研究室案内(各研究室へのポータル)

研究内容で探す



ここから本文です

閲覧したい研究内容の分類を選択してください

| 詳細モード | 簡易モード |

「物質材料 > 材料化学」
のデータを表示しています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

吉本研究室

Yoshimoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
吉本研は、くらし・環境・エネルギーに役立つ新機能性材料の創製と応用に向けた「ものづくり」研究をしています。世界にない,「ワンダーマテリアル」創製をめざしています。自由・自主をモットーに,薄膜ナノテクノロジー(酸化物、半導体、超伝導)および、太陽電池・燃料電池・バイオデバイスに関連する化学的・物理的材料研究と評価を行っています。産学連携研究,異分野交流,国際会議発表も盛んです。●創造的研究のための能力,●発表・自己表現のための能力,●対人および自己管理のための能力,の開発に注力しています。

吉本研究室

教員情報
  • 吉本 護 / ヨシモトマモル
  • 職名: 教授
  • 居室: R3C-207 号室
  • ポスト番号: J2-46
  • TEL: 045-924-5388
  • FAX: 045-924-5365
E-mail:
キーワード
  • 機能材料
  • 結晶工学
  • レーザー
  • ナノテクノロジー
  • 無機合成
  • 薄膜

柘植研究室

Tsuge laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   環境物質創成分野

研究内容
持続可能な社会を実現するための科学技術の一つとして、再生可能な植物資源(糖、植物油)や二酸化炭素から生分解性高分子(バイオポリエステル)を微生物生産し、それらを高性能材料にするための基礎研究を進めています。とくに、バイオテクノロジーを駆使して、バイオポリエステルの生合成、関連酵素遺伝子の取得と解析、高生産微生物の分子育種、そして、生体高分子の構造解析と機能開発、生分解性高分子の材料設計という研究に関して、高分子科学と生物科学の両面から研究を進めています。

柘植研究室

教員情報
  • 柘植 丈治 / ツゲタケハル
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • バイオマスプラスチック
  • 生分解性プラスチック
  • ポリヒドロキシアルカン酸
  • バイオ生産プロセス
  • 環境再生材料設計
  • 微生物代謝

北本研究室

Kitamoto laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   代替機能物質分野

研究内容
磁性体のナノ微粒子,薄膜を使ったナノ構造体を,自己組織化やリソグラフィの技術を利用して作製しています.このようなナノ構造体の磁性や伝導性を調べ,エレクトロニクスやバイオ・医療分野への応用を検討しています.エレクトロニクス分野では磁気メモリ,バイオ・医療分野ではがん治療用磁性微粒子,バイオチップなどへの応用が期待されます.そのために,磁性だけでなく物理・化学・電気などさまざまな分野の知恵を結集した研究をすすめていきます.

北本研究室

教員情報
  • 北本 仁孝 / キタモトヨシタカ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-510 号室
  • ポスト番号: J2-40
  • TEL: 045-924-5424
  • FAX: 045-924-5433
E-mail:
キーワード
  • 磁気デバイス
  • スピントロニクス
  • ナノバイオ
  • 磁性ナノ粒子
  • 磁性薄膜
  • 磁気記録デバイス

舟窪研究室

Funakubo laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質フロンティア分野

研究内容
マルチ機能(強誘電体、強磁性、半導性、発光特性)材料の開発や誘電体・強誘電体薄膜の作製、さらには強誘電体メモリやナノ構造作製方法の研究を行なっている。

舟窪研究室

教員情報
  • 舟窪 浩 / フナクボヒロシ
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1508 号室
  • ポスト番号: J2-43
  • TEL: 045-924-5446
  • FAX: 045-924-5446
E-mail:
キーワード
  • 層状・層間化合物
  • 機能性セラミックス

阿部研究室

Abe laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

理化学研究所

研究内容
これまでの高分子設計の考え方は、物質・材料の性能を最大化し、コストを最小化するという2つの目標を同時に達成することにありました。しかしながら、循環型の人間社会の形成が世界の課題となるにつれ、低コスト化と高性能化に加えて、環境負荷を低減するように高分子設計するという考え方が必要となっています。当グループでは、高性能化・高機能化と環境負荷低減化を目指した高分子材料の設計として、高分子材料の物性と生分解性を同時にコントロールできる方法論の構築に取り組んでいます。

