセス制御における,これらの諸問題について研究を行っている.具体的には,空気圧システムの解析と省エネルギー評価,気体の高速非定常流量計測,都市ガス供給システムの特性解析,プロセス制御機器に関する研究,空気ばね式除振台の制御などの研究を進めている.

香川研究室

教員情報
  • 香川 利春 / カガワトシハル
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-417 号室
  • ポスト番号: R2-45
  • TEL: 045-924-5485
  • FAX: 045-924-5486
E-mail:
キーワード
  • 圧縮性流体力学
  • 空気圧縮器
  • 流体計測
  • プロセス計測制御
  • 制御機械

矢部研究室

Yabe laboratory

メカノマイクロ工学専攻   準連携講座   機能創造講座   機械量子工学分野

産業技術総合研究所

研究内容
エネルギー・地球環境分野の技術シーズとなるマイクロ・ナノ機能広域発現技術
に関する研究、 および機械量子分子工学・ナノ加工・ナノ構造体創製技術に関する研究

矢部研究室
教員情報
  • 矢部 彰 / ヤベアキラ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G2-312 号室
  • ポスト番号: G2-24
  • TEL: 045-924-5475
  • FAX: 045-924-5172
E-mail:
キーワード
  • 熱・物質移動
  • 数値流体力学

吉田(和)研究室

Yoshida laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   先端メカトロニクス講座

精密工学研究所

研究内容
高機能化制御システムの一つとして高出力マイクロマシンの実現を目指し,ミリメータサイズの流体駆動形マイクロマシンの研究をすすめている.電界印加で著しく粘度が増大する均一系ER流体などの機能性流体を応用し,マイクロ化により増大する機械加工誤差の影響を低減したマイクロバルブ,高出力化を図った圧電マイクロポンプ,および高機能マイクロアクチュエータなどの高機能要素の開発,統合・集積化,および管内作業マイクロマシンなどへの応用を横田教授と共同して試みている.

吉田(和)研究室

教員情報
  • 吉田 和弘 / ヨシダカズヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-218 号室
  • ポスト番号: R2-42
  • TEL: 045-924-5011
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • マイクロメカトロニクス
  • アクチュエータ
  • 機能性流体
  • 機能要素
  • マイクロバルブ
  • マイクロポンプ

松村研究室

Matsumura laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座   極限デバイス講座

精密工学研究所

研究内容
人間が快適に生活する上で機械装置の低振動・低騒音化が求められているが,そのために重量の増加を招くことが多く省資源化・省エネルギー化をも考慮する必要がある.本研究室は北條教授と共同運営で,自動車のトランスミッションに代表される動力伝達系を振動系としてより精密に把握し,効率的な低振動化設計法の確立することを目指す.また,振動・騒音問題が発生した場合の診断手法や,動力伝達系に適用するための振動低減デバイスの開発も行なっている.

松村研究室

教員情報
  • 松村 茂樹 / マツムラシゲキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-416 号室
  • ポスト番号: R2-34
  • TEL: 045-924-5041
  • FAX: 045-924-5977
E-mail:
キーワード
  • 振動学
  • 振動解析・試験
  • 振動制御

石井研究室

Ishii laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   知能システム基礎講座   言語情報学分野

研究内容
インターネットや無線通信に代表される情報通信技術の発展により,システム制御の分野においても,広域のエージェントが効率的に通信を活用して複雑な制御目的を達成することが可能になりつつあります.このような「ネットワーク化制御系」においては,制御と情報・通信という2分野が新しい形で結びつきます.例えば,限られた通信量でいかに高性能な制御を行うか?が本質的かつ理論的に深い問いとなります. 本研究室では,こうした通信路を介した制御系に関して,理論面での基礎課題から応用を視野に入れた設計手法まで,システム論的なアプローチを用いて幅広く取り組んでいます.

石井研究室

教員情報
  • 石井 秀明 / イシイヒデアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1802 号室
  • ポスト番号: J2-54
  • TEL: 045-924-5371
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 制御理論
  • システム理論
  • 制御システム
  • ネットワーク化制御
  • ハイブリッド制御

宮下研究室

Miyashita laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   創発システム講座   創発的機能形成分野

研究内容
我々は,目の前のコップをつかむ,コンピュータ画面上のカーソルをマウスで操作する,といった動作を随意に遂行することができます.このような動作を遂行する機構は,身体各部位および外部環境との相互作用を通じて脳が獲得したものです.脳のこのような優れた創発能力を理解することを最終目標として,数値実験・動物実験・心理物理実験などの実験結果をもとに解析を行っています.現在,視覚情報を手がかりにした手の到達運動の制御機構および運動学習の神経機構を研究中です.

宮下研究室

教員情報
  • 宮下 英三 / ミヤシタエイゾウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-1114 号室
  • ポスト番号: G3-51
  • TEL: 045-924-5573
  • FAX: 045-924-5681
E-mail:
キーワード
  • 神経情報処理
  • 行動神経科学
  • 非侵襲的脳活動計測
  • 運動系神経生理学
  • 高次神経機能

奥村研究室

Okumura laboratory

精密工学研究所

物理情報システム専攻   協力講座   生体情報システム講座

研究内容
奥村研究室では,ことばを計算機で処理する技術に関する研究と,その技術を用いた応用システムの開発を行なう.ことばの理解というテーマでは,これまで研究が難しいとされている,意味,文脈理解を中心に行なっていきたい.それと同時に,世の中で役に立ちそうなシステムの開発も行なっていきたい.具体的には,テキストの自動要約,テキストをわかり易く「言い替える」,テキストを他のメディア(音声,アニメーション)へ変換して提示するなど,テキストを「わかりやすく」提示する技術,WWW上の情報に対するテキストマイニング、 障害者のコミュニケーション支援のためのシステムを開発していきたい.

