研究室案内(各研究室へのポータル)


ここから本文です

| 詳細モード | 簡易モード |

「創造エネルギー専攻」
に所属している研究室が表示されています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

河野研究室

Kono laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   環境基礎プロセス分野

研究内容
「重イオン科学とその応用」をテーマに,大型加速器からの中・高エネルギー重イオンビームを用いた実験を通して,放射線物理,原子物理,原子核物理などの分野の研究を行っています。純粋な原子核物理の研究も行っていますが,主要な研究テーマは「放射線の医学利用,特に重イオンによるがん治療」です。放射線医学総合研究所と共同で,治療中に体内でおこっている物理現象を解明するための研究,新しい測定器・測定法の開発などを行っており,治療の高精度化を目指して物理工学的視点から放射線の医学利用に取り組んでいます。

河野研究室

教員情報
  • 河野 俊之 / コウノトシユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-502 号室
  • ポスト番号: G3-37
  • TEL: 045-924-5694
  • FAX: 045-924-5671
E-mail:
キーワード
  • 放射線物理
  • 放射線計測
  • 放射線の医学利用
  • 原子核物理
  • 原子・分子
  • 加速器

岡村研究室

Okamura laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   エネルギー利用プロセス分野

研究内容
 極低温・超電導利用技術に関する研究を行っています。本専攻の栗山連携教授と共同で研究を行っています。おもな研究テーマは、以下の通りです。
1.熱電素子によって通電される高温超電導マグネットの開発
2.室温磁気冷凍機の開発
3.超流動ヘリウムを用いた機器の冷却
 何事にも、好奇心と体力・気力が必要。本研究室には、機械系、電気系、物理系などのさまざまな学科出身の学生諸君が集まっており、頭と體ともに鍛えられます。もちろん、博士課程進学希望者は大歓迎です。

岡村研究室

教員情報
  • 岡村 哲至 / オカムラテツジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-412 号室
  • ポスト番号: G3-39
  • TEL: 045-924-5664
  • FAX: 045-924-5664
E-mail:
キーワード
  • 熱力学
  • 冷凍・空調
  • 熱・物質移動
  • 環境調和

長﨑研究室

Nagasaki laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   環境基礎プロセス分野

研究内容
長崎研究室では主に相変化を伴う熱流体現象に注目し、エネルギー有効利用、電子素子冷却などで重要となる熱流体機器の高性能化とその基礎現象について研究を行っています。実験に加え、自由界面と相変化および熱・物質伝達を伴う複雑熱流体の数値シミュレーションにも取り組んでいます。具体的なテーマとして、自励振動式ヒートパイプ、吸収式ヒートポンプのコンパクト化、液体窒素流中の翼周りのキャビテーション、沸騰の可視化と数値シミュレーション、3次元界面波を伴う液膜流の数値シミュレーションなどの研究を行っています。

長﨑研究室

教員情報
  • 長﨑 孝夫 / ナガサキタカオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-404 号室
  • ポスト番号: G3-33
  • TEL: 045-924-5690
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
キーワード
  • 熱・物質移動
  • 温熱制御
  • 冷凍・空調
  • エネルギー輸送・貯蔵
  • 熱流体数値解析

肖研究室

Xiao laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   エネルギー利用プロセス分野

研究内容
近年、コンピューターの著しい発展に伴い、数値シミュレーションは科学研究の主力手段として注目されている。科学研究または工学応用において、従来の理論或いは実験による手法が対応できない難問に対しても、その威力が発揮している。本研究室では、数値シミュレーションの手法を用いて流体現象やエネルギー・環境問題などに関連する研究を行っている。多岐にわたる計算物理や計算科学分野において計算スキームの開発から、数値モデルの構築、計算機ハードウェアの活用、実際応用に至るまでの様々な課題は本研究室の研究対象となっている。ここで数値解析の基礎知識及び考え方を学び、数値シミュレーションの技法やノウハウを身につけることが将来に向けて自分の競争力になる。

肖研究室

教員情報
  • 肖 鋒 / シヤオフエン
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1302 号室
  • ポスト番号: J2-31
  • TEL: 045-924-5538
  • FAX: 045-924-5538
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 地球流体力学
  • 計算物理学
  • 圧縮・非圧縮流
  • 数理モデル
  • 環境モデル