阿部研究室
教員情報
  • 阿部 英喜 / アベヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • 低環境負荷物質
  • 生分解性物質
  • 高分子材料合成
  • 天然・生体高分子材料
  • ナノ材料創製
  • ナノ構造形成・制御

原(亨)研究室

Hara laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   超機能薄膜分野

応用セラミックス研究所

研究内容
持続可能な社会の実現には可能な限り環境に不可を与えずに、化学資源とエネルギーを生産することが必要不可欠です。わたしたちは、これを実現するあたらしい触媒、材料を創生するグループです。これまで、わたしたちは基礎化成品やバイオフューエルの生産を革新する触媒、太陽エネルギー変換を実現するための新材料・デバイス、そして従来の概念を越えた機能性材の開発に成功してきました。しかし、持続可能な社会の実現まで、私たちの挑戦が止むことはありません。

原(亨)研究室

教員情報
  • 原 亨和 / ハラミチカズ
  • 職名: 教授
  • 居室: R3-407 号室
  • ポスト番号: R3-33
  • TEL: 045-924-5311
  • FAX: 045-924-5381
E-mail:
キーワード
  • 触媒
  • 太陽エネルギー変換
  • グリーンケミストリー
  • バイオエタノール・バイオディーゼル
  • 太陽電池
  • 材料創生

冨田研究室

Tomita laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   物質組織変換分野

研究内容
当研究室では、有機化学、有機金属化学を基盤として、新しい概念につながり得る重合手法の開拓や新しい高分子材料の創製などに関する研究を展開しております。例えば、メタラサイクル構造をもつ主鎖型反応性高分子の合成と新しいタイプの反応性高分子としての応用、アレン誘導体のリビング重合の開発と理想的なリビング重合としての応用、遷移金属触媒による多成分系重縮合法の開拓などについて現在精力的に研究を進めております。

冨田研究室

教員情報
  • 冨田 育義 / トミタイクヨシ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-614 号室
  • ポスト番号: G1-9
  • TEL: 045-924-5413
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 高分子合成
  • 有機合成化学
  • 有機金属化学
  • 反応性高分子
  • リビング重合
  • 機能性高分子

菅野研究室

Kanno laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   分子変換プロセス分野

研究内容
固体化学と電気化学をベースに新規な無機物質を合成し、電池・燃料電池へ展開する研究を行っている。超高圧、パルスレーザー、ソフト化学などの手法を駆使して合成し、放射光・中性子で構造を調べ、イオン導電・電池特性との対応を明らかにして新物質の開拓をめざす。未来の電池・燃料電池に向けた新材料探索、電極表面を原子レベルで制御した理想界面を構築して反応を調べる研究、夢の電池として期待されている全固体セラミックス電池開発、新規Li・H導電体の開拓など、物質開拓から応機構解明、未来の電気化学デバイス開発まで、基礎から応用に至る幅広い研究領域を展開している。

菅野研究室

教員情報
  • 菅野 了次 / カンノリョウジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-1014 号室
  • ポスト番号: G1-1
  • TEL: 045-924-5401
  • FAX: 045-924-5401
E-mail:
キーワード
  • 無機合成
  • 電気化学
  • 無機固体化学
  • 電池
  • リチウム電池
  • 燃料電池

林(克)研究室

Hayashi laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   低負荷物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
安全で豊富な元素によって構成される「セキュアマテリアル」によって、どのような機能性や利用法を打ち出せるかを探っています。ありふれた元素がむしろ得意とする機能性を発掘し、同時に製造から廃棄までの利便性や安全性に優れた特徴を活用します。例えば、我々は、12CaO・7Al2O3セラミックスが、強力な還元剤である水素化物イオン(H-)をその籠状格子中に取り込み、軽金属酸化物では初めての電子導電体に転化できること等を見出してきました。機能発現の理解だけでなく、それらの応用展開も睨んで、放射光構造解析や、電子・ラジカルイオン放出源開発など、幅広い手法で研究に臨んでいます。

(2014.04.01より九州大学大学院工学研究院 応用化学部門(機能)に異動,材料物理科学専攻を講座外で兼担)