奥村研究室

教員情報
  • 奥村 学 / オクムラマナブ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-720 号室
  • ポスト番号: R2-7
  • TEL: 045-924-5067
  • FAX: 045-924-5295
E-mail:
キーワード
  • 自然言語処理
  • テキストマイニング
  • WWW
  • 機械学習
  • 情報検索
  • 知識獲得

合田研究室

Aida laboratory

物理情報システム専攻   連携講座   新機能情報システム講座   知的情報システム分野

国立情報学研究所

研究内容
本研究室では、プログラムを分割して複数の計算機に計算を分担させる並列計算技術や、インターネット等のネットワークに接続された計算機を融合して計算を行うグリッドコンピューティング技術など、多数の計算機やネットワークを駆使しながらハイパフォーマンスコンピューティングを実現するための研究を行っています。

合田研究室

教員情報
  • 合田 憲人 / アイダケント
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G2-1013 号室
  • ポスト番号: G2-5
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 並列計算
  • グリッドコンピューティング
  • スケジューリング

前島研究室

Maejima laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   新機能情報システム講座   高機能情報システム分野

研究内容
前島研究室では、マイクロプロセッサのアーキテクチャ研究を行なっています。大規模マルチコアチップ実現のため、チップ構成、低消費電力制御方式などを、応用毎に構造を変えられる可変構造マイクロプロセッサ実現のため、多数の演算プロセッサエレメントの演算機能とエレメント間接続をリアルタイムで再構築する技術を中心に研究しています。これらの研究は、ハードウェア、ソフトウェア両面から行っています。最近では、これらのチップを用いたアプリケーションプログラム開発を効率よく行う統合開発環境についても手掛けています。

前島研究室

教員情報
  • 前島 英雄 / マエジマヒデオ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-716 号室
  • ポスト番号: G2-28
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 計算機アーキテクチャ
  • ハードウェア設計
  • 並列計算機

井田研究室

Ida laboratory

物理情報システム専攻   連携講座   新機能情報システム講座   知的情報システム分野

東芝研究開発センター

研究内容
カオスあるいはフラクタルといった複雑な現象はこれまでそれ自体が興味の対象として研究されてきましたが、これら多様性に富む現象を能動的にコントロールすることで、従来にない優れた画像処理や映像表現を実現できると考えています。それに向けてまず、非線形ダイナミカルシステムを用いて画像から被写体を高精度で抽出するアルゴリズムを開発し、その抽出結果を利用した新しい映像合成システムの実現を目指しています。

井田研究室
教員情報
  • 井田 孝 / イダタカシ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G2-504 号室
  • ポスト番号: G2-15
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 信号処理
  • 画像情報処理
  • 画像符号化
  • フラクタル

中村(健)研究室

Nakamura laboratory

物理情報システム専攻   協力講座   波動応用システム講座

精密工学研究所   波動応用デバイス

研究内容
超音波や光を使って、他の方法では実現できないセンサ、計測、アクチュエータの開発を行っています。例えば、地震のときの建物のひずみ分布を記憶している光ファイバセンサ、圧電超音波振動でスライダを浮上させた非接触テーブル、弁の無い超音波ポンプ、蒸着重合圧電高分子膜を用いたセンサ、音場をその場で可視化する装置など、独自アイディアによる基礎技術開発テーマ50%とそれを基にした企業等との共同研究テーマ50%があります。これらを学生1名が1つの独立したテーマを担当して研究を推し進めています。

中村(健)研究室

教員情報
  • 中村 健太郎 / ナカムラケンタロウ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-718 号室
  • ポスト番号: R2-26
  • TEL: 045-924-5052
  • FAX: 045-924-5091
E-mail:
キーワード
  • 波動利用工学
  • 超音波工学
  • 圧電デバイス
  • センシング
  • 光センシング
  • 音響エネルギー

伊東研究室

Ito laboratory

物理情報システム専攻   協力講座   離散情報システム講座

像情報工学研究所

研究内容
組合せ離散数学の応用と離散アルゴリズムの設計と解析の研究を行っています。具体的には、確率的手法・代数的手法などを駆使して、離散構造の解析と効率的なアルゴリズムの設計と解析、またその効率化の限界の解明を行っています。最近の成果としては、代数的手法を用いた近似的最小値独立置換族のサイズ下界の導出、予算制限のある中での最大クリック獲得のための広告戦略の最適化、多数の顧客に対する最適な商品価格設定手法、多数のユーザと多数の商品の最適マッチングの存在条件の導出などがあります。

伊東研究室

教員情報
  • 伊東 利哉 / イトウトシヤ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-1013 号室
  • ポスト番号: G2-21
  • TEL: 045-924-5197
  • FAX: 045-924-5197
E-mail:
キーワード
  • 計算量理論
  • アルゴリズム理論
  • 離散構造

五十嵐研究室

Igarashi laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   量子表面講座   量子材料分野

日本電気中央研究所

研究内容

五十嵐研究室
教員情報
  • 五十嵐 信行 / イガラシノブユキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

馬場・本倉研究室

Baba Motokura laboratory

化学環境学専攻   連携講座   環境プロセス化学講座   環境分解化学分野

研究内容
馬場・本倉研究室と協力して化学環境学を担当しています。
脱石油と言われながら、エネルギーの40%は石油に依存しています。
触媒を切り口に、この貴重な石油資源を大切に、効果的に、かつ環境にもやさしく利用する研究を行って行きます。
JXエネルギー(株)在職の経験に基づき、工業化までのスケールアップ過程についても講義しています。
写真は、JXエネルギーが開発したガソリンの脱硫プロセスROK-Finerです。
このプロセスは、日本化学会化学技術賞や全国発明協会内閣総理大臣賞を受賞しました。