長谷川研究室

Hasegawa Laboratory

創造エネルギー専攻   連携講座   エネルギー環境講座   高質エネルギーネットワーク分野

産業技術総合研究所

研究内容
地球温暖化の抑制のために,エネルギー消費量の伸びが著しい民生用家庭部門におけるシステム的な省エネルギー化を目指して,コジェネレーションを主とした小型分散型エネルギーシステムに関する研究を行っている。

長谷川研究室

教員情報
  • 長谷川 裕夫 / ハセガワヤスオ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-424 号室
  • ポスト番号: G3-42
  • TEL: 045-924-5659
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

藤井(隆)研究室

Fujii laboratory

創造エネルギー専攻   連携講座   エネルギー環境講座

研究内容
藤井研究室では、パルス幅がフェムト秒オーダーで、瞬間出力がテラワットの超短パルス高強度レーザーを用い、レーザー生成プラズマの基礎から応用に関する研究を行っています。研究テーマとして、①レーザー誘起ブレイクダウン分光による物質成分のリモート計測、②超短パルスレーザー生成フィラメントプラズマの基礎物理と計測等への応用、③レーザープラズマ加速による高エネルギー粒子の発生と非破壊検査への適用、等を行っています。このように藤井研究室では、様々な分野を融合し、基礎から応用に至る幅広い分野の研究を行っています。

藤井(隆)研究室

教員情報
  • 藤井 隆 / フジイタカシ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: J2-1305 号室
  • ポスト番号: J2-33
  • TEL: 045-924-5692
  • FAX: 045-924-5692
E-mail:
キーワード
  • レーザー
  • 分光
  • プラズマ応用
  • プラズマ物理
  • 放電
  • 高エネルギー粒子

栗山研究室

Kuriyama laboratory

創造エネルギー専攻   連携講座   エネルギー環境講座   超伝導工学分野

東芝 電力・社会システム技術開発センター

研究内容
-200℃以下の極低温領域における冷凍・冷却技術を中心に、極低温および超電導の利用技術に関する研究を、本専攻の岡村教授と共同で行っています。専門性としては、伝熱、熱力学、熱工学に関係した知識があることが望ましいのですが、何事にもまじめに、こだわりを持って徹底して取り組んでくれる学生さんを歓迎します。主な研究テーマは以下のとおりです。
1. 極低温冷凍機に関する研究開発
2. 極低温伝熱の基礎的研究
3. 新しい概念の極低温機器、高温超電導マグネットの研究

栗山研究室

教員情報
  • 栗山 透 / クリヤマトオル
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-302 号室
  • ポスト番号: G3-42
  • TEL: 045-924-5664
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
キーワード
  • 熱力学
  • 伝熱
  • 極低温
  • 冷凍
  • 超伝導・超電導
  • 冷却

奥野研究室

Okuno laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワー電磁流体分野

研究内容
奥野研究室では,様々な高温熱源から高速プラズマ流体を媒体として高効率発電を行う「MHD(電磁流体力学)発電」を中心テーマとして,発電性能向上実証実験とプラズマ電磁流体数値シミュレーションを両軸に環境適合エネルギー変換(高効率電力発生)技術の実現を目指しています。宇宙でのエネルギー変換(宇宙用発電技術)や電磁流体技術の更なる展開も視野に入れています。様々な大学・分野から熱意ある学生が集い,楽しさと活気に溢れた雰囲気の中で一丸となって取り組んでいます。是非見学にいらして下さい。研究室一同歓迎致します。

奥野研究室

教員情報
  • 奥野 喜裕 / オクノヨシヒロ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-408 号室
  • ポスト番号: G3-38
  • TEL: 045-924-5659
  • FAX: 045-924-5659
E-mail:
キーワード
  • 電気エネルギー工学
  • エネルギー生成・変換
  • エネルギーシステム
  • プラズマ応用
  • 電磁流体
  • 宇宙推進

沖野研究室

Okino laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワー電磁流体分野

研究内容
沖野研究室では,「世界にひとつだけのプラズマ装置」の研究開発を基本コンセプトもしくは目標として,プラズマ源の開発,プラズマ・放電の環境応用,大気圧プラズマプロセシングなどの研究活動を行っています。当研究室では役に立つプラズマ装置の開発を目標としており,国内外の企業や,UCLA,ジョージワシントン大学をはじめとした他大学との連携を行っています。