林(克)研究室

教員情報
  • 林 克郎 / ハヤシカツロウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3(C)-205 号室
  • ポスト番号: R3-34
  • TEL: 045-924-5337
  • FAX: 045-924-5350
E-mail:
キーワード
  • 機能性セラミックス
  • 電気化学
  • 薄膜
  • 力学・電子・電磁・光・熱物性
  • セメント
  • 真空

川路研究室

Kawaji laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   固体物性化学講座

応用セラミックス研究所

研究内容
新規な機能性物質を探査・開発するためには、物質の微視的構造に基づく物性の理解や機能性発現機能の解明が必要です。本研究室では物質の機能性発現機構に関わる構造と物性の相関を明らかにするために、特に相転移現象に着目して研究を行っています.世界最高精度の断熱型熱量計による精密熱容量(比熱)測定をはじめとした 熱膨張率、誘電率、磁化率測定などの物性測定、種々の分光学的測定、結晶構造解析、計算機シミュレーションなどを組み合わせて、相転移で起っている現象の詳細を明らかにすることを目指しています。

川路研究室

教員情報
  • 川路 均 / カワジヒトシ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-701 号室
  • ポスト番号: R3-8
  • TEL: 045-924-5313
  • FAX: 045-924-5339
E-mail:
キーワード
  • 熱測定・熱分析
  • 相転移
  • ナノ細孔物質
  • 誘電体
  • マルチフェロイックス
  • 超伝導体

脇研究室

Waki laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワーエネルギー変換分野

研究内容
地球環境問題を解決するためには,クリーンな太陽エネルギーやバイオマスエネルギーを有効利用できる新しいエネルギー変換システムを開発する必要がある。本研究室では燃料電池,太陽電池,電気化学キャパシタの開発を中心テーマとして未知の高機能材料の創出を目指しており、特に材料の構造制御や表面物性の研究に力を注いでいる。これらの研究プロセスを通して学生達に基礎的な知識と論理的な思考、創造力を養ってもらう。

脇研究室

教員情報
  • 脇 慶子 / ワキケイコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-410 号室
  • ポスト番号: G3-41
  • TEL: 045-924-5614
  • FAX: 045-924-5614
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池
  • キャパシタ
  • 構造制御
  • 太陽電池
  • 触媒
  • ナノ構造

宍戸研究室

Shishido laboratory

化学環境学専攻   協力講座   高分子プロセス講座

資源化学研究所

研究内容
?高分子周期構造体の創製?
 新しい高機能・高性能高分子光機能材料の創出を目指して,分子設計・合成・物性評価からデバイスの作製・評価まで,基礎と応用の両面にわたり幅広く研究を行っています。特に,協同的な分子配向変化により大きな屈折率変化を効率よく誘起できる液晶に着目し,光応答性を有するさまざまな液晶高分子周期構造体の開発を行っています。多光束干渉露光,高分子微粒子合成や光重合の手法を利用して,ホログラム材料やフォトニック結晶などの応用を見据えた高分子周期構造体を作製します。詳しくは研究室HPをご覧ください。

宍戸研究室

教員情報
  • 宍戸 厚 / シシドアツシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-810 号室
  • ポスト番号: R1-12
  • TEL: 045-924-5242
  • FAX: 045-924-5275
E-mail:
キーワード
  • 高分子
  • 液晶
  • 高分子材料合成
  • 光化学

山口(猛)研究室

Yamaguchi laboratory

化学環境学専攻   協力講座   化学環境プロセス設計講座

資源化学研究所

研究内容
燃料電池からバイオマテリアルまで、材料機能のシステム設計及び開発を行います。地球環境問題の解決、医療・医薬技術の進展には新しい機能材料が必要不可欠です。これらの分野では、単純でなく精緻で複雑な機能を示す材料機能が要求されます。高機能な化学システムは、最先端の分子物性とそれを統合する画期的なアイデアから生まれます。分子レベルの材料合成からプロセスまでを俯瞰的に考慮し、社会・地球に真に必要な科学技術を構築します。燃料電池、バイオマテリアルの創製を行い、持続発展可能な地球環境保全技術へと展開します。