馬場・本倉研究室

教員情報
  • 畑中 重人 / ハタナカシゲト
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-312 号室
  • ポスト番号: G1-20
  • TEL: 045-924-5480
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 触媒
  • 環境化学
  • エネルギー
  • 石油
  • 水素化脱硫
  • 水素

馬場・本倉研究室

Baba Motokura laboratory

化学環境学専攻   連携講座   環境プロセス化学講座   環境分解化学分野

独立行政法人理化学研究所

研究内容
馬場・本倉研究室と協力して、触媒に関する研究を行っています。環境にやさしい新しい触媒反応を探究し、有用な化合物の合成に応用することを目差しています。医薬品・農薬・香料・染料・液晶・化学繊維・プラスチック等として私たちの生活に欠かせない有機化合物は、石油などの天然資源から化学反応によって合成されています。貴重な天然資源から効率良くこれらの製品を作るためには、新しい化学反応の開発が必要です。特に、環境負荷の少ない触媒反応の開発は、明るい未来に向けての重要な課題のひとつです。

馬場・本倉研究室

教員情報
  • 坂本 康治 / サカモトヤスハル
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G1-312 号室
  • ポスト番号: G1-20
  • TEL: 045-924-5480
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 触媒化学
  • 有機合成化学

吉沢研究室

Yoshizawa laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境材料化学講座

研究内容
タンパク質からなる生体カプセルやフラーレンのような人工カプセルを模倣して、芳香環で囲まれたナノサイズ空間を有する新規な超分子の構築を行っています。また、その超分子ナノ空間を活用して、従来の溶液や固体中では見られない新しい化学現象の創出を目指しています。さらに、光機能性材料への応用にも挑戦しています。

吉沢研究室

教員情報
  • 吉沢 道人 / ヨシザワミチト
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-218 号室
  • ポスト番号: R1-28
  • TEL: 045-924-5284
  • FAX: 045-924-5230
E-mail:
キーワード
  • 超分子化学
  • 分子カプセル
  • 分子認識

岡田(清)研究室

Okada laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   相乗機能物質講座

理工学研究科(工学系) 材料工学専攻

研究内容

岡田(清)研究室
教員情報
  • 岡田 清 / オカダキヨシ
  • 職名: 教授
  • 居室: 大岡山南7号館709 号室
  • ポスト番号: S7-7
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

吉永研究室

Yoshinaga laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   材料構造機能講座   材料応答分野

新日本製鐵株式会社 鉄鋼研究所鋼材第一研究部薄板グループ

研究内容

吉永研究室
教員情報
  • 吉永 直樹 / ヨシナガナオキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

熊倉研究室

Kumakura laboratory

人間環境システム専攻   連携講座   ニューフロンティア基礎講座   新空間居住分野

研究内容
魅力的なまちなみを保全・再生することを目的とした研究を行います。既存のまちなみや道の調査、まちの歴史の調査を行い、それらの分析を通じて、まちの魅力を探ります。そしてその成果をもとに今後のまちづくりの指針をつくり、具体的な建築の設計に活かします。このように調査、研究、設計という一連の作業を具体的に行うことで、魅力的なまちづくりのノウハウを学びます。今年度から古都・鎌倉を対象に研究を行います。

熊倉研究室
教員情報
  • 熊倉 洋介 / クマクラヨウスケ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G3-702 号室
  • ポスト番号: G3-15
  • TEL: 045-924-5604
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • まちなみ
  • まちづくり
  • 建築設計
  • 鎌倉

石橋研究室

Ishibashi laboratory

研究内容
これまでの半導体微細加工技術の進展により、数十ナノメートル程度の構造の作製が可能となりました。このスケールは電子の特徴的な長さである平均自由行程や波長と同程度であるため、電子の量子的な性質が顕著に表れるようになります。本研究室では、ナノ構造における電子の量子的な性質を制御した新しいナノデバイスの原理となる物理現象を探索し、そのデバイスとしての機能性を実証する研究を行っています。特に、現在の技術では作製が困難なサブ10nm級ナノ構造をもつカーボンナノチューブや半導体ナノワイア等をBuilding Blockとし、電子を微小な領域に閉じこめた量子ドットや超伝導材料を組み合わせ、将来のナノエレクトロニクスに資する新機能デバイスの開発に取り組んでいます。

石橋研究室
教員情報
  • 石橋 幸治 / イシバシコウジ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G2-30
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 固体電子工学
  • ナノ構造作製プロセス
  • ナノデバイス工学

長谷川研究室

Hasegawa Laboratory

創造エネルギー専攻   連携講座   エネルギー環境講座   高質エネルギーネットワーク分野

産業技術総合研究所

研究内容
地球温暖化の抑制のために,エネルギー消費量の伸びが著しい民生用家庭部門におけるシステム的な省エネルギー化を目指して,コジェネレーションを主とした小型分散型エネルギーシステムに関する研究を行っている。

長谷川研究室

教員情報
  • 長谷川 裕夫 / ハセガワヤスオ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-424 号室
  • ポスト番号: G3-42
  • TEL: 045-924-5659
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

金森研究室

Kanamori Laboratory

創造エネルギー専攻   兼担

理工学研究科(理学系)物性物理学専攻   基幹講座   分子物理学講座

研究内容
レーザーやマイクロ波のように周波数と位相のそろったコヒーレントな電磁波を用いた極限的分光計測法の開発し、それを分子分光測定に適用しています。超精密計測による自然科学の根本原理の検証(物理学的)や物質の量子位相を操作(量子情報処理)目指す一方、励起状態分子の構造や反応・緩和ダイナミクスを追跡し (化学的)、さらにその結果を環境科学から天文学に渡る様々な分野に応用する研究を行っています。

金森研究室

教員情報
  • 金森 英人 / カナモリヒデト
  • 職名: 准教授
  • 居室: 大岡山S5-415 号室
  • ポスト番号: S5-7
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 励起状態分子
  • 分子冷却
  • レーザーの完全位相安定化
  • 超高分解能分子分光
  • 分子qubit
  • 大気環境分子の実験室分光

