研究室案内(各研究室へのポータル)

教員名で探す

| ア行 | カ行 | サ行 | タ行 | ナ行 | ハ行 | マ行 | ヤ行 | ラ行 | ワ行 |


ここから本文です

| 詳細モード | 簡易モード |

所属している教員の名前が「ア行」から始まる研究室が表示されています。

研究室名をクリックすると詳細が表示されます。

合田研究室

Aida laboratory

物理情報システム専攻   連携講座   新機能情報システム講座   知的情報システム分野

国立情報学研究所

研究内容
本研究室では、プログラムを分割して複数の計算機に計算を分担させる並列計算技術や、インターネット等のネットワークに接続された計算機を融合して計算を行うグリッドコンピューティング技術など、多数の計算機やネットワークを駆使しながらハイパフォーマンスコンピューティングを実現するための研究を行っています。

合田研究室

教員情報
  • 合田 憲人 / アイダケント
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G2-1013 号室
  • ポスト番号: G2-5
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 並列計算
  • グリッドコンピューティング
  • スケジューリング

青木研究室

Aoki laboratory

創造エネルギー専攻   講座外担当

学術国際情報センター

研究内容
日本で断トツの性能を持つ東京工業大学・学術国際情報センターのスパコンTSUBAMEを駆使し、エネルギー・環境・防災など幅広い分野で解決しなければならない重要な問題をコンピュータ・シミュレーションで解析します。これらは学際的な複合科学であり,さまざまな分野への適用性と深い洞察力が必要です。GPUコンピューティングの大規模計算における最先端の研究をおこなっており、CUDAなどの新しいプログラミング環境でシミュレーションを行っています。今までより数10倍~100倍も高速化できるようになると未知の領域が開けてきて、実にエキサイティングです。画像は波が浅瀬に侵入し、砕波する二相流シミュレーション。

青木研究室

教員情報
  • 青木 尊之 / アオキタカユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 学国情セ(国際)301 号室
  • ポスト番号: 大岡山I7-3
  • TEL: 03-5734-3667
  • FAX: 03-5734-3276
E-mail:
キーワード
  • 数値流体力学
  • 計算力学
  • GPU コンピューティング
  • 多相流シミュレーション
  • スーパーコンピューティング
  • 防災シミュレーション

青西研究室

Aonishi laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   複雑システム解析講座   複雑システム数理分野

研究内容
近年の分子生物学の進展は目を見張るものがあり、機能蛋白の機能を解明すれば生命科学の全ての問題は解決されると考えている人がいます.しかし話はそう簡単ではありません. 例えば脳の場合、神経細胞は多様な機能蛋白の集合体であり、脳はこの神経細胞が連結した超複雑系であります.ミクロなメカニズムとマクロな観測事実を結びつけないと、真の脳の理解は進みません.我々は、「シミュレータを介した理論家と実験家の共同研究」により実験と理論のそれぞれが不得意とするところを補い合い、脳のボトムアップ的理解を目指しています.

青西研究室

教員情報
  • 青西 亨 / アオニシトオル
  • 職名: 准教授
  • 居室: G5-701 号室
  • ポスト番号: G5-17
  • TEL: 045-924-5546
  • FAX: 045-924-5546
E-mail:
キーワード
  • ニューロインフォマティックス
  • 脳型情報処理
  • 計算論的神経科学
  • 情報統計力学
  • 神経系シミュレーション
  • 結合震動子

赤塚研究室

Akatsuka laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   超高輝度光工学講座

原子炉工学研究所 エネルギー工学部門

研究内容
プラズマ理工学を中心に研究を進めています.実験室で簡単に作れる低温プラズマにも、未知な現象が数多く残されている事に着目しています。宇宙現象の実験室模擬に始まる基礎プラズマ科学、超音速プラズマジェットの人工衛星推進や、窒素酸素プラズマを用いた大気環境科学、微結晶・非晶質シリコン膜太陽電池のプラズマ成膜のためのプラズマ計測方法開発、など。このように、理学/工学にまたがる幅広い学際領域で、基礎研究を実施します.

赤塚研究室

教員情報
  • 赤塚 洋 / アカツカヒロシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北1-413 号室
  • ポスト番号: N1-10
  • TEL: 03-5734-3379
  • FAX: 03-5734-3379
E-mail:
キーワード
  • プラズマ計測
  • プラズマ基礎
  • プラズマ物理
  • プラズマ化学
  • プラズマ応用
  • 放電

赤津研究室

Akatsu laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   材料構造設計講座

応用セラミックス研究所

研究内容
赤津研究室ではセラミックスの変形や破壊に関する研究を展開している.セラミックスの高温での化学安定性は他の材料を凌駕しており,力学的性質に優れることから,資源・環境・エネルギー問題を解決するキーマテリアルの1つである.「セキュアマテリアル」の概念を基に,脆性克服のための材料設計,エンセラコーティング,複合機能化のための材料設計,新しい力学特性評価法の開発,などを主なテーマとしている.所属学生の出身学科は物理学,化学,材料工学,機械工学など幅広く,研究を通した学生の総合的なスキルアップに努めている.

赤津研究室

教員情報
  • 赤津 隆 / アカツタカシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-311 号室
  • ポスト番号: R3-24
  • TEL: 045-924-5336
  • FAX: 045-924-5336
E-mail:
キーワード
  • 構造用セラミックス
  • カーボン材料
  • FRC
  • 破壊
  • 強度
  • 靭性

赤穂研究室

Akaho laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   複雑システム解析講座   感覚行動系適応制御分野

研究内容
コンピュータに学習機能を持たせる機械学習に関する研究をメインに行っています.機械学習では「一を聞いて十を知る」ことのできる知的なシステムの開発が究極の目標ですが,そのためにはデータに含まれる本質的な情報を抽出することが必要となります.また,検索エンジンや商品のおすすめシステムではユーザの好みや特性に応じたパーソナライゼーションの技術が注目されていますが,そこでは「個人」と「全体」とのバランスをうまく調和させることが重要です.これらの問題は数学的に解くことができ,まだまだ未解決な問題もたくさん残っています.当研究室では情報幾何学などの数理工学的な手法を使ってこれらの問題を解決しています.