山口(猛)研究室

教員情報
  • 山口 猛央 / ヤマグチタケオ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-612 号室
  • ポスト番号: R1-17
  • TEL: 045-924-5254
  • FAX: 045-924-5253
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池材料
  • 燃料電池システム
  • 生体関連高分子化学
  • 生体認識・機能化学
  • 薄膜・微粒子形成操作
  • 高分子物性

穐田研究室

Akita laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境材料化学講座

資源化学研究所

研究内容
スマートマテリアルとは材料自身が知的機能を有し、劣化を診断して自己修復・劣化抑制などの機能を発揮する材料であり、これに向けて「金属錯体系に基づいた環境変化検知および情報伝達システムの開発」を中心研究目標として設定し、下記の研究テーマについて有機金属化学・錯体化学・有機化学を基盤にして研究を行っています。
1. 環境応答型金属錯体系の開発
2. 遷移金属-炭素同素体の有機金属化学(情報伝達素子の開発)
3. 光エネルギー捕捉ユニットを含む多核金属錯体の合成研究
4. 新しい多核金属錯体の化学

穐田研究室

教員情報
  • 穐田 宗隆 / アキタムネタカ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-220 号室
  • ポスト番号: R1-27
  • TEL: 045-924-5230
  • FAX: 045-924-5230
E-mail:
キーワード
  • 有機金属化学
  • 有機金属触媒
  • クラスター
  • 有機電子材料・素子

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 半那 純一 / ハンナジユンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-205 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5176
  • FAX: 045-924-5175
E-mail:
キーワード
  • 液晶
  • 有機半導体
  • 結晶成長
  • 電機・電子材料(半導体)
  • イメージング材料
  • 半導体薄膜物性

佐藤(千)研究室

Sato laboratory

メカノマイクロ工学専攻   協力講座

精密工学研究所

研究内容
わが研究室では機械工学と化学の境界領域を探求し、使用者のニーズに立脚した新構造や新材料の開発・評価を行っています。具体的には,CFRPをはじめとする複合材料や,接着剤などに用いられる高分子材料を取り上げ,その力学的特性に関して重点的な研究を行い,これらの材料が実際の構造に適用された場合の力学的問題を固体力学と材料力学の観点から検討しています.対象は航空機構造や自動車構造ですから,飛行機好きや自動車好きの学生さんを歓迎します.

佐藤(千)研究室

教員情報
  • 佐藤 千明 / サトウチアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-516 号室
  • ポスト番号: G2-20
  • TEL: 045-924-5062
  • FAX: 045-924-5062
E-mail:
キーワード
  • 材料設計・プロセス・物性・評価
  • 連続体力学
  • 構造力学
  • 接着
  • 複合材料
  • 実験力学

長井研究室

Nagai Laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   表面機能分野

研究内容
長井研究室では、環境・エネルギー問題に関わる光化学,光科学、特に光エネルギー変換材料の研究を行っています。有機半導体p-n接合を応用した可視光応答型光触媒、極低密度エアロゲル(透明低密度材料)やこれらを用いた環境浄化、水処理といった応用をはじめ、そのための分子集積化手法の開発を行います。高分子化学,光化学,電気化学,表面化学,レーザープラズマ物理等の基礎学術に立脚した応用展開を、彌田研究室との一体運営の中で進め、新しい学問領域の確立を目指しています。

長井研究室

教員情報
  • 長井 圭治 / ナガイケイジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1A-307 号室
  • ポスト番号: R1-26
  • TEL: 045-924-5266
  • FAX: 045-924-5277
E-mail:
キーワード
  • エネルギー変換材料
  • 可視光応答有機光触媒
  • エアロゲル
  • 低密度材料
  • 水処理
  • レーザープラズマ

山元研究室

Yamamoto laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境調和分子設計講座   無機機能化学分野

資源化学研究所

研究内容
金属タンパク質に代表されるような有機-金属ハイブリッドナノ材料は、組成・構造に無数の組み合わせが可能で、金属の物性と有機骨格の設計自由度を活かした多重機能の発現が期待されます。多くの元素を元に精密ナノ構造体を自在に組み上げる一般的手法の確立は、未知の次世代ナノ材料の誕生につながる重要なナノテク戦略の要として位置付けられています。精密無機機能化学を基盤として新しい領域の拓くための新概念の創出を目指し、あわせて、環境、 生体機能、エネルギー科学などに波及する革新的な機能を持つ未来ナノ材料の創製に挑戦しています。