沖野研究室

教員情報
  • 沖野 晃俊 / オキノアキトシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1306 号室
  • ポスト番号: J2-32
  • TEL: 045-924-5688
  • FAX: 045-924-5688
E-mail:
キーワード
  • 大気圧プラズマ
  • プラズマプロセス
  • リモートプラズマ
  • 機器分析
  • 熱プラズマ
  • プラズマ応用

脇研究室

Waki laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワーエネルギー変換分野

研究内容
地球環境問題を解決するためには,クリーンな太陽エネルギーやバイオマスエネルギーを有効利用できる新しいエネルギー変換システムを開発する必要がある。本研究室では燃料電池,太陽電池,電気化学キャパシタの開発を中心テーマとして未知の高機能材料の創出を目指しており、特に材料の構造制御や表面物性の研究に力を注いでいる。これらの研究プロセスを通して学生達に基礎的な知識と論理的な思考、創造力を養ってもらう。

脇研究室

教員情報
  • 脇 慶子 / ワキケイコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-410 号室
  • ポスト番号: G3-41
  • TEL: 045-924-5614
  • FAX: 045-924-5614
E-mail:
キーワード
  • 燃料電池
  • キャパシタ
  • 構造制御
  • 太陽電池
  • 触媒
  • ナノ構造

堀岡研究室

Horioka laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座   超高密度エネルギー分野

研究内容
物理学、応用物理学、機械(航空)工学、電気工学をはじめ理学と工学の幅広い分野の出身者で構成されている学際色の強い研究室です。エネルギー科学を新しい視点で捉えてみたい人、既成の分野にあきたらず幅広い分野の知識を身につけたい人、新しい分野を開拓する意欲のある人たちを歓迎します。既成の概念や学問分野にとらわれずに理学と工学との境界領域、あるいは異分野との接点から斬新な発想を生み出す事を目指します。プラズマ、レーザー、粒子ビーム、パルスパワー技術などをベースにした広義のエネルギー科学が基幹研究テーマです。

堀岡研究室

教員情報
  • 堀岡 一彦 / ホリオカカズヒコ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-308 号室
  • ポスト番号: G3-32
  • TEL: 045-924-5661
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
キーワード
  • 高エネルギー密度
  • プラズマ
  • レーザ
  • 粒子ビーム
  • 慣性核融合
  • パルスパワー

堀田研究室

Hotta laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座   パワービーム理工学分野

研究内容
プラズマ理工学とパルスパワー技術を基礎として,低密度から高密度,低温から超高温に至るまでの種々のプラズマ生成とその応用について研究しています。研究テーマには,短パルス非平衡プラズマによる環境汚染物質の分解処理,高温・高密度プラズマによる次世代半導体露光用EUV放電光源や軟X線レーザーの開発,慣性静電閉じ込め核融合中性子/陽子源の開発と爆薬の探知への応用などがあります。なお,写真は慣性静電閉じ込め核融合中性子/陽子源の放電の様子(実際に核融合反応を起こしています)を示しています。

堀田研究室

教員情報
  • 堀田 栄喜 / ホツタエイキ
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1307 号室
  • ポスト番号: J2-35
  • TEL: 045-924-5696
  • FAX: 045-924-5697
E-mail:
キーワード
  • レーザ
  • プラズマ応用
  • 放射線
  • パルスパワー
  • 慣性静電閉込め核融合

長谷川(純)研究室

Hasegawa (Jun) laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座   パワービーム理工学分野

研究内容
イオンビームおよびパルスパワー技術を基盤としたエネルギー,環境,医療バイオ分野の応用研究を,大岡山キャンパスのタンデム加速器施設を主な拠点として推進しています.マイクロイオンビームや高輝度単色X線の新しい生成法を開発し,環境中微量元素分析や細胞内元素マッピング等へ適用することを目指しています.また,重イオン慣性核融合を背景として,イオンビームと高エネルギー密度プラズマの相互作用についての基礎研究も行っています.実験装置の設計・構築の段階から主体的に研究を進める意欲,専門のみならず幅広い知識の習得に意欲のある人を歓迎します.