齊藤研究室

Saito Laboratory

原子炉工学研究所 システム・安全工学部門   協力講座   エネルギー社会学分野

創造エネルギー専攻   兼担

研究内容

齊藤研究室
教員情報
  • 齊藤 正樹 / サイトウマサキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 北2号館323 号室
  • ポスト番号: N1-7
  • TEL: 03-5734-3060
  • FAX: 03-5734-2959
E-mail:
キーワード
  • 核不拡散科学技術
  • 原子力安全工学
  • プルトニウム
  • 核廃棄物

錦澤研究室

Nishikizawa laboratory

環境理工学創造専攻   基幹講座   社会環境講座   環境政策・計画分野

研究内容
持続可能な社会(Sustainable Society)の実現を目指し、環境政策・計画の観点から調査・研究しています。具体的には、風力発電や地熱発電などの再生可能エネルギー導入における環境配慮の仕組みとして環境アセスメント制度のあり方、社会的受容性(Public Acceptance)を高める市民参加や合意形成手法の開発を目指しています。これらは欧米先進国で取り組みが進んでおり、海外で先行する事例調査なども積極的に進めています。

錦澤研究室

教員情報
  • 錦澤 滋雄 / ニシキザワシゲオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G5-304 号室
  • ポスト番号: G5-12
  • TEL: 045-924-5540
  • FAX: 045-924-5556
E-mail:
キーワード
  • 環境アセスメント
  • 再生可能エネルギー
  • 市民参加
  • 合意形成

山田誠二研究室

YAMADA Seiji Lab.

知能システム科学専攻   連携講座   知能システム基礎講座   情報学フロンティア

国立情報学研究所

研究内容
HAI:ヒューマンエージェントインタラクションと知的インタラクティブシステムを研究しています.HAIでは,人とロボット,エージェントがうまく協調作業をやって行くには,それらの間のインタラクションをどのようにデザインすればいいか,またエージェントはどのような機能(学習,適応)を持てばよいのか,そのアルゴリズム,実装方法を研究しています.また,知的インタラクティブシステムでは,できるだけ負担の少ないユーザフィードバックで最大限のパフォーマンスをあげるための,インタラクティブデータマイニング,制約クラスタリング,制約獲得のためのGUIを研究しています.

山田誠二研究室

教員情報
  • 山田 誠二 / ヤマダセイジ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • ヒューマンエージェントインタラクション
  • 知的インタラクティブシステム
  • 人工知能
  • エージェント

高村研究室

Takamura laboratory

知能システム科学専攻   協力講座   知覚認識機構講座

精密工学研究所

研究内容
高村研究室では、人間の言語を研究対象としています。単語や文法体系の構造を、統計的な手法を用いて解明するという、理学的な問題に挑戦しています。また、人間によって書かれたテキストをいかにして処理するかという工学的な問題についても研究を進めています。具体的な応用先としては、テキストに表現される感情を扱う感情情報処理や、大量の文書を簡潔にまとめる自動要約などがあります。

高村研究室

教員情報
  • 高村 大也 / タカムラヒロヤ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-814 号室
  • ポスト番号: R2-7
  • TEL: 045-924-5015
  • FAX: 045-924-5295
E-mail:
キーワード
  • 計算言語学
  • 自然言語処理
  • テキストマイニング
  • 機械学習

長谷川(晶)研究室

S. Hasegawa laboratroy

知能システム科学専攻   協力講座   神経情報演算講座

精密工学研究所

研究内容
情報システムを生活や楽しみを含む我々の暮らしに活かすためには、情報世界を魅力的にするバーチャルリアリティ技術と、情報世界を我々のいる現実世界と繋ぐヒューマンインタフェースが重要になる。
長谷川(晶)研究室では、実世界の現象や作業を情報世界に再現するリアルタイムシミュレーション、人や動物などを情報世界に登場させるバーチャルヒューマン、触感を伝える力触覚インタフェースを中心にバーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェースの研究を進めている。

長谷川(晶)研究室

教員情報
  • 長谷川 晶一 / ハセガワショウイチ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-624 号室
  • ポスト番号: R2-20
  • TEL: 045-924-5049
  • FAX: 045-924-5049
E-mail:
キーワード
  • バーチャルリアリティ
  • ヒューマンインタフェース
  • 動力学シミュレーション
  • 力触覚
  • エンタテインメント工学

高橋研究室

Takahashi Laboratory

人間環境システム専攻   連携講座   ニューフロンティア講座   特殊構造要素分野

研究内容
沿岸域における防災の研究を行っています。沿岸域は自然に恵まれ、経済活動も盛んなところですが、津波や高潮などの自然災害による危険性も高いところで、日本をはじめアジア太平洋の諸国では、毎年のように沿岸域で大きな災害が発生しています。当研究室では、港や海岸における津波などの災害の予測技術、対策技術について研究しています。    
なお、当研究室の主たる活動場所は、神奈川県横須賀市の(独)港湾空港技術研究所にあり、所内の研究施設を利用して研究を行います。

高橋研究室

教員情報
  • 高橋 重雄 / タカハシシゲオ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-806 号室
  • ポスト番号: G3-15
  • TEL: 045-924-5618
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 沿岸防災
  • 津波
  • 高潮
  • 高波
  • 海洋エネルギー

高山研究室

Takayama laboratory

メカノマイクロ工学専攻   基幹講座   機能創造講座

研究内容
本研究室は小俣研究室から分派した研究室です.ロボティクス・メカトロニクス技術は工場等の隔離された空間で利用されるだけではなく,人の生活空間を動き回ったり人に対して使われる道具に利用される様になってきました.こうしたニーズを捉え,本研究室は機構によって機械に新たな機能を持たせたり,性能を向上させたりさせる研究を行っています.また医工連携も行っており,東京医科歯科大学と共同で腹腔内組立式器具等の医療機器の開発も行っています.