山元研究室

教員情報
  • 山元 公寿 / ヤマモトキミヒサ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-712 号室
  • ポスト番号: R1-21
  • TEL: 045-924-5260
  • FAX: 045-924-5260
E-mail:
キーワード
  • 無機-有機ハイブリッドマテリアル
  • デンドリマー
  • ナノサイエンス
  • 超分子化学
  • 環境触媒
  • エレクトロニクスデバイス

佐藤(縁)研究室

Sato laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   量子電子化学分野

産業技術総合研究所

研究内容
生体膜は、信号伝達物質や物質の認識など、様々な生体反応や情報のやりとりをしています。固体表面や界面に、物質の濃縮機能、認識機能、分子吸着能の制御など、様々な機能を発現することができると、生体膜を模倣した極めて高感度で選択性の高いセンシング表面をつくることができます。研究室では、膜を作製するための基板材料の開発や、膜構成分子の合成と配列によるナノ構造制御、その構造を原子・分子レベルで観察する手法の開発を行っています。これらの成果を生体実試料の測定に応用するためのセンシングデバイスの開発も進めています。

佐藤(縁)研究室
教員情報
  • 佐藤 縁 / サトウユカリ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 生物電気化学
  • 自己組織化単分子層
  • レクチン
  • 分子認識
  • ソフト界面

平山(雅)研究室

Hirayama laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   分子変換プロセス分野

研究内容
私たちの生活を支えている蓄電デバイスの飛躍的な特性向上を目指して、構成材料であるエネルギー貯蔵・変換物質の反応機構解明と新規物質の探索を行っています。特に「電気化学界面における構造制御と機能開拓」を基本コンセプトとして,原子・ナノレベルでの界面構造の制御・反応解析から蓄電デバイス反応の本質を追求し、界面を戦略的に利用する新しい材料開発指針を提案しています。基礎研究で得られた知見はリチウム電池、燃料電池用実用材料の高機能化へ展開しています。一連の研究を通じて,無機固体合成、構造・物性評価、反応解析の手法を学べる研究室です。

平山(雅)研究室

教員情報
  • 平山 雅章 / ヒラヤママサアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-1019 号室
  • ポスト番号: G1-1
  • TEL: 045-924-5570
  • FAX: 045-924-5409
E-mail:
キーワード
  • リチウムイオン電池
  • 無機固体合成
  • エネルギー変換材料
  • 電気化学界面
  • ナノ界面制御
  • 固体イオニクス

稲木研究室

Inagi laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   反応ダイナミックス分野

研究内容
当研究室では高分子化学と電気化学の新しい境界領域を開拓しています。グリーンケミストリーの一翼を担う有機電解合成(有機化合物の電気化学的分子変換)の発展系である高分子の電解合成、電解反応を精力的に研究しています。電極反応を高度に操ることで、分子レベルから薄膜、バルクに至るまで有機・高分子材料の機能化が可能となります。例えば電極触媒(メディエーター)、傾斜表面・パターニング、エレクトロクロミック特性や導電性の発現など実用的な機能設計に注力しています。

稲木研究室

教員情報
  • 稲木 信介 / イナギシンスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-910 号室
  • ポスト番号: G1-2
  • TEL: 045-924-5407
  • FAX: 045-924-5407
E-mail:
キーワード
  • 有機電気化学
  • グリーンケミストリー
  • 機能性高分子
  • 導電性高分子
  • 電極触媒
  • 電解合成

加藤(之)研究室

Kato Laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境エネルギー工学講座

研究内容
エネルギーの高効率変換・利用技術の開発を通して、地球環境と人類への貢献を目指しています。とくに熱エネルギーの有効利用に注目し、化学反応を活用した技術開発に取り組んでいます。再生可能、原子力、産業排熱エネルギーなどを対象に、ケミカルヒートポンプ、炭素循環型エネルギーシステム、水素透過膜を用いた高効率水素製造システムなどを研究開発しています。