長谷川(純)研究室

教員情報
  • 長谷川 純 / ハセガワジュン
  • 職名: 准教授
  • 居室: G3-504 号室
  • ポスト番号: G3-35
  • TEL: 045-924-5662
  • FAX: 045-924-5662
E-mail:
キーワード
  • イオンビーム
  • プラズマ
  • 高エネルギー密度
  • パルスパワー
  • 放射線
  • 重イオン慣性核融合

河村研究室

Kawamura laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座   超高密度エネルギー分野

研究内容
当研究室では”高エネルギー密度プラズマ”をキーワードとして、理論・シミュレーション技術を核とした”非平衡プラズマ原子過程”と”プラズマの粒子的/流体的ダイナミクス”の関係解明に力を入れて研究を行っております。当研究室では、学生一名につき一テーマを担当し、おのおの独立に研究を進めています。積極的に研究テーマに取り組み、一つ一つ着実に理解を積み重ねて研究を推進していこうとする根気のある方で、プラズマシミュレーションに興味のある方は、一度、当研究室に見学に来てください。

河村研究室

教員情報
  • 河村 徹 / カワムラトオル
  • 職名: 講師
  • 居室: G3-311 号室
  • ポスト番号: G3-40
  • TEL: 045-924-5865
  • FAX: 045-924-5575
E-mail:
キーワード
  • プラズマ基礎
  • プラズマ物理
  • プラズマ原子過程
  • 原子スペクトル
  • プラズマシミュレーション

高山研究室

Takayama laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー創造講座

高エネルギー加速器研究機構・加速器研究施設

総合研究大学院大学・高エネルギー加速器科学研究科・加速器科学

研究内容
核物理、素粒子物理を切り開く実験手段としてそれぞれ1931年と1945年に発明されたサイクロトロン、シンクロトロの限界を超える加速器としてKEKで2000年に発明され、その原理が実証された誘導加速シンクロトロン(H20年度21世紀発明賞受賞)の実機の開発をプロジェクトとして実施している。1秒間に百万回高圧のパルス電圧を発生させて水素から金イオンまでの任意イオンを自動的に加速する新型の加速器(デジタル加速器と呼ばれる)である。スタッフはイオン源から高速イオンの利用まで広範な分野で、理論と実験、装置作りに頑張っている。

高山研究室

教員情報
  • 高山 健 / タカヤマケン
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-308 KEK 陽子加速器準備棟101B 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 029-864-5290
  • FAX: 029-864-5591
E-mail:
キーワード
  • 加速器科学
  • ビーム物理
  • イオン源
  • 自由電子レーザー
  • 高速イオンの応用
  • デブリレーダー

松藤研究室

Matsufuji laboratory

創造エネルギー専攻   連携講座   エネルギー創造講座   環境基礎プロセス分野

研究内容
松藤研究室は2010年度に新しく誕生しました。ヘリウムよりも重たい粒子・”重粒子線”によるがん治療の研究を行っている放射線医学総合研究所(千葉市)が主な研究の場です。ここで現在がん治療に用いられる炭素線をはじめとする重粒子線の物理的特性を調べ、その生物・臨床効果について物理・工学的アプローチから細胞核~人体スケールで研究します。研究の一部は、本専攻の河野教授と共同で行っています。
研究は実際に治療に用いられるビームでの実験を中心に進めます。物理、応用物理、原子力工学など広い分野から、放射線の医学応用に意欲と興味のある皆さんを歓迎します。

松藤研究室
教員情報
  • 松藤 成弘 / マツフジナルヒロ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-502 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 043-206-3181
  • FAX: 043-251-1840
E-mail:
キーワード
  • 重粒子線がん治療
  • 線質
  • 放射線計測
  • 生物効果モデル
  • 臨床効果モデル

青木研究室

Aoki laboratory

創造エネルギー専攻   講座外担当

学術国際情報センター

研究内容
日本で断トツの性能を持つ東京工業大学・学術国際情報センターのスパコンTSUBAMEを駆使し、エネルギー・環境・防災など幅広い分野で解決しなければならない重要な問題をコンピュータ・シミュレーションで解析します。これらは学際的な複合科学であり,さまざまな分野への適用性と深い洞察力が必要です。GPUコンピューティングの大規模計算における最先端の研究をおこなっており、CUDAなどの新しいプログラミング環境でシミュレーションを行っています。今までより数10倍~100倍も高速化できるようになると未知の領域が開けてきて、実にエキサイティングです。画像は波が浅瀬に侵入し、砕波する二相流シミュレーション。