高山研究室

教員情報
  • 高山 俊男 / タカヤマトシオ
  • 職名: 講師
  • 居室: G5-910 号室
  • ポスト番号: G5-27
  • TEL: 045-924-5468
  • FAX: 045-924-5468
E-mail:
キーワード
  • ロボティクス
  • メカトロニクス
  • 医用機器
  • 移動ロボット

本間研究室

Honma laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   知能システム基礎講座   理化学フロンティア分野

理化学研究所

研究内容
私たちの生命活動は、タンパク質を中心とした多くの生命分子が担っています。研究室では、タンパク質の機能を制御する分子を設計する研究を行っており、発見した「制御分子」は、創薬へ結びつくことはもちろん、生命分子システムを理解するための「ツール」として、大きな役割を果たします。設計技術としては、分子モデリング理論に基づいた方法と統計理論に基づいた機械学習予測を融合し、タンパク質のX線構造や阻害剤情報など、既知の情報を最大限活用することを目指しています。

本間研究室
教員情報
  • 本間 光貴 / ホンマテルキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL: 045-503-9433
  • FAX: 045-503-9432
E-mail:
キーワード
  • 計算化学
  • ケモインフォマティクス
  • タンパク質の構造に基づく医薬品設計
  • 分子シミュレーション

細田・稲邑研究室(2)

Hosoda & Inamura laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   高機能材料設計分野

精密工学研究所   基幹講座

研究内容
ライフ・グリーンをキーワードに,原子配列・結晶構造制御,多体相平衡設計,組織制御,複合材料設計などの原子・ナノ・マイクロレベルからマクロレベルまでの広いスケールでの材料設計手法と,各種電子顕微鏡を用いた組織解析を駆使して,新しい高機能・多機能材料を創造しています.対象材料は主に金属材料ですが,セラミックスやポリマーなど多種多様な材料も扱っています.現在では,特に,生体用形状記憶・超弾性材料,アクチュエータ材料,高温・エネルギー材料,磁性材料,チタン合金などを対象としています.

細田・稲邑研究室(2)

教員情報
  • 稲邑 朋也 / イナムラトモナリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-914 号室
  • ポスト番号: R2-27
  • TEL: 045-924-5058
  • FAX: 045-924-5058
E-mail:
キーワード
  • 形状記憶合金
  • 超弾性合金
  • マルテンサイト変態
  • 結晶学
  • 電子顕微鏡
  • エネルギー材料

齋藤(智)研究室

biopreparedness laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   創発システム講座   創発社会システム分野

国立保健医療科学院

研究内容
1.バイオセキュリティ
・生物剤・生命工学の悪用防止に関する研究

2.公衆衛生危機管理
・シミュレーション疫学と健康危機管理への活用
・健康危機管理に資する対抗医薬品の事前準備体制の構築
・生物・化学テロ対策研究開発に関する調査とネットワーキング

3.感染症疫学
・伊豆大島におけるインフルエンザ流行疫学調
・天然痘ワクチンに関する疫学研究

齋藤(智)研究室

教員情報
  • 齋藤 智也 / サイトウトモヤ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • バイオセキュリティ
  • 公衆衛生危機管理
  • 感染症疫学

末松研究室

Suematsu laboratory

人間環境システム専攻   連携講座   人間都市計画講座   都市システム分野

研究内容
末松研究室では、都市施設における緊急時の安全性と通常時の効率性の評価を研究対象としています。
駅や高層ビル、商業施設などの都市施設における不特定多数の人達を安全でスムーズなソフト的ハード的対策を支援するシミュレーションの必要性が高まっています。
当研究室では、特に、震災や火災時における都市施設内の数千人、数万人の人達を限られた資源と時間で最適な避難誘導方法を検討する群集シミュレーション技術の向上を重要課題として研究開発を行っています。
また、最近では施設内の人の行動特性を踏まえた省エネシステムの開発も行っています。

末松研究室

教員情報
  • 末松 孝司 / スエマツタカシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-1104 号室
  • ポスト番号: G3-12
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 群集シミュレーション
  • 避難行動
  • 集客施設
  • 省エネシステム
  • データ収集解析
  • 最適化処理

平田研究室

Hirata Laboratory

人間環境システム専攻   人間都市計画講座   都市システム分野

研究内容
交通工学,交通計画を専門とし,特に道路や航空など,交通システムの運用の効率性や安全性を改善するための方法論に関して研究を行っています.近年では,航空交通システム(航空管制など)に関する研究を中心に,例えば,首都圏混雑空港・空域の処理容量の拡大方策,全国の航空交通流全体の需要・容量バランスを確保するための航空交通流管理(ATFM)に関する研究を行っています.これら容量や安全性に加え,温室効果ガスや騒音といった交通システムの環境面への影響に関しても重要な研究テーマとして取り組んでいます.

平田研究室

教員情報
  • 平田 輝満 / ヒラタテルミツ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G3-1004 号室
  • ポスト番号: G3-12
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 交通工学
  • 交通計画
  • 航空交通システム
  • 航空政策

柳澤研究室

Yanagisawa laboratory

人間環境システム専攻   人間都市計画講座

研究内容
都市や地域における公共空間、公共建築の研究を行います。今公共のあり方が問われています。ソフトとハードの問題、地域連携の問題、将来を見据えたプログラムの問題などこれまでの公共空間や公共建築のあり方を探りながら継続すべき問題と開拓していくべき内容を建築の意匠的な側面を踏まえ設計に活かす方法を探りたいと思います。またそれとともに中心市街地活性化、集合住宅の領域研究もまちづくり、地域づくりの問題として研究室で取り組みたいと思います。