赤穂研究室

教員情報
  • 赤穂 昭太郎 / アカホショウタロウ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 数理工学
  • 機械学習
  • パターン認識
  • データマイニング
  • 情報幾何学

穐田研究室

Akita laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境材料化学講座

資源化学研究所

研究内容
スマートマテリアルとは材料自身が知的機能を有し、劣化を診断して自己修復・劣化抑制などの機能を発揮する材料であり、これに向けて「金属錯体系に基づいた環境変化検知および情報伝達システムの開発」を中心研究目標として設定し、下記の研究テーマについて有機金属化学・錯体化学・有機化学を基盤にして研究を行っています。
1. 環境応答型金属錯体系の開発
2. 遷移金属-炭素同素体の有機金属化学(情報伝達素子の開発)
3. 光エネルギー捕捉ユニットを含む多核金属錯体の合成研究
4. 新しい多核金属錯体の化学

穐田研究室

教員情報
  • 穐田 宗隆 / アキタムネタカ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-220 号室
  • ポスト番号: R1-27
  • TEL: 045-924-5230
  • FAX: 045-924-5230
E-mail:
キーワード
  • 有機金属化学
  • 有機金属触媒
  • クラスター
  • 有機電子材料・素子

浅田研究室

Asada laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   進化機能デバイス分野

研究内容
トランジスタなど電子デバイスの微細化が進み、その大きさがナノサイズになってきたため、量子効果とよばれる新しい現象が観測されるようになってきた。そして量子効果を利用した超高速デバイスや新機能デバイスなど、新しいデバイスの実現を目指した研究が盛んに行われている。本研究室では量子効果により超高速・超高周波に応答できる新しいデバイスの実現を目指している。とくに、テラヘルツ帯とよばれる電波と光の中間の周波数帯は未開拓で、この周波数帯で動作するデバイスが実現すれば、イメージング、大容量通信・情報処理、あるいは物性、天文、生体などいろいろな分野にわたる計測など、非常にさまざまな応用が拓かれる。このようなテラヘルツ帯の電磁波に対するナノ構造の新しい量子現象の探索、そして、それらを利用したテラヘルツデバイスの研究を行っている。

浅田研究室

教員情報
  • 浅田 雅洋 / アサダマサヒロ
  • 職名: 教授
  • 居室: 南9-703 号室
  • ポスト番号: G2-10
  • TEL: 03-5734-2564、045-924-5299
  • FAX: 03-5734-2907、045-924-5299
E-mail:
キーワード
  • マイクロ波・ミリ波
  • 薄膜・量子構造
  • ヘテロ構造
  • 電子デバイス・集積回路
  • 微細プロセス技術
  • テラヘルツエレクトロニクス

浅輪研究室

Asawa laboratory

環境理工学創造専攻   基幹講座   社会環境講座   都市圏地表環境分野

研究内容
人間活動の主要な場である都市・建築空間の環境創造を最終的な目標として,主に,「環境共生都市の創造とその予測・評価」、「環境のリモートセンシング」、「環境創造技術の開発」の3つの視点から複合的に研究を進めています。具体的には以下の研究課題に取り組んでいます。3D-CADを用いた建築・都市の熱環境シミュレーションツールの開発,都市緑化の環境保全機能の評価,リモートセンシングによるヒートアイランド現象等の都市環境計測,気候風土に合った快適な都市・建築環境の創造に向けたパッシブソーラーシステムの開発

浅輪研究室

教員情報
  • 浅輪 貴史 / アサワタカシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G5-408 号室
  • ポスト番号: G5-2
  • TEL: 045-924-5552
  • FAX: 045-924-5553
E-mail:
キーワード
  • 都市・建築環境工学
  • ヒートアイランド
  • 熱環境シミュレーション
  • CAD・GIS
  • 環境設計
  • 住環境評価

東 研究室

Azuma laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   極限プロセス分野

応用セラミックス研究所

研究内容
遷移金属酸化物は磁性、強誘電性、超伝導性などの様々な有用な機能を示します。我々はダイヤモンド合成に使われる高圧合成法や、単結晶基板をテンプレートとした薄膜法、水熱合成法などの手段を駆使して、加熱によって縮む負の熱膨張材料、環境に有害な鉛を排した圧電体、強磁性と強誘電性が共存する材料などの、新しい機能性酸化物を開拓しています。これらの性質は、結晶構造と深く結びついています。温度や圧力の変化によって機能が発現する際の、わずかな結晶構造変化を放射光X線や中性子線を用いて検知し、機能の発現メカニズムを解明します。こうして得られた情報からさらに新しい材料を設計、合成するというサイクルで研究を展開しています。非常に基礎的な低次元磁性体から、応用をにらんで企業と協力しての非鉛圧電体開発に至るまで、幅広い視点で材料の探索を行っています。

東 研究室

教員情報
  • 東 正樹 / アズママサキ
  • 職名: 教授
  • 居室: J1-904 号室
  • ポスト番号: R3-9
  • TEL: 045-924-5315
  • FAX: 045-924-5318
E-mail:
キーワード
  • 遷移金属酸化物
  • 強相関電子系
  • 磁性体
  • 強誘電・圧電体
  • 高圧合成
  • エピタキシャル薄膜

阿藤研究室

Ato laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   相乗機能物質講座

応用セラミックス研究所

研究内容
従来の常識から発想を転換して、材料自らが壊れることで生命を守る機能を持った新しい構造材料の開発を目指しています。そのための切り口として、“壊れ方”を新しい機能として捉え、温度や圧力によって引き起こされる相転移や化学反応を利用して、壊れ方をデザインします。高速衝突によって発生する衝撃波が引き起こす、構造相転移や化学反応を、ナノスケール以下の微視的な観点から研究し、これらの基礎的なデータを蓄積することにより、まったく新しい安全な構造材料の開発を指向します。

阿藤研究室

教員情報
  • 阿藤 敏行 / アトウトシユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R3-310 号室
  • ポスト番号: R3-35
  • TEL: 045-924-5393
  • FAX: 045-924-5393
E-mail:
キーワード
  • 固体化学
  • 超高圧
  • 衝撃圧縮
  • 構造相転移
  • 層状・層間化合物
  • 化学反応

阿部研究室

Abe laboratory

物質科学創造専攻   連携講座   環境適応型物質講座   拡環境物質科学分野

理化学研究所

研究内容
これまでの高分子設計の考え方は、物質・材料の性能を最大化し、コストを最小化するという2つの目標を同時に達成することにありました。しかしながら、循環型の人間社会の形成が世界の課題となるにつれ、低コスト化と高性能化に加えて、環境負荷を低減するように高分子設計するという考え方が必要となっています。当グループでは、高性能化・高機能化と環境負荷低減化を目指した高分子材料の設計として、高分子材料の物性と生分解性を同時にコントロールできる方法論の構築に取り組んでいます。

阿部研究室
教員情報
  • 阿部 英喜 / アベヒデキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: J2-605 号室
  • ポスト番号: J2-47
  • TEL: 045-924-5420
  • FAX: 045-924-5426
E-mail:
キーワード
  • 低環境負荷物質
  • 生分解性物質
  • 高分子材料合成
  • 天然・生体高分子材料
  • ナノ材料創製
  • ナノ構造形成・制御

飯尾研究室

Iio laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   直接変換システム講座

原子炉工学研究所 システム・安全工学部門

研究内容
地球環境問題を念頭に置き、今世紀に実用化されるべきエネルギー源の研究開発を行う。主としてトカマク型核融合炉開発のための基礎研究とレーザー計測の開発研究を行いながら、磁場閉じ込めプラズマ物理の研究、および社会的受容性の高い核融合炉の検討を進めていく。研究例として、日本原子力研究開発機構との共同研究でJT-60Uにおける重水度放電を用いて、重水素・三重水素の核燃焼制御を模擬した実験波形を右に示す。核融合以外の新エネルギー開発や物理基礎実験も手掛ける。