青木研究室

教員情報
  • 青木 尊之 / アオキタカユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 学国情セ(国際)301 号室
  • ポスト番号: 大岡山I7-3
  • TEL: 03-5734-3667
  • FAX: 03-5734-3276
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 計算力学
  • GPU コンピューティング
  • 多相流シミュレーション
  • スーパーコンピューティング
  • 防災シミュレーション

松本(義)研究室

Matsumoto laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   エネルギー環境システム講座

原子炉工学研究所 物質工学部門

研究内容
放射線は生体の遺伝情報を担う物質,DNAにさまざまな損傷を与えます.その中で最も重篤で,細胞あるいは個体の運命に最も密接に関わると考えられているのが,DNA二重鎖切断です.本研究室では,分子生物学,生化学的手法を駆使して,生体がDNA二重鎖切断を認識して、修復したり,他の生体防御反応を引き起こしたりするメカニズムを分子の言葉で理解することを目指しています.その応用によって,例えばがんの治療効果,正常組織への副作用などを予測したり,コントロールしたりできるようになることが期待されます.

松本(義)研究室
教員情報
  • 松本 義久 / マツモトヨシヒサ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北1-210 号室
  • ポスト番号: N1-30
  • TEL: 03-5734-3703
  • FAX: 03-5734-2959
E-mail:
キーワード
  • 放射線生物影響
  • 放射線作用機構
  • 放射線応答機構
  • 放射線治療学
  • 酵素の作用機作と調節
  • 遺伝情報の維持

飯尾研究室

Iio laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   直接変換システム講座

原子炉工学研究所 システム・安全工学部門

研究内容
地球環境問題を念頭に置き、今世紀に実用化されるべきエネルギー源の研究開発を行う。主としてトカマク型核融合炉開発のための基礎研究とレーザー計測の開発研究を行いながら、磁場閉じ込めプラズマ物理の研究、および社会的受容性の高い核融合炉の検討を進めていく。研究例として、日本原子力研究開発機構との共同研究でJT-60Uにおける重水度放電を用いて、重水素・三重水素の核燃焼制御を模擬した実験波形を右に示す。核融合以外の新エネルギー開発や物理基礎実験も手掛ける。

飯尾研究室

教員情報
  • 飯尾 俊二 / イイオシュンジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北2-424 号室
  • ポスト番号: N1-11
  • TEL: 03-5734-3377
  • FAX: 03-5734-3838
E-mail:
キーワード
  • 磁場閉じ込め核融合
  • プラズマ計測
  • トカマク
  • レーザー計測
  • 炉心プラズマ
  • 電磁・マグネット

赤塚研究室

Akatsuka laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   超高輝度光工学講座

原子炉工学研究所 エネルギー工学部門

研究内容
プラズマ理工学を中心に研究を進めています.実験室で簡単に作れる低温プラズマにも、未知な現象が数多く残されている事に着目しています。宇宙現象の実験室模擬に始まる基礎プラズマ科学、超音速プラズマジェットの人工衛星推進や、窒素酸素プラズマを用いた大気環境科学、微結晶・非晶質シリコン膜太陽電池のプラズマ成膜のためのプラズマ計測方法開発、など。このように、理学/工学にまたがる幅広い学際領域で、基礎研究を実施します.

赤塚研究室

教員情報
  • 赤塚 洋 / アカツカヒロシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北1-413 号室
  • ポスト番号: N1-10
  • TEL: 03-5734-3379
  • FAX: 03-5734-3379
E-mail:
キーワード
  • プラズマ計測
  • プラズマ基礎
  • プラズマ物理
  • プラズマ化学
  • プラズマ応用
  • 放電

吉川(邦)研究室

Yoshikawa laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境社会フロンティア講座

創造エネルギー専攻   併任

フロンティア研究機構

研究内容
「廃棄物・バイオマスの革新的エネルギー資源化技術の総合的開発」というプロジェクトテーマを掲げ、これまで多数の企業と共同で開発してきた様々な技術を組み合わせて、廃棄物やバイオマス等の未利用資源を付加価値の高いエネルギー資源(固体燃料、ガス燃料、液体燃料、水素、電力)に転換する総合的な技術開発を行い、その成果を国内外のフィールドに展開していくことを目的としている。研究は、大学内で実施する基礎研究と学外のフィールドで実施する実証研究によって構成される。