柳澤研究室
教員情報
  • 柳澤 潤 / ヤナギサワジュン
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G3-701 号室
  • ポスト番号: G3-15
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 都市や地域における公共空間の研究
  • 中心市街地活性化の研究
  • 集合住宅の領域研究

村田研究室

Murata laboratory

人間環境システム専攻   連携講座   人間都市計画講座   都市空間分野

研究内容

村田研究室
教員情報
  • 村田 健一 / ムラタケンイチ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-701 号室
  • ポスト番号: G3-15
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 日本建築史
  • 文化財
  • 伝統建築
  • 木造建築

村山研究室

Murayama Laboratory

環境理工学創造専攻   基幹講座   社会環境講座   環境政策・計画分野

研究内容
持続可能な社会を実現するための環境政策や計画という観点から、科学性と民主性のバランスに重点を置いて研究に取り組んでいます。「環境リスクの評価と管理」分野では、データに基づくリスクの推定とともに、市民のリスク認識を考慮に入れたリスク評価や管理のあり方を検討しています。「環境コミュニケーション」分野では、環境リスクを中心に政策形成や計画策定のための場の設定やプロセスのデザインを扱っています。「環境アセスメント」分野では、戦略的環境アセスメント(SEA)や開発援助における環境社会配慮などに焦点を当てています。

村山研究室

教員情報
  • 村山 武彦 / ムラヤマタケヒコ
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-307 号室
  • ポスト番号: G5-9
  • TEL: 045-924-5550
  • FAX: 045-924-5551
E-mail:
キーワード
  • リスク管理
  • 環境コミュニケーション
  • 環境アセスメント
  • 社会的意思決定
  • 合意形成
  • 政策対話

河野研究室

Kono research group

環境理工学創造専攻   協力講座   環境構造工学講座

研究内容
本研究グループでは,持続型社会資本形成に必要な安心かつ安全なコンクリート系建築物の構築を目指します.様々なコンクリート系構造物(RC造・PCa造・PC造)を主な研究対象とし,構造材料特性の解明とモデル化・新材料の開発・構造の基礎理論から実務への応用を行います.提案された理論を,モデル試験体を用いた実験で確認しながら研究を進めることが特色です.研究成果は,既存建物に対する耐震診断,耐震補強方法の開発,損傷制御型の新構造システム提案,など幅広い分野で生かされます.コンクリート系構造に興味のある学生および研究者の協力を広く求めます.

河野研究室

教員情報
  • 河野 進 / コウノススム
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-301 号室
  • ポスト番号: G5-1
  • TEL: 045-924-5384
  • FAX: 045-924-5384
E-mail:
キーワード
  • 耐震工学
  • 鉄筋コンクリート造
  • プレキャスト・プレストレストコンクリート
  • 損傷制御
  • 耐震改修

佐藤いまり研究室

Sato Laboratory

物理情報システム専攻   協力講座   未来型情報システム講座   情報環境分野

研究内容
私たちは,ある物体を見ただけで,その物体の材質(金属,ガラス,布などで出来ているといったこと)を推測することができ,その物体の手触りや柔らかさといった付加的な情報も想像することができます.観察される明るさには,対象となる物体に関する情報(材質や形状など)やシーンの照明環境の影響が複雑に絡み合っているにも関わらず,私たちは,光情報のみに基づいて対象となる物体の材質や形状を容易に読み解くことができます.人間にとって容易な作業であっても,同じような解析をコンピュータにやらせることは困難です.このような機能が,私たちの脳内のどのような情報処理によって実現されているかについては詳細が分かっていません.本研究室では,照明方向や観察方向を変えて撮影した画像を通し,被写体となった対象世界がどうなっているのかを理解すること通して,人間の視覚情報処理のメカニズムを解明することと,実世界モデル構築に基づく映像生成を目的としています.

佐藤いまり研究室

教員情報
  • 佐藤 いまり / サトウイマリ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 視覚情報工学
  • コンピュータグラフィックス
  • 画像・光情報処理

渡邊淳司研究室

Watanabe Junji laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   未来型情報システム講座   情報環境分野

NTTコミュニケーション科学基礎研究所

研究内容
人間は環境からの情報を受動的に計測しているのではなく、自分から能動的に情報を収集して、取捨選択しています。そのため「環境にあるもの」と「自分の脳が感じているもの」は異なります。本研究室では、この違いを生み出す脳の情報処理の仕組みを調べるとともに、その仕組みに基づいて、効率的な情報提示技術や新しいコミュニケーションのあり方を実現することを研究目的としています。さらに、本研究室の特徴として、研究成果を科学館や美術館等で一般に向けて展示公開し、その社会での意味を問いかけています。

渡邊淳司研究室

教員情報
  • 渡邊 淳司 / ワタナベジュンジ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G2-504 号室
  • ポスト番号: G2-12
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • インタフェース工学
  • メディア表現技術
  • 視覚情報処理
  • 触覚情報処理
  • 言語情報処理

住田研究室

Sumita laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   新機能情報システム講座   知的情報システム分野

研究内容
人が話す音声や人が文章として書き記す自然言語文は、人同士のコミュニケーションや人が他の人に自分の持っている情報や知識を伝えるための最も自然な手段です。インターネットの普及に伴い、メールやブログによる情報のやり取りが加速度的に増え、パソコンやスマホなどの端末を介した音声や自然言語によるコミュニケーションや情報アクセスの機会も同様に増えてきています。本研究室では、音声や自然言語を対象として、人と人との間のコミュニケーションや、人とコンピュータシステムとの間の情報のやり取りを支援する技術を研究しています。

住田研究室
教員情報
  • 住田 一男 / スミタカズオ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 音声翻訳
  • 音声対話
  • 情報アクセス