飯尾研究室

教員情報
  • 飯尾 俊二 / イイオシュンジ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 北2-424 号室
  • ポスト番号: N1-11
  • TEL: 03-5734-3377
  • FAX: 03-5734-3838
E-mail:
キーワード
  • 磁場閉じ込め核融合
  • プラズマ計測
  • トカマク
  • レーザー計測
  • 炉心プラズマ
  • 電磁・マグネット

半那・飯野研究室

Hanna Iino laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   イメージング材料講座

像情報工学研究所

研究内容
半那・飯野研究室では、情報技術に用いる新しい機能性材料やそれを用いた新しいイメージングデバイスを開発することを目的に研究を進めています。中でも、特に画像に関わる技術を中心に、情報を記録したり、記憶したり、表示したり、複写やハードコピーなどを作る際に用いられる新しい材料やデバイスの開発を目指します。実験を通じて自然の仕組みに触れながら、それを活用して新しい材料やデバイスの開発を進めるというのが基本的な姿勢です。材料という視点に立ってものを考え、その開発に取り組むとともに、学問の発展に寄与できるような新しい概念の創出やアプローチの独自性が発揮された研究を目指しています。最近のテーマはポリシリコン薄膜や液晶性有機半導体を用いた薄膜トランジスタ等への応用です。

半那・飯野研究室

教員情報
  • 飯野 裕明 / イイノヒロアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J1-207 号室
  • ポスト番号: J1-2
  • TEL: 045-924-5181
  • FAX: 045-924-5181
E-mail:
キーワード
  • 有機半導体
  • イメージングデバイス
  • 液晶
  • 薄膜トランジスタ
  • 印刷エレクトロニクス
  • 自己組織化

五十嵐研究室

Igarashi laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   量子表面講座   量子材料分野

日本電気中央研究所

研究内容

五十嵐研究室
教員情報
  • 五十嵐 信行 / イガラシノブユキ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

池田(思)研究室

Ikeda laboratory

知能システム科学専攻   連携講座   知能システム基礎講座   統計数理フロンティア

統計数理研究所

研究内容
統計学の推定問題や予測問題、統計物理学の近似手法、実験データの解析、さらに情報学、工学の問題を新たな数理的な視点から考えます。数理の手法としては数理統計学、情報幾何学などを用います。具体的な問題については相談の上、興味ある問題を自由に選び、解決を目指します。本研究室では数理的手法の理解とともに、現実的な問題への興味を持って解決しようという意識が重要です。

池田(思)研究室

教員情報
  • 池田 思朗 / イケダシロウ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G3-54
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 情報幾何学
  • 信号処理
  • 情報理論

石井研究室

Ishii laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   知能システム基礎講座   言語情報学分野

研究内容
インターネットや無線通信に代表される情報通信技術の発展により,システム制御の分野においても,広域のエージェントが効率的に通信を活用して複雑な制御目的を達成することが可能になりつつあります.このような「ネットワーク化制御系」においては,制御と情報・通信という2分野が新しい形で結びつきます.例えば,限られた通信量でいかに高性能な制御を行うか?が本質的かつ理論的に深い問いとなります. 本研究室では,こうした通信路を介した制御系に関して,理論面での基礎課題から応用を視野に入れた設計手法まで,システム論的なアプローチを用いて幅広く取り組んでいます.

石井研究室

教員情報
  • 石井 秀明 / イシイヒデアキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1802 号室
  • ポスト番号: J2-54
  • TEL: 045-924-5371
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 制御理論
  • システム理論
  • 制御システム
  • ネットワーク化制御
  • ハイブリッド制御

石川(忠)研究室

Ishikawa laboratory

環境理工学創造専攻   基幹講座   自然環境講座   水理水分探査分野

土木工学

研究内容
流体力学にもとづき、水の流れと物質輸送を解析的に取り扱い、公共水域の水質変化、水生生物の生域環境、水資源問題、水災害問題を研究している。現地計測、数値シミュレーション、航空写真や衛星画像の解析により、具体的な水環境問題を取り扱っている。2007年度の研究テーマは、「石垣島の干潟におけるカニの生態」、「小川原湖の塩水流動とシジミの再生産」、「大船渡湾における海水交換と貝毒現象」、「ニューラルネットワークを用いた湖沼への汚濁負荷の推算」、「湖沼上の風向風速と波浪の計算」、「揚子江中流部内江における物質交換」などである。また、社会における水環境計画に関わるテーマとして、「流域委員会の組織改善方法」、「親水公園の役割と機能改善」の研究を行っている。さらに地盤工学と水環境の相互連関に関わる複合的テーマにも取り組んでおり、2007年度のテーマとして、「都市部における湧水保存に向けた地下水流動の数値解析」、「連続-非連続体数値モデルによる土中水を考慮した土骨格解析」、「弾塑性応力モデルに基づく地盤流動数値解析モデルの開発」等の研究を行っている。

石川(忠)研究室
教員情報
  • 石川 忠晴 / イシカワタダハル
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-201 号室
  • ポスト番号: G5-3
  • TEL: 045-924-5504
  • FAX: 045-924-5549
E-mail:
キーワード
  • 環境計測
  • 水理学
  • 水環境
  • 流体運動シミュレーション
  • 河川・湖沼・貯水池

岩本・石谷研究室

Iwamoto Ishitani laboratory

化学環境学専攻   協力講座   化学プロセス計画講座

資源化学研究所

研究内容
地球環境問題やエネルギー問題を解決し、持続可能な新しい工業体系・生存環境を構築することは、大きな課題です。私達は、地球に対する負担を軽減し最小のエネルギーで最大の効率を発揮させるため、「触媒」をキーワードに研究を進めています。例えば、シリカ系メゾ多孔体が水のみを副生成物とする芳香族ケトンの合成触媒となることや、チタンイオン担持シリカメゾ多孔体触媒が不斉酸化固体触媒となることを見出してきました。また、最近では銅イオン担持触媒の反応性を展開し、不斉固体触媒への応用、クロスカップリング用触媒としての活用等に力を注いでいます。

岩本・石谷研究室

教員情報
  • 石谷 暖郎 / イシタニハルロウ
  • 職名: 講師
  • 居室: R1-410 号室
  • ポスト番号: R1-6
  • TEL: 045-924-5236
  • FAX: 045-924-5228
E-mail:
キーワード
  • ナノ空間化学
  • 触媒化学
  • グリーンケミストリー
  • 有機合成化学

石橋研究室

Ishibashi laboratory

研究内容
これまでの半導体微細加工技術の進展により、数十ナノメートル程度の構造の作製が可能となりました。このスケールは電子の特徴的な長さである平均自由行程や波長と同程度であるため、電子の量子的な性質が顕著に表れるようになります。本研究室では、ナノ構造における電子の量子的な性質を制御した新しいナノデバイスの原理となる物理現象を探索し、そのデバイスとしての機能性を実証する研究を行っています。特に、現在の技術では作製が困難なサブ10nm級ナノ構造をもつカーボンナノチューブや半導体ナノワイア等をBuilding Blockとし、電子を微小な領域に閉じこめた量子ドットや超伝導材料を組み合わせ、将来のナノエレクトロニクスに資する新機能デバイスの開発に取り組んでいます。