吉川(邦)研究室

教員情報
  • 吉川 邦夫 / ヨシカワクニオ
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-301 号室
  • ポスト番号: G5-8
  • TEL: 045-924-5507
  • FAX: 045-924-5518
E-mail:
キーワード
  • リサイクル技術
  • 廃棄物発生抑制
  • 再資源化
  • エネルギー生成・変換
  • エネルギーシステム

齊藤研究室

Saito Laboratory

原子炉工学研究所 システム・安全工学部門   協力講座   エネルギー社会学分野

創造エネルギー専攻   兼担

研究内容

齊藤研究室
教員情報
  • 齊藤 正樹 / サイトウマサキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 北2号館323 号室
  • ポスト番号: N1-7
  • TEL: 03-5734-3060
  • FAX: 03-5734-2959
E-mail:
キーワード
  • 核不拡散科学技術
  • 原子力安全工学
  • プルトニウム
  • 核廃棄物

金森研究室

Kanamori Laboratory

創造エネルギー専攻   兼担

理工学研究科(理学系)物性物理学専攻   基幹講座   分子物理学講座

研究内容
レーザーやマイクロ波のように周波数と位相のそろったコヒーレントな電磁波を用いた極限的分光計測法の開発し、それを分子分光測定に適用しています。超精密計測による自然科学の根本原理の検証(物理学的)や物質の量子位相を操作(量子情報処理)目指す一方、励起状態分子の構造や反応・緩和ダイナミクスを追跡し (化学的)、さらにその結果を環境科学から天文学に渡る様々な分野に応用する研究を行っています。

金森研究室

教員情報
  • 金森 英人 / カナモリヒデト
  • 職名: 准教授
  • 居室: 大岡山S5-415 号室
  • ポスト番号: S5-7
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 励起状態分子
  • 分子冷却
  • レーザーの完全位相安定化
  • 超高分解能分子分光
  • 分子qubit
  • 大気環境分子の実験室分光

實吉研究室

Saneyoshi laboratory

創造エネルギー専攻   兼担

バイオ研究基盤支援総合センター

研究内容
当研究室ではロボットの研究を行なっている。現在、世界のロボット研究は、一見輝かしい成果を見せているが、実は外界を見るセンサや駆動機構などの基本的なところで大きな壁に突き当たっている。実吉研究室では、物理学的な視点からこれらの問題に取組み、(1)立体画像認識(立体カメラ)、(2)静電力を利用した人工筋肉、(3)新たな発想に基づく脚歩行機構、の研究を進めている。これらの研究により、今の、おもちゃの領域を出ないロボットを超えて、本当に役立ち、人間社会に仲間入りできるロボットの実現を目指している。

實吉研究室

教員情報
  • 實吉 敬二 / サネヨシケイジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: アイソトープ棟302 号室
  • ポスト番号: I7-3
  • TEL: 045-924-5898
  • FAX: 045-924-5899
E-mail:
キーワード
  • ロボティクス
  • マイクロメカトロニクス
  • 立体画像認識
  • コンピュータビジョン
  • マイクロマシン
  • 放射線

小栗研究室

Oguri laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   エネルギー環境システム講座

研究内容
大型実験装置として最高加速電圧1.6 MVのタンデム型静電重イオン加速器を維持管理している.この加速器から得られるイオンビームを主なツールとして,核融合と高エネルギー密度科学に関連した重イオンビームとプラズマの相互作用,イオンビームを用いた環境・医療・材料計測用高感度精密分析技術の開発,陽子ビーム励起準単色X線の医療応用等について研究を行っている.教員室,学生室,加速器実験設備いずれも交通至便な都内目黒区の大岡山キャンパスにある.

小栗研究室

教員情報
  • 小栗 慶之 / オグリヨシユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 北2-626 号室
  • ポスト番号: 大岡山N1-14
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 加速器
  • イオンビーム
  • プラズマ
  • 核融合
  • 環境
  • 医療