佐藤研究室

Sato laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境国際協力講座

研究内容
地方は都市に比べ、過疎化高齢化、企業誘致や雇用確保の困難さ、大都市圏との経済格差などの課題を抱え、環境保全においても独自の課題があります。本研究室では、観光まちづくりなどを通じた地方における持続可能な開発、自治体・大学・地元企業の連携による地域活性化と国際化の取組み、留学生など外国人材の受入れによる社会変化と定着の課題などについて研究しています。
また、日本やEUなどの非英語圏諸国における高等教育の国際化、大学、企業、国際機関等との連携による国際教育プログラムの形成とその課題についても研究しています。

佐藤研究室

教員情報
  • 佐藤 由利子 / サトウユリコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: W1-206 号室
  • ポスト番号: W1-12
  • TEL: 03-5734-3524
  • FAX: 03-5734-3524
E-mail:
キーワード
  • 政策評価
  • 国際協力
  • 地域開発
  • 留学生政策
  • 高等教育の国際化

野田研究室

研究内容

野田研究室
教員情報
  • 野田 五十樹 / ノダイツキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

赤穂研究室

Akaho laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   複雑システム解析講座   感覚行動系適応制御分野

研究内容
コンピュータに学習機能を持たせる機械学習に関する研究をメインに行っています.機械学習では「一を聞いて十を知る」ことのできる知的なシステムの開発が究極の目標ですが,そのためにはデータに含まれる本質的な情報を抽出することが必要となります.また,検索エンジンや商品のおすすめシステムではユーザの好みや特性に応じたパーソナライゼーションの技術が注目されていますが,そこでは「個人」と「全体」とのバランスをうまく調和させることが重要です.これらの問題は数学的に解くことができ,まだまだ未解決な問題もたくさん残っています.当研究室では情報幾何学などの数理工学的な手法を使ってこれらの問題を解決しています.

赤穂研究室

教員情報
  • 赤穂 昭太郎 / アカホショウタロウ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 数理工学
  • 機械学習
  • パターン認識
  • データマイニング
  • 情報幾何学

角嶋研究室

Kakushima laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   集積機能デバイス分野

研究内容
半導体と絶縁膜や金属の原子レベルの界面制御技術を用いて、材料のもつ本質的な性能を引き出す研究を行います。デバイス試作から解析、シミュレーションまで一貫して研究を行います。

角嶋研究室

教員情報
  • 角嶋 邦之 / カクシマクニユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: S2-708 号室
  • ポスト番号: S2-20
  • TEL: 045-924-5847
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス
  • 微細プロセス技術
  • メモリ

松岡研究室

Matsuoka laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   ニューフロンティア講座   特殊環境設計分野

研究内容
巨大地震・津波など広域自然災害の軽減や都市環境評価を目的として,GISやリモートセンシングなどのジオインフォマティクスを応用した研究と災害情報処理能力を養成する実践的な教育を進めています。地震工学の基礎はもちろん,ジオインフォマティクスの基盤である計測技術,画像処理,情報技術,計算機科学,インターネットの国際標準などの幅広い分野の最新知見を柔軟に吸収して防災や都市環境評価に応用していきます。画像は人工衛星搭載のレーダセンサから計測した2007年ペルー沖地震における地殻変動を表しています。

松岡研究室

教員情報
  • 松岡 昌志 / マツオカマサシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-810 号室
  • ポスト番号: G3-2
  • TEL: 045-924-5605
  • FAX: 045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 地震防災
  • 自然災害
  • 地盤災害
  • リモートセンシング
  • ジオインフォマティクス
  • 情報技術

加茂研究室

Kamo laboratory

研究内容
地球規模で工業化が進み資源に対する需要が逼迫する中、有限な資源を有効に利用するためには製品のライフサイクル全体を通して環境負荷が最適になるようなリサイクル技術の開発が重要です。本研究室では、電子基板や繊維強化プラスチック(FRP)等の使用済み工業製品に含まれるプラスチックを温和な条件下でガス化あるいは液化し、金属やガラス・炭素繊維等の有用資源を回収すると共に、有害なハロゲン化合物を適正に処理し、プラスチックを化学原料あるいはクリーンなエネルギー資源として再利用する技術を開発しています。

加茂研究室

教員情報
  • 加茂 徹 / カモトオル
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G5-508 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 029-861-8043
  • FAX: 029-861-8427
E-mail:
キーワード
  • リサイクル
  • 可溶化
  • ガス化
  • 資源回収
  • 廃プラスチック
  • レアメタル

海江田研究室

Kaieda laboratory

環境理工学創造専攻   連携講座   自然環境講座   地盤環境探査分野

研究内容
地熱資源はわが国に豊富に存在し、この開発によりエネルギーと地球環境の調和した社会の構築に貢献できます。現状の地熱開発では地下に天然に存在する熱水や蒸気の溜まり場(貯留層)の探査や評価が容易でなく、開発リスクやコストが大きくなっています。高温岩体発電では人工的に貯留層を造成して地下の熱を取り出すことから、開発リスクやコストの低減が図れると考えられます。本研究室では、人工地熱貯留層の造成やその評価のための技術開発に関する研究を行っています。

海江田研究室
教員情報
  • 海江田 秀志 / カイエダヒデシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G5-508 号室
  • ポスト番号: G5-15
  • TEL: 04-7182-1181
  • FAX: 04-7183-3182
E-mail:
キーワード
  • 高温岩体発電
  • 人工地熱貯留層造成
  • 岩盤破壊音計測
  • 地熱増産システム

井上研究室

Inoue laboratory

環境理工学創造専攻   連携講座   自然環境講座   水理水分探査分野

研究内容
水の中での物質の動きは、水の流れ・生物の働き・化学的な変化など多くの要因によって変化し、非常に複雑で簡単には理解できません。本研究室では特定の学問分野や手法に囚われず、多面的な思考により研究を進めていきます。

井上研究室

教員情報
  • 井上 徹教 / イノウエテツノリ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 内湾
  • 富栄養化
  • 貧酸素
  • 栄養塩