石橋研究室
教員情報
  • 石橋 幸治 / イシバシコウジ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号: G2-30
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 固体電子工学
  • ナノ構造作製プロセス
  • ナノデバイス工学

井田研究室

Ida laboratory

物理情報システム専攻   連携講座   新機能情報システム講座   知的情報システム分野

東芝研究開発センター

研究内容
カオスあるいはフラクタルといった複雑な現象はこれまでそれ自体が興味の対象として研究されてきましたが、これら多様性に富む現象を能動的にコントロールすることで、従来にない優れた画像処理や映像表現を実現できると考えています。それに向けてまず、非線形ダイナミカルシステムを用いて画像から被写体を高精度で抽出するアルゴリズムを開発し、その抽出結果を利用した新しい映像合成システムの実現を目指しています。

井田研究室
教員情報
  • 井田 孝 / イダタカシ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G2-504 号室
  • ポスト番号: G2-15
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 信号処理
  • 画像情報処理
  • 画像符号化
  • フラクタル

伊東研究室

Ito laboratory

物理情報システム専攻   協力講座   離散情報システム講座

像情報工学研究所

研究内容
組合せ離散数学の応用と離散アルゴリズムの設計と解析の研究を行っています。具体的には、確率的手法・代数的手法などを駆使して、離散構造の解析と効率的なアルゴリズムの設計と解析、またその効率化の限界の解明を行っています。最近の成果としては、代数的手法を用いた近似的最小値独立置換族のサイズ下界の導出、予算制限のある中での最大クリック獲得のための広告戦略の最適化、多数の顧客に対する最適な商品価格設定手法、多数のユーザと多数の商品の最適マッチングの存在条件の導出などがあります。

伊東研究室

教員情報
  • 伊東 利哉 / イトウトシヤ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-1013 号室
  • ポスト番号: G2-21
  • TEL: 045-924-5197
  • FAX: 045-924-5197
E-mail:
キーワード
  • 計算量理論
  • アルゴリズム理論
  • 離散構造

伊藤(治)研究室

Ito laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   新機能デバイス講座   機能量子場分野

研究内容
原子光学の進歩によって、物質の基本構成単位である原子の運動を光を用いて制御できるようになってきました。しかし従来の伝搬光を用いた手法では回折効果によって制御精度が使用する光の波長程度と低いものになってしまい、ナノ微小構造物作製などへの応用は困難でした。本研究室では、ナノオーダーの高い制御精度を達成するために、光近接場と呼ばれるナノ寸法の局在光を駆使して、原子を制御・操作する研究に取り組んでいます。

伊藤(治)研究室

教員情報
  • 伊藤 治彦 / イトウハルヒコ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-1111 号室
  • ポスト番号: G2-23
  • TEL: 045-924-5459
  • FAX: 045-924-5588
E-mail:
キーワード
  • 原子光学
  • ナノ制御
  • 光エレクトロニクス
  • ナノプローブ

伊藤(浩)研究室

Ito laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   知的電子システム講座

教員情報
  • 伊藤 浩之 / イトウヒロユキ
  • 職名: 准教授
  • 居室: S2-410 号室
  • ポスト番号: S2-14
  • TEL: 045-924-5031
  • FAX: 045-924-5166
E-mail:
キーワード
  • 集積回路
  • 電子回路
  • 通信システム
  • マイクロ波・ミリ波
  • RF-MEMS
  • センサネットワーク

伊藤(満)研究室

Ito laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   超環境物質合成講座

応用セラミックス研究所

研究内容
我々のグループは、酸化物が織りなす多彩な物性の根元を調べています。我々は磁性、誘電性、イオン伝導性、電子伝導性、光学特性等、酸化物が示す性質を縦横無尽に俯瞰しながら研究テーマを捜し出し、セラミックスの性質を統一的かつ普遍的に理解するのに必要な新物質を合成し、自分でその性質を調べることに特徴があります。最近では、酸化物リチウムイオン伝導性のイオンの挙動、一次元磁性体の量子的性質、毒性元素を含まない新規圧電体の開発、同位体置換による強誘電性の制御、強誘電性の起源に関する研究、およびプローブ顕微鏡による磁性と誘電性の制御、等の研究に従事しています。

伊藤(満)研究室

教員情報
  • 伊藤 満 / イトウミツル
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-703 号室
  • ポスト番号: J2-19
  • TEL: 045-924-5354
  • FAX: 045-924-5354
E-mail:
キーワード
  • 結晶構造・組織制御
  • 電子物性
  • 機能性セラミックス
  • 誘電体
  • 磁性体
  • 磁性大勇で

稲木研究室

Inagi laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   分子変換講座   反応ダイナミックス分野

研究内容
当研究室では高分子化学と電気化学の新しい境界領域を開拓しています。グリーンケミストリーの一翼を担う有機電解合成(有機化合物の電気化学的分子変換)の発展系である高分子の電解合成、電解反応を精力的に研究しています。電極反応を高度に操ることで、分子レベルから薄膜、バルクに至るまで有機・高分子材料の機能化が可能となります。例えば電極触媒(メディエーター)、傾斜表面・パターニング、エレクトロクロミック特性や導電性の発現など実用的な機能設計に注力しています。

稲木研究室

教員情報
  • 稲木 信介 / イナギシンスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G1-910 号室
  • ポスト番号: G1-2
  • TEL: 045-924-5407
  • FAX: 045-924-5407
E-mail:
キーワード
  • 有機電気化学
  • グリーンケミストリー
  • 機能性高分子
  • 導電性高分子
  • 電極触媒
  • 電解合成

細田・稲邑研究室(2)

Hosoda & Inamura laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   超機能物質講座   高機能材料設計分野

精密工学研究所   基幹講座

研究内容
ライフ・グリーンをキーワードに,原子配列・結晶構造制御,多体相平衡設計,組織制御,複合材料設計などの原子・ナノ・マイクロレベルからマクロレベルまでの広いスケールでの材料設計手法と,各種電子顕微鏡を用いた組織解析を駆使して,新しい高機能・多機能材料を創造しています.対象材料は主に金属材料ですが,セラミックスやポリマーなど多種多様な材料も扱っています.現在では,特に,生体用形状記憶・超弾性材料,アクチュエータ材料,高温・エネルギー材料,磁性材料,チタン合金などを対象としています.