加藤(之)研究室

教員情報
  • 加藤 之貴 / カトウユキタカ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北1-302 号室
  • ポスト番号: N1-22
  • TEL: 03-5734-2967
  • FAX: 03-5734-2967
E-mail:
キーワード
  • エネルギー変換
  • エネルギー貯蔵
  • ケミカルヒートポンプ
  • 炭素循環型エネルギーシステム
  • 水素エネルギー
  • 原子力エネルギーシステム

平松研究室

Hiramatsu laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   電子活性物質講座

応用セラミックス研究所

研究内容
平松研究室では、超伝導体や半導体をはじめとする様々な機能性材料の探索を目的として、高品質なエピタキシャル薄膜を作製し、得られた高品質試料の光・電子・磁気的物性評価およびデバイス化を行っています。これまで、さまざまな新材料の世界初のエピタキシャル薄膜成長や、発光ダイオード・ジョセフソン接合・超伝導量子干渉素子(SQUID)などの機能デバイスを実現してきました。

平松研究室

教員情報
  • 平松 秀典 / ヒラマツヒデノリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3D-102 号室
  • ポスト番号: R3-3
  • TEL: 045-924-5855
  • FAX: 045-924-5855
E-mail:
キーワード
  • エピタキシャル薄膜成長
  • 光・電子・磁気的物性
  • 超伝導体
  • 半導体
  • 発光デバイス
  • ジョセフソン接合

山口・田巻研究室

Yamaguchi Tamaki laboratory

化学環境学専攻   協力講座   化学環境プロセス設計講座

資源化学研究所

研究内容
燃料電池からバイオマテリアルまで、材料機能のシステム設計及び開発を行います。地球環境問題の解決、医療・医薬技術の進展には新しい機能材料が必要不可欠です。これらの分野では、単純でなく精緻で複雑な機能を示す材料機能が要求されます。高機能な化学システムは、最先端の分子物性とそれを統合する画期的なアイデアから生まれます。分子レベルの材料合成からプロセスまでを俯瞰的に考慮し、社会・地球に真に必要な科学技術を構築します。燃料電池、バイオマテリアルの創製を行い、持続発展可能な地球環境保全技術へと展開します。

山口・田巻研究室

教員情報
  • 田巻 孝敬 / タマキタカノリ
  • 職名: 講師
  • 居室: R1-610 号室
  • ポスト番号: R1-17
  • TEL: 045-924-5253
  • FAX: 045-924-5253
E-mail:
キーワード
  • エネルギー材料工学
  • 生体材料工学
  • 生物電気化学
  • 燃料電池
  • 機能材料システム
  • 化学工学

松川研究室

Matsukawa laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   電子化学LCA分野

研究内容
無機高分子や有機無機ハイブリッドは、従来の有機高分子や有機材料に見られない特性を有しており、機能材料として我々の生活に不可欠なものになっています。特に、ハイブリッド材料は、次世代の電子デバイスやオプトエレクトロニクスへの適用において大きな期待が持たれています。当研究室では、無機系ナノマテリアルを駆使した有機無機ハイブリッドを創製し、屈折率や発光を制御した光学材料、有機トランジスタやダイオードに応用可能な電子材料の開発を精力的に行っています。また、金属ナノ粒子と多孔体との複合化で、触媒機能を持ったカラムリアクターの開発研究も進めています。

松川研究室
教員情報
  • 松川 公洋 / マツカワキミヒロ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 有機無機ハイブリッド
  • ケイ素系高分子
  • ナノ材料
  • フォトポリマー
  • 光学材料
  • 発光材料

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 飯野 裕明 / イイノヒロアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J1-207 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5181
  • FAX: 045-924-5181
E-mail:
キーワード
  • 有機半導体
  • イメージングデバイス
  • 液晶
  • 薄膜トランジスタ
  • 印刷エレクトロニクス
  • 自己組織化

角嶋研究室

Kakushima laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   集積機能デバイス分野

研究内容
半導体と絶縁膜や金属の原子レベルの界面制御技術を用いて、材料のもつ本質的な性能を引き出す研究を行います。デバイス試作から解析、シミュレーションまで一貫して研究を行います。

角嶋研究室

教員情報
  • 角嶋 邦之 / カクシマクニユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: S2-708 号室
  • ポスト番号: S2-20
  • TEL: 045-924-5847
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス
  • 微細プロセス技術
  • メモリ