日向研究室

Hinata laboratory

研究内容
人々の生活に欠かすことの出来ない海。中でも沿岸域はとりわけ豊であり、また人々が津波や高潮といった自然災害と向き合う場でもあります。様々な顔を持つこの海との共生を目指し、本研究室では沿岸域に関する問題について幅広く研究を行っています。

日向研究室

教員情報
  • 日向 博文 / ヒナタヒロフミ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G5-206 号室
  • ポスト番号: G5-4
  • TEL: 046-844-5025
  • FAX: 046-844-1145
E-mail:
キーワード
  • 海洋レーダ
  • 津波
  • 海洋ゴミ
  • 黒潮
  • 海岸工学

梶谷研究室

Kajitani laboratory

研究内容
安定したエネルギー供給には、様々な燃料を偏らず幅広く使うことが重要であり、また、効率向上により燃料消費量を削減することも重要で、ひいては二酸化炭素排出量の低減につながります。石炭は、天然ガスとともに日本の主要な火力発電の燃料の一つとなっており、また、これまであまり利用されてこなかった低品位炭やバイオマス、廃棄物などの活用も注目されています。本研究室では、これらを火力発電の燃料として高効率利用するにあたって、反応性、改質特性、環境影響などを評価し、技術的課題を明らかにするとともに、その対策技術の開発を進めています。

梶谷研究室

教員情報
  • 梶谷 史朗 / カジタニシロウ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 反応工学
  • 化学工学

小林研究室

Kobayashi laboratory

研究内容
本研究室では,3次元の詳細な森林光環境のシミュレーションモデルを開発しています。また,モデル開発に必要な野外調査も行っています。開発モデルは,森林・街路樹・公園などを含む様々な景観における光環境の予測と微気象評価に役立てられます。また,衛星データから森林構造を推定する方法論の研究も行なっています

小林研究室
教員情報
  • 小林 秀樹 / コバヤシヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G5-408 号室
  • ポスト番号: G5-2
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • リモートセンシング
  • 森林微気象

吉川研究室

Yoshikawa laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   創発システム講座   マルチエージェントシステム分野

研究内容
当研究室では、学ぶということを、学ぶための手法の開発はもとより、学ぶための仕組み(教育施策)作りはどのようなものがどのような効果があるのかを探るためのエージェント・ベース・シミュレーションをおこなったり、学んだ結果として何をどの程度学んだのかという尺度作りを行っている。このようなことを通して、学びを社会的なものとして考えていく研究をしている。

吉川研究室

教員情報
  • 吉川 厚 / ヨシカワアツシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 学習効果測定
  • 学習科学
  • マンガケース
  • 成人教育

加藤研究室

Kato laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   創造情報デバイス分野

富士フイルム

研究内容
π共役分子の集合状態を制御することで新しい機能を有する光電子機能性材料の開発を行います。分子集合体における光および電子との相互作用に関する理解を深めて、次世代の有機半導体材料ならびにデバイス材料への応用を目指します。尚、当研究室は、半那純一研究室および飯野裕明研究室と密接に連携を取りながら、専攻での教育、研究に取り組みます。

加藤研究室
教員情報
  • 加藤 隆志 / カトウタカシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J1-209 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 045-924-5188
  • FAX: 045-924-5188
E-mail:
キーワード
  • 有機半導体
  • 光電子材料

董研究室

Dong laboratory

研究内容
本研究室では、物流における配送最適化問題に取り組み
実用的な観点から評価関数を定式化し、計算知能
(CI:Computational Intelligence)における
ファジィ推論・ヒューリスティックな手法を用いて、
現実的な計算時間内でより良い近似最適解を求める手法を
研究開発している。一方、感性コンピューティングに
基づいた、ネットショッピングでの現実問題も研究している。

董研究室
教員情報
  • 董 芳艶 / トウホウエン
  • 職名: 特任准教授
  • 居室: J3-407号室、G3-918 号室
  • ポスト番号: J3-141、G3-49
  • TEL: 045-924-5930、5686
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 計算知能
  • 最適化
  • スケジューリング
  • 物流

岡本研究室

Okamoto laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   創造機能物質工学分野

研究内容
金属が銀色をしているのはその反射率が可視域全域において高いからです。もちろん金属内部を光は伝搬しません。しかし、金属の表面を光は伝搬します。この光は表面プラズモンと呼ばれており、金属中の自由電子の集団的な振動と強く結びついています。近年、表面プラズモンをあつかった科学や工学はプラズモニクスと呼ばれています。当研究室では金属表面にナノ構造を導入することで光を表面プラズモンとして蓄積したり、また、表面プラズモンから光としてエネルギーをとり出す技術を開発し、光電子デバイスへの応用を行います。

岡本研究室
教員情報
  • 岡本 隆之 / オカモトタカユキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 048-467-9369
  • FAX: 048-462-4659
E-mail:
キーワード
  • ナノフォトニクス
  • プラズモニクス
  • 有機EL
  • 有機太陽電池

スミス研究室

Smith laboratory

研究内容
I study the origin of life as a transition between unorganized geochemistry and the first stages of biochemistry and evolution. I am interested in empirical relations between rock-water interactions and metabolic pathways、 and also in theoretical models for chemical self-organization leading to metabolism. Other work includes modern non-equilibrium statistical mechanics、 including entropy principles for histories and extremum principles for non-equilibrium systems.

スミス研究室

教員情報
  • David Eric Smith / デビッドエリクスミス
  • 職名: 特任教授
  • 居室: ELSI2-401 号室
  • ポスト番号: IE-5
  • TEL: 03-5734-4361
  • FAX: 03-5734-3416
E-mail:
キーワード
  • origin of life
  • self-organization
  • non-equilibrium systems
  • biochemistry
  • geochemistry
  • metabolism