細田・稲邑研究室(2)

教員情報
  • 稲邑 朋也 / イナムラトモナリ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R2-914 号室
  • ポスト番号: R2-27
  • TEL: 045-924-5058
  • FAX: 045-924-5058
E-mail:
キーワード
  • 形状記憶合金
  • 超弾性合金
  • マルテンサイト変態
  • 結晶学
  • 電子顕微鏡
  • エネルギー材料

井上研究室

Inoue laboratory

環境理工学創造専攻   連携講座   自然環境講座   水理水分探査分野

研究内容
水の中での物質の動きは、水の流れ・生物の働き・化学的な変化など多くの要因によって変化し、非常に複雑で簡単には理解できません。本研究室では特定の学問分野や手法に囚われず、多面的な思考により研究を進めていきます。

井上研究室

教員情報
  • 井上 徹教 / イノウエテツノリ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 内湾
  • 富栄養化
  • 貧酸素
  • 栄養塩

井上研究室

Inoue Laboratory

物質電子化学専攻   連携講座   物質エネルギー変換講座   量子電子化学分野

研究内容
本研究室では、有機ファインケミカルズの”高効率”な合成プロセスの開発と”高付加価値”な有用物質の創製を目指しています。プロセス研究として、医農薬・天然有機化合物・機能性材料あるいはその製造中間体を独創的な反応を用い、極めて効率的に合成する手法の開発を行います。また、新しい有用物質の創製に重要なフッ素化技術、特に、遷移金属触媒を利用した含フッ素官能基導入法の開発研究を行います。さらにプロダクツ研究として、生体ダメージング技術に用いる新しい近赤外蛍光色素の創製に取り組んでいます。

井上研究室

教員情報
  • 井上 宗宣 / イノウエムネノリ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 0467-77-4208
  • FAX: 0467-77-4113
E-mail:
キーワード
  • 有機合成化学
  • ファインケミカルズ
  • フッ素化学
  • プロセス化学
  • 機能性色素
  • 生理活性物質

今岡研究室

Imaoka laboratoty

化学環境学専攻   連携講座   環境調和分子設計講座

研究内容
ヘテロ原子をπ共役骨格に非対称に導入することで、分子構造に沿った電子密度勾配・ポテンシャル勾配を発現することが可能です。この原理を活用することで長距離の電子移動を制御し、高効率な安定電荷分離状態を形成することに成功しています。当研究室では有機合成や錯体化学を駆使した物質創製、分子計算を駆使したポテンシャル勾配の設計を基盤として、樹状や環状など様々なトポロジーに展開し、単一分子によるトランジスタや発電素子、整流素子等の構築を目指しています。山元研究室と合同で研究室運営を行っています。

今岡研究室

教員情報
  • 今岡 享稔 / イマオカタカネ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-710 号室
  • ポスト番号: R1-21
  • TEL: 045-924-5271
  • FAX: 045-924-5259
E-mail:
キーワード
  • 電子移動
  • エネルギー変換
  • 分子素子
  • 錯体化学

今村研究室

Imamura laboratory

物質電子化学専攻   協力講座   生物電子化学講座

資源化学研究所

研究内容
国際エネルギー機関がピークオイルを宣言したことからも解るように、化石資源由来エネルギーに代わる新エネルギーの生産・利用促進が世界規模で急務となっています。我々は、藻類の遺伝子発現を人為的に操る事により、バイオマス(炭化水素など)生産実現を目指した研究を行っています。
藻類は、単位時間・単位面積あたりのバイオマス生産量が非常に高い事から、バイオ燃料生産に適した生物として有望視されています。
しかしながら、バイオマスを高生産するために必要不可欠な基礎科学的知見の蓄積や遺伝子を自由自在に操る技術に関する研究は進んでいないのが現状です。
当研究室ではそれら課題解決に向けて、主に分子生物学的・遺伝子工学的手法を用いて取り組みます。更には、得られた知見を基盤として、藻類を用いたバイオ燃料生産への応用を目指します。

今村研究室

教員情報
  • 今村 壮輔 / イマムラソウスケ
  • 職名: 准教授
  • 居室: R1-816 号室
  • ポスト番号: R1-30
  • TEL: 045-924-5859
  • FAX: 045-924-5859
E-mail:
キーワード
  • 藻類
  • 窒素代謝
  • バイオ燃料
  • リボソームRNA
  • 遺伝子発現
  • 環境応答

彌田研究室

Iyoda laboratory

物質科学創造専攻   協力講座   物質ダイナミクス講座   表面機能分野

資源化学研究所 集積分子工学部門

研究内容
彌田(いよだ)研究室では、分子システムと無機系メゾスコピック材料が融合した分子材料化学の創製と機能の探索を研究しています。これまでは、個別に発展してきた物質群を分子レベルで融合し、様々な分子・物質・材料を分野横断的に自在に配置・集積・組織化することにより、新しい分子材料化学の開拓をすすめています。研究室内には、「分子回路工学」グループと「ナノ複合材料工学」グループを設置し、分子システムやメゾスコピック材料を高機能モジュールとして有機的にシステム化する新しい学問領域の確立を目指しています。

彌田研究室

教員情報
  • 彌田 智一 / イヨダトモカズ
  • 職名: 教授
  • 居室: S2-210-2 号室
  • ポスト番号: S2-3
  • TEL: 045-924-5233
  • FAX: 045-924-5277
E-mail:
キーワード
  • 分子機能材料
  • ナノ構造形成・制御
  • 分子回路工学
  • 高分子機能材料
  • 分子素子
  • 材料電気化学

上田研究室

Ueda Laboratory

環境理工学創造専攻   協力講座   環境化学システム講座

化学環境学専攻   併任

資源化学研究所

研究内容
環境中の微量汚染物質や,臨床診断において重要な分子を,タンパク質を用いて高感度かつ簡便に検出する方法を開発しています。特に,サンプルと混ぜるだけで蛍光で目的物質を検出可能な蛍光標識抗体Quenchbody (Q-body),ホタルの発光酵素を用いて高感度に分子同士の出会いを検出できるFlimPIA法など,独自の測定原理の開発で世界をリードする成果を得ており,その一部は実用化されつつあります。
自らの手でタンパク質を自在に操り,一緒に未来の測定法を創造してみませんか?

上田研究室

教員情報
  • 上田 宏 / ウエダヒロシ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-618 号室
  • ポスト番号: R1-18
  • TEL: 045-924-5248
  • FAX: 045-924-5248
E-mail:
キーワード
  • 生物プロセス
  • タンパク質工学
  • 抗体工学
  • 生物発光
  • 臨床診断
  • 環境分析

植之原研究室

Uenohara laboratory

物理電子システム創造専攻   協力講座   フォトニックシステムデバイス講座

精密工学研究所

研究内容
光信号を光のままで信号処理を行う光信号識別再生・波長変換やシリアル/パラレル・デジタル/アナログ変換など高速動作での電子回路負担を軽減するための信号処理の要素技術及び光デバイスを開発し、高効率な光パケット転送が可能な光パケットスイッチなどのサブシステムの実現を目指している。

植之原研究室

教員情報
  • 植之原 裕行 / ウエノハラヒロユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-610 号室
  • ポスト番号: R2-43
  • TEL: 045-924-5038
  • FAX: 045-924-5038
E-mail:
キーワード
  • 光通信
  • ネットワーク・LAN
  • 通信方式
  • 光エレクトロニクス
  • 光デバイス・集積化
  • 半導体レーザ

内川研究室

Uchikawa laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   未来型情報システム講座   人間情報システム分野

研究内容
内川研究室では,視覚-脳系のおける視覚情報処理・認識メカニズムの解明をめざしている。特に、色覚、色認識、周辺視野、注意、眼球運動、視空間の分野において研究を展開している。また、これまでに明らかとなった様々な視覚特性を応用して,人間にやさしい安心・安全・快適なHuman Machine Interface (HMI) の実現のための研究も行っている。具体的なテーマは色の恒常性、カテゴリカル色知覚、両眼視野闘争、周辺視野の時空間特性、視覚的注意の初期視覚経路への効果、自動車運転者の注意視野などがある。

内川研究室

教員情報
  • 内川 惠二 / ウチカワケイジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G2-710 号室
  • ポスト番号: G2-1
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 感性情報処理
  • 感覚・知覚
  • 視覚工学
  • 視覚情報処理
  • 注意・意識
  • 色彩光学

内海研究室

Utsumi laboratory

材料物理科学専攻   連携講座   材料構造機能講座   材料応答分野

(株)富士通

研究内容

内海研究室
教員情報
  • 内海 研一 / ウツミケンイチ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: G3-514 号室
  • ポスト番号: G3-27
  • TEL: 045-924-5621
  • FAX: 045-924-5173
E-mail:
キーワード
  • 光記録
  • 記憶・記録
  • 電気・電子材料

吉田(尚)研究室

Yoshida laboratory

化学環境学専攻   連携講座   環境プロセス化学講座   環境分解化学分野

理工学研究科(工学系) 材料工学専攻

海洋極限環境生物圏研究領域

教員情報
  • 大河内 直彦 / オオコウチナオヒコ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G1-914 号室
  • ポスト番号: G1-20
  • TEL: 045-924-5506
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • バイマーカー
  • 同位体
  • クロロフィル
  • アミノ酸

大坂研究室

Osaka laboratory

物質電子化学専攻   基幹講座   物質エネルギー変換講座   電子移動分野

研究内容
生命現象(呼吸、老化、免疫作用など)および自然環境現象(オゾン層破壊、 酸性雨、燃焼、自然浄化作用など)をあやつる不思議な物質“酸素・活性酸素”の基礎科学技術の創生(生成、反応制御、検出)および空気・水資源を利用する新産業創出のための応用開発研究(燃料(バイオ、空気)電池、洗浄・殺菌システム、水処理、医療・環境センサ、医療用酸素濃縮器など)に、電気化学、電気分析化学、電極触媒、エネルギー科学、材料科学、ナノサイエンス・テクノロジーの観点からチャレンジしています。実用化を目指した基礎研究、特許取得、企業との共同研究、国際共同研究を積極的に推進しています。研究室メンバー:博士研究員6名、博士課程5名、修士課程6名、卒研生1名、会社研究生1名(女性6名、外国人11名)。Be ambitious for creation !

大坂研究室

教員情報
  • 大坂 武男 / オオサカタケオ
  • 職名: 教授
  • 居室: G1-810 号室
  • ポスト番号: G1-5
  • TEL: 045-924-5404
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • 電気化学
  • 電気分析化学
  • 酵素・活性酵素
  • 燃料電池
  • 医療・環境センサー
  • 水の洗浄・殺菌

大野研究室

Ono laboratory

人間環境システム専攻   基幹講座   ニューフロンティア講座   特殊環境設計分野

研究内容
環境心理学の観点から都市・建築と人間の心理・行動との関わりを究明してし、科学的な根拠に基づいた生活環境のデザインを目指して研究しています。

大野研究室

教員情報
  • 大野 隆造 / オオノリュウゾウ
  • 職名: 教授
  • 居室: J3-2011 号室
  • ポスト番号: J3-28
  • TEL: 045-924-5613
  • FAX: 045-924-5492
E-mail:
キーワード
  • 環境知覚
  • 環境認知
  • 環境評価
  • 環境美学
  • 環境デザイン
  • 防災

大見研究室

Omi laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   知的システムデバイス分野

研究内容
極微細化・高集積化が加速するCMOS-LSI の、超高速化・低消費電力化に有望であるSOI-MOSFET の高精度・高信頼性プロセスを確立する。

大見研究室

教員情報
  • 大見 俊一郎 / オオミシュンイチロウ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1204 号室
  • ポスト番号: J2-72
  • TEL: 045-924-5481
  • FAX: 045-924-5481
E-mail:
キーワード
  • 電子デバイス・集積回路
  • 微細プロセス技術

大山研究室

Oyama laboratory

物理情報システム専攻   協力講座   知覚像処理講座

像情報工学研究所

教員情報
  • 大山 永昭 / オオヤマナガアキ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-324 号室
  • ポスト番号: R2-55
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 画像・光情報処理
  • セキュアネットワーク
  • 情報ネットワーク
  • 医療情報システム
  • 医用・生体画像

岡田(清)研究室

Okada laboratory

材料物理科学専攻   協力講座   相乗機能物質講座

理工学研究科(工学系) 材料工学専攻

研究内容

岡田(清)研究室
教員情報
  • 岡田 清 / オカダキヨシ
  • 職名: 教授
  • 居室: 大岡山南7号館709 号室
  • ポスト番号: S7-7
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
研究分野
キーワード
    キーワードはありません。

岡村研究室

Okamura laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー環境講座   エネルギー利用プロセス分野

研究内容
 極低温・超電導利用技術に関する研究を行っています。本専攻の栗山連携教授と共同で研究を行っています。おもな研究テーマは、以下の通りです。
1.熱電素子によって通電される高温超電導マグネットの開発
2.室温磁気冷凍機の開発
3.超流動ヘリウムを用いた機器の冷却
 何事にも、好奇心と体力・気力が必要。本研究室には、機械系、電気系、物理系などのさまざまな学科出身の学生諸君が集まっており、頭と體ともに鍛えられます。もちろん、博士課程進学希望者は大歓迎です。

岡村研究室

教員情報
  • 岡村 哲至 / オカムラテツジ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-412 号室
  • ポスト番号: G3-39
  • TEL: 045-924-5664
  • FAX: 045-924-5664
E-mail:
キーワード
  • 熱力学
  • 冷凍・空調
  • 熱・物質移動
  • 環境調和

岡本研究室

Okamoto laboratory

物理電子システム創造専攻   基幹講座   先端デバイス講座   創造機能物質工学分野

研究内容
金属が銀色をしているのはその反射率が可視域全域において高いからです。もちろん金属内部を光は伝搬しません。しかし、金属の表面を光は伝搬します。この光は表面プラズモンと呼ばれており、金属中の自由電子の集団的な振動と強く結びついています。近年、表面プラズモンをあつかった科学や工学はプラズモニクスと呼ばれています。当研究室では金属表面にナノ構造を導入することで光を表面プラズモンとして蓄積したり、また、表面プラズモンから光としてエネルギーをとり出す技術を開発し、光電子デバイスへの応用を行います。

岡本研究室
教員情報
  • 岡本 隆之 / オカモトタカユキ
  • 職名: 連携教授
  • 居室: 号室
  • ポスト番号:
  • TEL: 048-467-9369
  • FAX: 048-462-4659
E-mail:
キーワード
  • ナノフォトニクス
  • プラズモニクス
  • 有機EL
  • 有機太陽電池

沖野研究室

Okino laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワー電磁流体分野

研究内容
沖野研究室では,「世界にひとつだけのプラズマ装置」の研究開発を基本コンセプトもしくは目標として,プラズマ源の開発,プラズマ・放電の環境応用,大気圧プラズマプロセシングなどの研究活動を行っています。当研究室では役に立つプラズマ装置の開発を目標としており,国内外の企業や,UCLA,ジョージワシントン大学をはじめとした他大学との連携を行っています。

沖野研究室

教員情報
  • 沖野 晃俊 / オキノアキトシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: J2-1306 号室
  • ポスト番号: J2-32
  • TEL: 045-924-5688
  • FAX: 045-924-5688
E-mail:
キーワード
  • 大気圧プラズマ
  • プラズマプロセス
  • リモートプラズマ
  • 機器分析
  • 熱プラズマ
  • プラズマ応用

奥野研究室

Okuno laboratory

創造エネルギー専攻   基幹講座   エネルギー変換システム講座   ハイパワー電磁流体分野

研究内容
奥野研究室では,様々な高温熱源から高速プラズマ流体を媒体として高効率発電を行う「MHD(電磁流体力学)発電」を中心テーマとして,発電性能向上実証実験とプラズマ電磁流体数値シミュレーションを両軸に環境適合エネルギー変換(高効率電力発生)技術の実現を目指しています。宇宙でのエネルギー変換(宇宙用発電技術)や電磁流体技術の更なる展開も視野に入れています。様々な大学・分野から熱意ある学生が集い,楽しさと活気に溢れた雰囲気の中で一丸となって取り組んでいます。是非見学にいらして下さい。研究室一同歓迎致します。

奥野研究室

教員情報
  • 奥野 喜裕 / オクノヨシヒロ
  • 職名: 教授
  • 居室: G3-408 号室
  • ポスト番号: G3-38
  • TEL: 045-924-5659
  • FAX: 045-924-5659
E-mail:
キーワード
  • 電気エネルギー工学
  • エネルギー生成・変換
  • エネルギーシステム
  • プラズマ応用
  • 電磁流体
  • 宇宙推進

奥村研究室

Okumura laboratory

精密工学研究所

物理情報システム専攻   協力講座   生体情報システム講座

研究内容
奥村研究室では,ことばを計算機で処理する技術に関する研究と,その技術を用いた応用システムの開発を行なう.ことばの理解というテーマでは,これまで研究が難しいとされている,意味,文脈理解を中心に行なっていきたい.それと同時に,世の中で役に立ちそうなシステムの開発も行なっていきたい.具体的には,テキストの自動要約,テキストをわかり易く「言い替える」,テキストを他のメディア(音声,アニメーション)へ変換して提示するなど,テキストを「わかりやすく」提示する技術,WWW上の情報に対するテキストマイニング、 障害者のコミュニケーション支援のためのシステムを開発していきたい.

奥村研究室

教員情報
  • 奥村 学 / オクムラマナブ
  • 職名: 教授
  • 居室: R2-720 号室
  • ポスト番号: R2-7
  • TEL: 045-924-5067
  • FAX: 045-924-5295
E-mail:
キーワード
  • 自然言語処理
  • テキストマイニング
  • WWW
  • 機械学習
  • 情報検索
  • 知識獲得

奥山研究室

Okuyama laboratory

研究内容
奥山研究室の専門分野は「建築意匠,建築設計」です。建築デザインに関する研究と設計を並行して行っています。研究のテーマは「現代の建築家の建築論(住宅論,都市論,設計論)」を中心に「都市の立面」「空間のかたち」など,現代建築の意匠論的テーマを幅広く扱っています。また現代の建築環境を取り巻くさまざまなメディアを通した「建築のイメージに関する研究」も行っています。設計活動に関しては住宅設計が中心ですが,実施を前提とした設計競技にも大学院生を中心としたチームで積極的に参加しています。

奥山研究室

教員情報
  • 奥山 信一 / オクヤマシンイチ
  • 職名: 教授
  • 居室: 緑ヶ丘3-201A 号室
  • ポスト番号: G5-13
  • TEL: 03-5734-3488、045-924-5650
  • FAX: 03-5734-2815、045-924-5574
E-mail:
キーワード
  • 建築意匠
  • 建築設計
  • 建築論
  • 住宅論

小栗研究室

Oguri laboratory

創造エネルギー専攻   協力講座   エネルギー環境システム講座

研究内容
大型実験装置として最高加速電圧1.6 MVのタンデム型静電重イオン加速器を維持管理している.この加速器から得られるイオンビームを主なツールとして,核融合と高エネルギー密度科学に関連した重イオンビームとプラズマの相互作用,イオンビームを用いた環境・医療・材料計測用高感度精密分析技術の開発,陽子ビーム励起準単色X線の医療応用等について研究を行っている.教員室,学生室,加速器実験設備いずれも交通至便な都内目黒区の大岡山キャンパスにある.

小栗研究室

教員情報
  • 小栗 慶之 / オグリヨシユキ
  • 職名: 教授
  • 居室: 北2-626 号室
  • ポスト番号: 大岡山N1-14
  • TEL:
  • FAX:
E-mail:
キーワード
  • 加速器
  • イオンビーム
  • プラズマ
  • 核融合
  • 環境
  • 医療

小坂田研究室

Osakada laboratory

化学環境学専攻   協力講座   環境分子変換講座

資源化学研究所

研究内容
有機金属錯体の構造、反応、機能についての研究を展開している。有機金属超分子、二次元型多核金属錯体、分子間有機金属反応などの新しい立場からの有機金属化学の構築を目指している。修士課程、博士課程それぞれの年限のうちにオリジナリテイーの高い成果をあげることができるように、大学院生の個性にあわせた研究課題の選定、研究指導をおこなっている。研究活動をはじめとする運営は竹内研究室と合同でおこなっている。

小坂田研究室

教員情報
  • 小坂田 耕太郎 / オサカダコウタロウ
  • 職名: 教授
  • 居室: R1-714 号室
  • ポスト番号: R1-3
  • TEL: 045-924-5224
  • FAX: 045-924-5224
E-mail:
キーワード
  • 有機金属化合物
  • 遷移金属
  • 錯体触媒
  • 高分子合成
  • 反応機構

大佛研究室

Osaragi laboratory

人間環境システム専攻   兼担

情報理工学研究科 情報環境学専攻

研究内容
都市・建築空間における人間と環境,または,両者間に潜在する法則性の解明を試みている。また,抽出した法則性を体系化し,都市・建築計画のための計画理論を構築したいと考えている。現在までに試みた研究として,住宅地計画(転居行動,建て替え,リニューアル等),地域施設計画(利用者ニーズとサービス水準,利用行動分析等),人間行動のモデル化(歩行者行動モデル),都市空間分析(土地利用転換,地域人口推計,GISの理論と応用等),都市防災計画(都市内滞留者推計,避難シミュレーション等)などがある。

大佛研究室

教員情報
  • 大佛 俊泰 / オサラギトシヒロ
  • 職名: 准教授
  • 居室: 西8W-605 号室
  • ポスト番号: W8-10
  • TEL: 03-5734-3162
  • FAX: 03-5734-3162
E-mail:
キーワード
  • 建築計画・都市計画
  • 建築・都市空間分析
  • 空間情報科学
  • 地理情報システム
  • 防災計画
  • 人間行動科学

尾笹研究室

Ozasa laboratory

物質電子化学専攻   連携講座   物質エネルギー変換講座   量子電子化学分野

理化学研究所

研究内容
東京工業大学での講義では「半導体電子物性」の無機半導体部分を担当している。半導体の基礎的な知識の導入から最新の応用デバイスまでを化学系の聴講生向けにわかりやすく体系立てて講義する。
理化学研究所の専任研究員が本務であり、半導体ナノ構造の研究や微生物の機能化、バイオセンサーへの応用などを研究している。
最近の研究テーマは「マイクロ流路内のミドリムシの機能化」「バイオベースのニューロコンピューティング」「微生物の走性を用いたバイオ環境センサーの開発」などである。

尾笹研究室

教員情報
  • 尾笹 一成 / オザサカズナリ
  • 職名: 連携准教授
  • 居室: G1-817 号室
  • ポスト番号: G1-12
  • TEL: 045-924-5477
  • FAX: 045-924-5489
E-mail:
キーワード
  • ミドリムシ
  • マイクロ流路
  • ソフトコンピューティング
  • 薄膜材料
  • ナノ構造物性
  • 半導体

小田原研究室

Odawara laboratory

物質科学創造専攻   基幹講座   環境適応型物質講座   物質フロンティア分野

研究内容
安心で調和性に富んだ人間社会を維持するために重要な「エネルギー」と「宇宙」を大きな柱として、核、地熱、太陽などのエネルギーや地球外資源も含めた宇宙利用に関わる材料・システム研究開発に、微視的な結合・形態・空間の複合効果として現れる機能を主な着目点としてアプローチしています。「自ら考え、自ら動き、自ら律し、自ら道を開く」を指針として、「自覚と自己啓発」の意識で明日を模索できる人材育成を目指しています。現在の主な取組みは、「次世代宇宙服」の要素技術、日米協働プログラムとしての「その場資源有効利用技術」、などについてです。

小田原研究室

教員情報
  • 小田原 修 / オダワラオサム
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1605 号室
  • ポスト番号: J2-48
  • TEL: 045-924-5408
  • FAX: 045-924-5435
E-mail:
キーワード
  • 宇宙利用
  • 自然エネルギー
  • 材料合成プロセス
  • 燃焼合成

尾中研究室

Onaka laboratory

材料物理科学専攻   基幹講座   材料構造機能講座   複合物性分野

研究内容
材料物性に関する実験的・理論的研究を多面的に展開している.
○ 変形・破壊の速度論と構造材料の高強度化:単結晶や双結晶から結晶粒寸法が1ミクロン以下の超微細粒材料まで,幅広い材料が対象
○ マイクロメカニックスによる材料設計:材料組織と材料の力学物性のあいだの関係についての考察,それによって得られる知見の材料設計への応用
○ 材料組織における形の物理:合金中の微細な析出物における球から立方体への形状変化など,材料組織にあらわれる様々な形状とその遷移に関する議論

尾中研究室

教員情報
  • 尾中 晋 / オナカススム
  • 職名: 教授
  • 居室: J2-1505 号室
  • ポスト番号: J2-63
  • TEL: 045-924-5564
  • FAX: 045-924-5857
E-mail:
キーワード
  • 強度
  • クリープ
  • 分散強化
  • マイクロメカニックス
  • 組織形態

小野研究室

Ono laboratory

知能システム科学専攻   基幹講座   創発システム講座   創発的機能形成分野

研究内容
人間に匹敵する問題解決能力をもつ,進化原理に基づいた新たな人工知能の実現を目標に研究を行っています.そのため,研究室で占有可能な300CPU以上の豊富な計算資源(写真)を用いて,1) 強力な探索能力をもつ新たな遺伝的アルゴリズムに関する研究,2) 大規模問題を解決するためのグリッド計算技術に関する研究を行っています.応用分野は,工学,生命科学,経済社会分野と多岐にわたっており,現在,工学分野ではレンズ設計,生命科学分野ではNMR蛋白質立体構造解析と遺伝子ネットワーク推定,経済社会分野では市場制度設計に取り組んでいます.

小野研究室

教員情報
  • 小野 功 / オノイサオ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G5-804 号室
  • ポスト番号: G5-23
  • TEL: 045-924-5545
  • FAX: 045-924-5442
E-mail:
キーワード
  • 進化計算
  • 人工知能
  • グリッド計算
  • 統計/モデリング
  • バイオインフォマティックス
  • 社会シミュレーション

小尾研究室

Obi laboratory

物理情報システム専攻   基幹講座   未来型情報システム講座   人間情報システム分野

研究内容
小尾研究室では、人の生体活動を調査するために必要となる新たな生体計測技術を開発し、それによる生体機能解明に必要となる画像処理技術の研究を行っています。また、利用者がこれら医療情報を安全に利用できる社会インフラの構築に必要となる情報セキュリティ技術の研究開発もおこなっています。

小尾研究室

教員情報
  • 小尾 高史 / オビタカシ
  • 職名: 准教授
  • 居室: G2-701 号室
  • ポスト番号: G2-2
  • TEL: 045-924-5482
  • FAX: 045-924-5482
E-mail:
キーワード
  • 医用・生体画像
  • セキュリティ
  • ネットワーク
  • 医療情報システム
  • 社会保障
  • 電子私書箱

小俣研究室

Omata laboratory

メカノマイクロ工学専攻   基幹講座   機能創造講座

研究内容
ロボットに対する期待とニーズが高まっており,人間に代わるような高度技能を持つロボット,人間の手が届かない所で作業ができるロボット,人間を支援するロボットなどが求められている.本研究室ではこれらを念頭に,器用な物体操作や大把持力の出力が可能な独自の高性能高機能ロボットハンドの研究開発を行っている.また医工連携を推進し,腹腔内組立式という新しい概念を提案し,腹腔鏡下手術で利用可能な縫合器や術者の手のようなロボットハンドの研究開発を推進している.さらに,これらから発展した研究も行っている.

小俣研究室

教員情報
  • 小俣 透 / オマタトオル
  • 職名: 教授
  • 居室: G5-904 号室
  • ポスト番号: G5-27
  • TEL: 045-924-5467
  • FAX: 045-924-5442
E-mail:
キーワード
  • ロボティックス
  • 医用ロボット
  • メカトロニクス
  • 知能ロボット
  • 運動制御